嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
天保山『水木しげるの妖怪楽園』に行ってきました!(後編)



 どうも、こんにちは。
 前編に続きまして、現在(今年6月29日~9月1日までの間)、大阪の天保山で開催中の『水木しげるの妖怪楽園』のレポート記事を書きます。
 前編はほとんど前置きだけで終わってしまいましたが、今回は中の様子もお届けしたいと思います。


 会場入り口の様子。











 場内はほとんどの場所で撮影が許可されている上、ツイッターなどネットでとりあげることも推奨されているようです。
 ですので、ツイッターの方でもつぶやきましたし、またここでもレポート記事を書かせていただきたいと思います。


 まず体験するのが、「気配の部屋」。





 「真っ暗な中、音や気配だけで妖怪の存在を感じる」という部屋です。
 なるほど、昔の人はこんな環境下で、妖怪の存在を想像したのか。
 そんな体験をします。

 なお、この部屋はほとんど暗闇で撮影しにくい上、フラッシュの使用は禁止されているそうなので、その際にはご注意を。



 さらに進んで行きますと……。





 以前、鳥取県境港市を訪れた時に見た、水木しげるロードの妖怪ブロンズ像がいくつも並んでいました。



 








 日本全国の妖怪を紹介するコーナー。






 さらに怪しい「妖怪屋敷」へ。












 妖怪「目目連(もくもくれん)」です。






 突然、こういう万華鏡のような場所に。








 こんな部屋や企画を考え出したのは、どなたでしょうか?



 妖怪の森へ。









 おおっ!
 塗り壁さんだ!






 妖怪おおかむろ。前に立つと息を吹きかけられます。





 この他にも、いろんな妖怪が居ますよ。



 世界各地の、死後の世界を表現したコーナーも。














 いいですね。
 こういうのも私は好きですね-。


 会場から出たら、撮影コーナーも。






 鬼太郎誕生のシーンを再現した場所も。






 楽しんできました。

 こうして、『水木しげるの妖怪楽園』の会場を後にします。






 『妖怪楽園』と言えば、鳥取県境港市「水木しげるロード」にあった小テーマパーク(※それについてはこちらの過去記事にも書いてあります)を思い出しますが。
 こちらの方が規模も展示物の数も圧倒的に多いですね。
 この夏だけで終わってしまうには、ちょっと惜しい気もしますが……。



 それでは今回はここまで。
 また次回。





*水木しげるの妖怪楽園
http://www.asahi.com/event/gegege/



『京都妖怪探訪』シリーズもよろしく!




※本記事はこちらからの転載です。




ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー



2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:妖怪 - ジャンル:サブカル











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。