嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都妖怪探訪(233):秋の夜の将軍塚(前編)

[高画質で再生]

葛城トオル、「将軍塚」を語る(1) [SEO]



 どうも、こんにちは。
 シリーズ前回でも紹介しました、京都での妖怪絵師・伝道師である葛城トオル氏のご案内で、紅葉の美しい京都各地の夜の霊場魔所を巡りました。

 今回はその一環として、京都東山の霊場「将軍塚」を訪れました。


 先日の夜、車で出発。
 京都の国道1号線の東山トンネル付近から、山中の道(ヒガシヤマドライブウェイ)を上っていきます。





 この東山ドライブウェイはバイクでの通行は禁止されていますので、将軍塚のある「東山山頂公園」まで上がるには、車で上るしかありません。特に夜は。
 歩いて登るルートもあったようですが、「現在では閉鎖されている」とか、「見つけるのが難しく、地元の人でも知っている人はほとんどいない」とか言われています。
 いずれにしても、夜間に歩いて上るのは無理なようなので、葛城氏の車で案内してもらいます。
 
 ところで、この東山及びその付近は、いろいろと曰くのあるスポットが多いようです。
 火葬場、東山浄苑、心霊スポットとしても有名な花山トンネル、そして今回の「将軍塚」など。
 将軍塚とその周辺も、心霊スポットとして有名な場所だそうです。
 例えば、「バイク走行中にトンネルに垂れ下がっていた太いツタに首を絡ませ頭がもぎ取られてしまった男、首なしライダーの霊が現れる」などの話があるようです。
(※ただ、東山ドライブウェイへのバイク進入が禁止になったのは、過去にそういう事故があったからというよりも、暴走族が走り回っていたからだそうですが……)

 
 東山山頂公園に着きます。
 そこにも駐車場と展望台がありますが、そこからさらに北へ100メートルほど行った場所に、将軍塚への入り口があります。





 これが入り口の門です。
 ところでこの門に「青蓮院門跡」と書かれた看板があるのが見えますか?
 現在の将軍塚は、天台宗・比叡山延暦寺の流れをくむ「青蓮院門跡」という寺院の飛び地境内なのです。
 ちなみに、本シリーズで何度かこの寺院もとりあげたことがあります。


 門から中へ入ります。
 













 この時は、まだ少し青さが残る紅葉が広がっていました。


 将軍塚にある「大日堂」というお堂と、そこに祀られている大日如来像です。















 この大日堂について、葛城氏が解説してくださいました。
 以下の動画をご覧ください。


 
[高画質で再生]

葛城トオル、「将軍塚」を語る(1) [SEO]



 大日堂から奥へ。
 拝観料を払って、中の枯山水庭園へ入ります。

 
 今回はここまで。
 続きはまた次回。
 次回は、枯山水庭園をめぐりながら将軍塚の本体へ。
 将軍塚についての葛城トオル氏の解説もあります。





*「将軍塚」及び「将軍塚・大日堂」へのアクセス・周辺地図はこちら


*『将軍塚』のホームページ
http://www.shorenin.com/shogun/




*『妖怪堂』のホームページ
http://www.maekake.com/yokai_index.html


*葛城トオル氏のブログ
http://blog.livedoor.jp/maturowanumono/


*葛城トオル氏のツイッター
http://twitter.com/yokaido




*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm




ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー



衆院選に行こう!バナー 衆院選に行こう!バナー


2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:歴史&スピリチュアル・ミステリー - ジャンル:











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。