嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2012年『京都嵐山花灯路』(その3)




 冬の京都のイベント『京都花灯路』
 そのうち、今月17日まで行われていました、2012年の『京都嵐山花灯路』の記事の第3回目です。

 今回は、松尾芭蕉の弟子の一人として有名な俳人・向井去来(むかい・きょらい)ゆかりの遺跡「落柿舎(らくししゃ)」のライトアップされた光景をお届けします。



 ライトアップされた「竹の小径」が終わってからしばらく進んだ場所に「落柿舎」は立っていました。












 門前の畑には、たくさんの柿(作り物のようですが)が落ちています。








 これは、「庭に柿の木四十本あり、その柿の実が一夜のうちに殆(ほとん)どおちつくした」という、向井去来『落柿舎記(らくししゃのき)』に書かれた、ここの名の由来ともなったエピソードに基づくそうですが……。
 「そんなこと本当にあったのか?」などという野暮な突っ込みは、なしにしましょうか(笑)。



 門から中へ。
 



















 
 庭の各所には、句碑やら墓石のようなものがいくつもありました。














 中には向井去来の遺髪を埋めた墓所もあったはずなのですが……。
 すみません。
 夜で見えにくかったということもあって、どれが句碑で、それが墓石かようわかりませんでした(汗)。


 ところで、門前に戻ってみたら。
 何かやっているようです。





 柿の実の形を模した紙製絵馬に願い事を書いて、蝋燭と一緒に奉納するみたいです。











 何か願い事を書こうと思ったら、そこの係員さんから言われました。
 「これは近くの野宮神社に奉納するものです。野宮神社といえば、縁結びの神社ですから、お願い事もその関係の方がよろしいかと……」

 うーん。
 はっきり言って、「万年モテない男」の私にとっては、最も縁遠い。
 そして、最も実現困難なお願いです(苦笑)。

 とはいえ、とりあえず願ってみます。





 あまり期待せずに待ってます(笑)。


 それでは、今回はこれにて!
 次回は『京都妖怪探訪』シリーズを再開します。
 そして、『京都嵐山花灯路』でライトアップされた某スポットに3年ぶりに訪れます。
 さらに、その近くにある某心霊スポットも訪れてみます。

 ではまた!
 




*落柿舎へのアクセス・周辺地図はこちら



*落柿舎のHP
http://www.rakushisha.jp/index.html
 


*京都・花灯路のHP
http://www.hanatouro.jp/



『京都妖怪探訪』シリーズもよろしく!




ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー



2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:旅行











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。