嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

京都妖怪探訪(299):2013年「六道まいり」




 どうも、こんにちは。
 最近オフの多忙等でしばらく更新が滞っていましたが、ぼちぼちと再開していきたいと思います。

 今回は、今年の「六道まいり」について。
 毎年、8月7~10日に東山松原付近(六道珍皇寺、六波羅蜜寺、西福寺を中心とした界隈)で行われる、「精霊」と呼ばれる先祖の霊を迎えるための伝統行事です。

 本シリーズでも何度か取り上げましたが、今回は今年行われた「六道まいり」の様子をお届けしたいと思います。



 鴨川にかかる松原橋(※シリーズ第32回第202回も参照)から、松原通りを東へ。
 西福寺や六波羅蜜寺のある「六道の辻」と呼ばれる界隈で、「六道まいり」は行われます。








 この辻には、あの「ゲゲゲの鬼太郎」の元ネタにもなったという「子育て幽霊飴」伝説のお店もあります(※その詳細については、シリーズ第31回をご覧ください)。



 西福寺の入り口から入りますと、不動明王像にお目にかかります。
 まずは、水をかけて参拝します。












 水塔婆と呼ばれる木の札に、亡くなった人たちの名前を書いて、水につけて地蔵尊像の前に供えます。「水回向(みずえこう)」と呼ばれる行事です。





 亡くなった人の個人名を書いている人も居れば、自分の家の名を書いて代々のご先祖を供養している人も居ます。
 人ぞれぞれですが、「水回向」の正式な手順・作法についてはシリーズ第52回で書かれています。


 そしてここ西福寺では、毎年「六道まいり」の時期になりますと、この寺に古くから伝わる六道絵や地獄絵等が公開されます。
 実を言いますと私は、毎年これを楽しみに訪れているのです。
 

















 なお期間中公開されている地獄絵、六道絵等の撮影はいいそうですが、その際には「お寺の方に一言ことわってお許しをいただく」とか、「フラッシュは使用しない」等のマナーは守った方がいいでしょう。

 それにしても何故、このような絵図が遺されているのか?
 その絵図の意味とは何か?
 それについては、シリーズ第203回にて、妖怪絵師・研究家の葛城トオルによる解説があります。
 参考までに、その時の解説動画も貼り付けておきます。






 さらに「檀林皇后九相図絵」なる絵図も遺されています。





 これは、知性と美貌にあふれる皇后として有名だった、嵯峨天皇の后・檀林皇后(だんりんこうごう)が死に、その遺体が朽ち果てていく様子を描いた、ちょっとグロい絵図です。
 何故、このような絵図があるのか?
 この絵図の意味とは?
 これについても、シリーズ第203回にて、妖怪絵師・研究家の葛城トオルによる解説があります。
 参考までに、その時の解説動画も貼り付けておきます。


 



 西福寺を訪れた後は、六波羅蜜寺へ。


 








 この六波羅蜜寺でも「六道まいり」の行事が行われています。
 ここは、「空也上人の伝説」や、「竜退治伝説」や、「皇服茶伝説」「遊女・阿古屋の物語」国宝・重要文化財クラスの仏像やそれに関する伝説など、多くの伝説や注目スポットのある非常に面白い場所でもあります。
 京都を訪れる機会のある方には、是非とも進めたいスポットのひとつでもあります。


 六道の辻から、松原通りをさらに東へ。
 六道珍皇寺です。









 ここも、「冥府の判官・小野篁」や、「地獄へ入り口」伝説、「黄泉がえりの井戸伝説」など、多くの伝説や注目スポットがあり、さらには秋には紅葉も見られるという、非常に面白い場所です。
 本シリーズの『小野篁関連エントリー集』でも、何度かとりあげています。

 毎年多くの参拝者が訪れますが、特に先祖の霊を迎えるための「迎え鐘」をつくために多くの人が並び長蛇の列ができます。
 今年の「迎え鐘」の様子を撮影して、以下に貼っておきました。
 よろしければ、「あの世まで届く」と伝えられてきた鐘の音もお聞きください。






 こうして、今年の「六道まいり」も無事終わりました。




 

 今年は日本社会ではいろいろなことがありましたが、こうした古くからの伝統行事は、季節の変化などと同じように変わらず過ぎていくようです。
 というより、これからも変わらず、続けられるといいと思うのですが。


 それでは、今回はここまで。
 また次回。





*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm



※お知らせ
 今回から、『小路のヲタク草紙』のブログランキングへの参加を中断しました。
 内容ももちろんですが、ランキングに参加し続けようとすれば、記事の更新頻度もある程度以上は維持し続けなければならないからです。
 最近、オフが公私供に多忙になってきて、それも苦しくなってきましたので……。
 なおそれに伴い、今回から『小路のヲタク草紙』の記事の、弊サイトへの転載も再開したいと思います。
 本記事もこちらからの転載です。




ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー



2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:歴史&スピリチュアル・ミステリー - ジャンル:











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.