嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都妖怪探訪(257):粟田神社の出世えびす祭




 今回もシリーズ第253回からの続きで、異形の神であるエビスと、その祭礼である「十日エビス」の特集です。
 今回は、京都・東山の古社・粟田神社の「出世えびす祭」をとりあげます。

 粟田神社。
 本シリーズでも、第81回から第83回まででとりあげたことがあります。
 その摂社のひとつに「出世恵美須神社」があり、毎年1月9日~11日の「十日えびす」の期間には、「出世えびす祭」が行われます。
 各地のエビス祭めぐりの一環として、この恵比須様のお祭りにも訪れてみました。



 まずは、いつもの通りアクセスから。

 京都市営地下鉄「蹴上」駅の2番出口。





 そこから三条通りを西へと7分ほど歩きます。
 写真は、その道中にある、有名な京都ウェスティン都ホテルです。






 もうひとつ、アクセス方法を紹介します。
 京都市営地下鉄「東山」駅から、東へ7分ほど歩きます。






 あるいは、京都市営バス「神宮道」停留所から、歩いて5分ほど。






 いずれにせよ、三条通りに面した参道入り口前に着きます。






 参道を進み、入り口に。






 出世えびす祭のポスターも。






 ここで、以前来た時の繰り返しになりますが、「そもそも粟田神社とはどんな神社なのか?」を知るために、創建にまつわる不思議な伝説ついておさらいを。

 平安時代、清和天皇の876(貞観18)年春に、「この年隣境に兵災ありて、秋には疫病多いに民を悩ます」という託宣が出て、神祇官と陰陽寮から天皇に伝えられました。
 そこで勅令によって、全国の神様にお供えをして、国家と民の安全が祈願されました。 藤原興世という人物は、勅使として感神院祇園社(今の八坂神社)に七日七晩祈願しました。満願の夜、興世の枕元に一人の老人が立ち、「汝すぐ天皇に伝えよ。叡慮を痛められること天に通じたる。我を祀れば、必ず国家と民は安全なり」と告げました。
 興世が「このように云われる神は、如何なる神ですか?」と尋ねたところ、老人は「我は大己貴神なり。祇園の東北に清き処あり。其の地は昔、牛頭天王(ゴズテンノウ=スサノオノミコト)に縁ある地である。其処に我を祀れ」と言って消えました。
 興世はその出来事を朝廷に奏上しました。
 直ちに、勅命によって此の地に社を建てられ、神霊が祀られました。
 その後、スサノオ神と奇稲田姫(あのヤマタノオロチ退治の伝説で、スサノオに救われて妻となった女性)も祀られるようになりました。
 厄除け、病魔退散、縁結び、安産、商売守護のご利益があるとされています。
 また、京都と各地とを結ぶ交通路である粟田口にあり、多くの人々が旅の無事を祈ったことから、旅行守護の神様としても崇められるようになりました。
 1100年以上もの長い歴史を持つことから、いくつもの不思議な伝説なども残されているようです。

 またこの神社は、「神様のデパート」ともいうべき面白い神社です。
 主祭神はスサノオ神ですが、大国主や稲荷などの日本古来の神様から、歓喜天といった外来の神仏、崇徳院菅原道真といった怨霊神まで、実に多種多様な神様が祀られていますから。


 話を戻して、入り口から境内へと上がります。









 まずは、本殿へと参拝。






 その後、本殿裏手にある摂末社のひとつ「出世恵比須社」へ。











 このエビス神は、何故「出世恵比須」というのか?
 あの源義経が、奥州へと旅立つ時にこの社に「源氏再興」を祈願したからだと伝えられています。
 後に義経が、源平合戦で英雄として大活躍をしたことから「出世恵比須」や「門出恵美須」などと呼ばれるようになったそうです。
 元は三条蹴上の夷谷付近に祀られていましたが、500年以上前の山崩で土砂と共に流出し、その時に止まったところが現在の三条神宮道付近であり、夷町というそうです。永らく夷町の金蔵寺に奉斎されていましたが、明治に粟田神社の摂社として遷され、「出世恵美須神社」として祀られているという話です。



 この恵比須社の創建年代ははっきりしないそうですが、ここのエビス神像は、比叡山を開いた伝教大師・最澄の作という説もあり、現存するもので日本最古の木像のエビス神像と言われています。
 ここのエビス神像は、普段は公開されていませんが、「出世えびす祭」のみ公開されています。
 失礼して、間近でお姿を撮らせていただきました。





 普段見慣れていたふくよかなエビス様とは少し違って、随分とスリムな姿のエビス様です。
 しかし、その表情は本当に楽しそうといいますか、見ているこちらまで幸福な基分になりそうな、爽やかな笑顔です。


 参拝後は、境内で甘酒をいただきました。






 楽しく幸福な気分で、粟田神社を後にしました。

 ただ、「甲斐性なし万年モテない男」の私に、立身出世のご利益が得られるのかどうかは、また別の話で(笑)。






 それでは、今回はここまで。
 また次回。





*粟田神社へのアクセス・周辺地図はこちら



*粟田神社のHP
http://www.awatajinja.jp/




*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm




ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー

「3経済団体代表者によるごり押し圧力と自民党の僕たちは原発やめないもん」糾弾バナー


2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。