嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
勝負は最後までわからないが……
 ついに来た……。
 明日はいよいよ、参議院選挙だ。

 今後の日本と、我々日本人の将来を決定付けるとも言ってもいい、非常に重大な選挙だ。

 巷では、自公が惨敗するという予想が流れている。

 だが……。

 勝負は最後までわからない!
 「最後まで、絶対に気を抜くな!」
と言いたい。


 ↑:もしよろしければ、ランキングに投票をお願いします。

参院選、これからも馬鹿にされますか? 信じますか? 騙されますか? 7月29日は傲慢自公お灸記念日バナー  参院選、これからも馬鹿にされますか? 信じますか? 騙されますか? 7月29日は傲慢自公お灸記念日バナー

2ちゃんねる から子供たちを守ろう!

 思えば、あの時からだった。
 忘れもしない、2005年9月11日。
 そう、あの小泉自民党が歴史的な大勝をした、あの「郵政選挙」だ。

 あの時から私と弊サイトは、政治の話題や活動にのめりこんでいったのだ。

 あの直後の記事が、旧館にまだ残っていたので、ここで紹介したい。
 あの時の私の気持ち……特に恐怖が、ここに書き記されている。


一億総負け組時代がやってくる!?
(『旧館』2005年9月12日記事)
http://moon.ap.teacup.com/komichi/5.html

 以下、そこから抜粋。

  今日という日は、3つの意味で歴史に記録されるかも知れない。
 ひとつは、小泉自民党の大勝により、小泉自民党の市場原理主義路線がさらに加速されるひとつのきっかけとなった日として。
 ふたつめは、ごく一握りの強者・富裕者と、その他圧倒的多数の弱者からなる社会の形成を決定づけた分岐点の日として。
 3つ目は、マスメディアが政治権力に巧妙に利用された事例のひとつとして。もしかしたら、ヒットラーやスターリンのメディア利用の事例と同じように……。

 9月11日、衆議院選挙の投票が終わり、開票速報が各テレビチャンネルで放送された時点でこの文章を書いている。
 私は本当に恐ろしくなってきた。
 なんと、「政権与党の自民・公明が獲得議席数300を越す歴史的大勝利しそうな勢い」だという。
 これは、メディアをも利用しながら巧妙に世論をつかんだ小泉・自民党の戦略が見事に成功したからだろう。



 中略して、本文後半から抜粋。

 とにかく、これでますます加速するだろう。
 一部の勝ち組・エリートと圧倒的多数の負け組(弱者・貧者)で構成される社会の形成が。「一億総負け組時代」時代への移行が。


注)著名なエコノミストである森永卓郎氏は「年収300万円時代」などという言い方をしているが、「一億総負け組時代」という方が、適切なのではないか、と思う。何故なら、300円の年収を得ることすらなかなか難しくなるかもしれないだろうから。現に、3流企業サラリーマンの私などは「一応正社員なのに年収300万円にも満たない、しかもボーナスなし」という惨状だ(泣

 そのような時代が到来することを見越して、今からでも自分なりの生活防衛術を考え、身につけておいた方がいいだろう。

 それともうひとう。今回わかったこと、そして今後ともよく覚えておいた方がいいことがある。
 それは、「大手マスメディア(大新聞・テレビ局など)は、もやは我々庶民の味方ではない」ということだ。政府寄りと言われる読売だけでなく、しばしば左寄りと言われている朝日までもが、「改革を止めるな」の小泉節に同調してたもんなあ。
 考えてみればある意味当然で、大新聞やテレビ局の人間って、ほとんどが高給の「勝ち組サラリーマン」だからだ。つまり、小泉路線で得をする側の人たちなのだ。
 我ら金持ちでもない庶民は、その点も十分理解した上で、自分なりの情報獲得と分析の術も持たなくてはならない。

 いやはや、本当に我々は大変な時代を迎えようとしている。



 あれから2年あまりが経った。
 当時の私の予想が正しかったのかどうかは……このエントリーを読んでおられる読者諸氏に委ねよう。

「この現状を何とかしたい!」
「微力ながら、何かできないものか?」
「この気持ちを共有でき、ともに主張を訴えることのできる同志は、どこかにいないだろうか?」

 あれからの私は、そんな気持ちに駆られて必死になった。
 反小泉・反安倍ブロガーの集まりがあると聞けば、「自分も何かできないか?」と、後先も考えずに参加したりもした。
 その中でいろんな人との出会いがあった。
 本来なら意見や立場の違う人とも出会えて、影響も受け、考え方が変わってしまったこともあった。

 そして、ネットで反小泉・反安倍の言論を唱える人たちに、監視・攻撃を加えているネット工作員どもに出くわして、彼らとの戦いを余儀なくされたこともあった。
 今から思えばこの出来事も、私にとって大きな事件であった。
 彼らとの戦いを通して、知り合えた人たちも多かった。
 そして、ネットにおける悪質行為や言論封殺行為などの問題に取り組むきっかけともなった。

 今やっていることが本当に正しいのかどうか?
 大手マスメディアもあてにならない中で、我々ブロガーに何ができるのか?
 そのような疑問にとらわれたことも、何度もあった。
 いや、正直今でも、そのような疑問にとらわれることがある。

 そして、ついにここまで来た。
 国政における意思決定に、我々有権者が関わることのできる機会が、またやってきた。

 これで全ての結果が出るわけではないだろう。
 これで全ての問題が解決して終わるわけではないだろう。
 昔のファンタジーRPGみたいに、「悪の大魔王を倒したら、全てがハッピーエンドで終わる」というほど、現実は単純ではないだろう。
 おそらく、まだまだ問題や矛盾は残るだろう。結果はどうであれ。

 しかしそれでも……。
 私と、私と志を同じくする同志たちが、あの日以来やってきたことの、ひとつの結果が出る。
 ひとつの区切りがつく。

 その意味で、明日の選挙は重大である。
 その結果をしっかりと見守りたい。


 ところで……。
 巷では、「野党・民主党有利、与党・自公不利」との予測が広がっている。
 私は「反安倍・反自公」であるから、私にとってはありがたいニュースである。

 だが……。
 油断も、ぬか喜びも禁物だ。
 勝負は最後までわからない。

 自民党・公明党の組織はまだまだ強い。
 与党・野党候補が激しい接線を繰り広げている地域もまだいつもあり、それらの結果によっては勢力図に多少の変化がありうる。
 また、当日の投票率がどれだけ上がるか、によって結果も違ってくるかもしれない。

 まだまだ不確定要素もある。
 最後まで油断は禁物だ。

 
 しかし、とにかくここまで来た。
 私も不十分ながらも、やれるだけのことはやってきた。
 不十分だった点、反省すべき点もまだまだあったが……それは、参議院選挙の結果が出てからにしよう。

 今はただ……有権者のひとりひとりが、この選挙の歴史的な重大さを認識して、投票所に足を運んでくれることを願うのみだ。

 さて……。
 明日はどうなっているかな?

 とりあえず、安倍自公政権が大敗したら、祝杯をあげるつもりでいるのだが……。

小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー  小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー

2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:参院選 - ジャンル:政治・経済

kaetzchen
やっぱり,長門の経済力には刃向かえませんね.

そいえば,おかしな名前の党派がここ数年出てますよね.「女性党」.これ,どこが本拠地か知ってます?

知る人ぞ知る,熊本のドモホルン・リンクルの製造所,「再春館製薬所」の営業部員なんです.顔写真を見ると,かなり洗脳された異様な目が分かるかと.ここを見ている公安さん,あそこはカルトですよ.チェックの対象にしてなかったら注意しておくと良いです.
2007/07/29(日) 23:46:00 | URL | [ 編集]
komichi@管理人
 コメントありがとうございました。


>kaetzchenさん

 どうも。
 私は予想すらする能力がありませんので、何とも言えません(苦笑)。
 でも、とにかくご苦労様です。



>hideさん

 考え方が違っても、まともな議論が通じる相手かどうかは、だいたいわかるものです。
 工作員や狂信者に対しては、理屈どころか、誠意や常識も通用しないので、弊サイト「荒らし対策考」のカテゴリー記事を参考にして、追い出していただけるといいと思います。

 まあ、工作員やその同調者の中でも、本当においしい思いができるのは、ごく一握りだけではないか。
 あとは、哀れ切り捨てられたり、犠牲になるだけではないか、と思うのですが。
 にもかかわらず、何かの幻想をかまされて、ああいう愚行をやらされているとしたら……もはや、憐れみすら感じます。
2007/07/29(日) 08:52:28 | URL | [ 編集]
hide
そういやうちのHPにも子鼠信者が来てたなぁ。
なんぼ議論しても平行線やった・・・

あいつら今頃なにしてんのかな?
日雇い規制緩和で「日雇い奴隷」に落ちぶれて
飢えて死んでいったのかな・・・?
2007/07/29(日) 01:41:24 | URL | [ 編集]
kaetzchen
大変な作業でした.(^^;)
2007/07/29(日) 00:16:27 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
作家小田実さんが死去 75歳、4月に末期がん公表(共同通信) - goo ニュースについて 私が小6の頃,ふと手にした古本屋の分厚い本.2段に活字がどばどば並んでいて,えらいごっつい内容の本やなと思いつつ,中学受験の練習ついでに買っていった.それが『何でも見てやろ
2007/07/30(月) 19:29:30 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
とうとう、参院選も終わってしまいましたね。 自民惨敗でも、私にとってはめでたさも中ぐらい、ではなく1/3ぐらいでしょうか。 なぜって、一つは応援していたとくらさんが落ちたこと、 もう一つは、改憲を主張する候補者
2007/07/30(月) 15:07:19 | とむ丸の夢
今までわたしは当ブログで何度かの機会を捉え、「キャッシングを単なる借金に終わらせることなく、日常生活に有効なツールとして主体的に利用する」 というスタンスでお伝えしてきました。事実のみを捉えれば、キャ
自民党は、2010年憲法改正発議を目標にしており、これは憲法9条の危機と言わざるを得ない。【現行の憲法】第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段と....
2007/07/29(日) 09:22:48 | 現政権に「ノー」!!!
参議院議員選挙の投票日がいよいよ明日に迫ってきました。 各所のニュース等を見る限りでは、野党側が有利で、与党勢力が過半数維持に必要な64議席を確保するのは困難との見られていますが、まだまだ安心はできないです。 今回の参議院選挙でもし与党勢力(自民+公明)
2007/07/29(日) 00:58:52 | 萌え萌え研究日誌
 自民・公明・無所属保守に投票すると,三島由紀夫の亡霊が出てくる! 笑われるかも知れないが,あなた方の取っている行動はまさにそのものだからだ. 自衛隊員からも野次を浴びせられ,孤独に打ちひしがれた三島由紀夫が取った行動は唯一,ハラキリであった.ハラキリと
2007/07/29(日) 00:16:45 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。