嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都妖怪探訪(237):2012年・圓徳院の竜と紅葉




 こんにちは。
 本シリーズは今回からしばらく、京都の霊場魔所の紅葉や、去りゆく今年の干支でもある竜(辰)の特集をやろうと思います。
 その一回目である今回は、本シリーズ第21回第22回などでとりあげました霊場「圓徳院」の紅葉をとりあげます。

 豊臣秀吉の正妻・ねねが最期の時を迎えたという圓徳院は、秋には紅葉の名所としても有名なのです。


 京都東山・祇園の近辺にある「ねねの道」「石塀小路」付近の光景。











 私が訪れた時には、少し見頃を過ぎ、紅葉が落ち始めたような感じでしたが、それでも美しい紅葉の光景が広がり、多くの観光客で賑わっていました。


 ねねの道に面した入り口から、境内に入ります。


















 本堂に当たる「方丈」と呼ばれる建物の中へ入ります。
 そこから見た「南庭」です。














 この庭に敷き詰められている白砂には、ガラスの原料にもなる石英系の成分も含まれているため、夜には月の光を反射して、美しい光で庭を照らすそうです。

 本堂には見事な竜の襖絵もあったのですが、撮影は禁止されてましたので、ここで皆様にこの竜画の写真をご覧いただくことができません。
 その代わりに、以下の動画でもはめ込んでおきます。






 この竜の襖絵の前に、仏教と竜との関係について解説された案内板がありました。
 それによると、竜とは鹿・駱駝・兎・蛇・鯉・鷲・虎・牛と8種の生き物を組み合わせた複合生物であり、仏教者の理想とする姿を表しているものだそうです。
 本堂内の撮影は禁止されており、その案内板を撮影するわけにもいかなかったのですが、今ここで覚えている限りのことを、以下に紹介します。


鹿の角:
 誇りを表す。自ら敵を襲わないが、外敵を退ける強さを持つ。

駱駝の頭:
 寒暑の厳しい不毛の環境に耐える。

兎の目:
 油断のない心を表す。竜画の最後に描かれる。

蛇の腹:
 困難な地形にも負けずに進む。

鯉の鱗:
 困難な急流や滝にも挫折しない。

鷲の足:
 強い把握力を持つ。

虎の掌:
 仏敵を強く捕らえる力。

牛の耳:
 他者の声を良く聞き、広く世界に心を向ける。


 以上が、複合動物として、仏教者の理想像としての竜の姿が意味するものだそうです。
 うろ覚えなので、間違っている部分もあるかもしれませんが、だいたいは合っていると思います。
 面白いので紹介しました。



 圓徳院の建物内部の撮影は禁止されていますので、庭や渡り廊下から見える紅葉の光景を紹介していきます。









 北書院から眺めた、北庭の光景です。












 そして出口へ。





 シリーズ第21回でもとりあげました、三面大黒天です。
 大黒天、毘沙門天、弁財天と3人の神仏が一体となったという珍しい仏尊で、豊臣秀吉の合理主義的な発想を表す出世守本尊です。



 さて、今回はここまで。
 シリーズ次回は、ねねの道をはさんで向かい側にある、秋の高台寺の竜と紅葉を紹介します。
 それでは、また次回。

 



*圓徳院のHP
http://www.kodaiji.com/entoku-in/idx.shtml



*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm




ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー



2012・12・16衆院選、勝利を目指し心を一つにし断固闘うバナー 2012・12・16衆院選、勝利を目指し心を一つにし断固闘うバナー


2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:旅行











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。