嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都妖怪探訪(232):2012年秋・葛城トオルの「京都魔界ナイトドライブ」




 どうも、こんにちは。
 シリーズで4回ほど、隣県の大津市瀬田に行っておりましたが、再び京都に戻ります。

 今回は、本シリーズにも何度か登場されました、京都でご活躍中の妖怪絵師にして妖怪伝道師である葛城トオル氏
 その葛城氏の案内で、美しい紅葉も映える京都各地の夜の霊場魔所を巡りました。


 今回は、その様子の一部を紹介します。


 まずは、京都市内の山奥にひっそりと立つ某不動とその周辺。
 次の写真の向かって右側に立つのが、葛城氏です。





 街灯など照明もほとんどなく、真っ暗な山道です。






 以下、その不動付近の様子。











 フラッシュで撮影してますので、写真では何とか様子がわかりますが、実際のこの場所には照明も全くないので、本当に真っ暗闇です。
 正直言って、不気味で怖いです。
 真夜中に山中の寺社を訪れるのは、なかなかに刺激的な体験です(笑)。

 そう言えば以前、葛城氏には「昔、殺人事件の現場にもなったという山中の神社」を案内してもらったこともありました……。

 この不動尊がどこか、実際にはどんなものか。
 興味ある方は、葛城氏のイベントにご参加いただきたいと思います。



 北白川、京大近くに立つ「子安地蔵」。


 


 この「子安地蔵」にも、いろいろと曰くがあるそうです……。



 同じく、白川付近の某所にもお地蔵さんが……?





 ……などと思っていたら、お地蔵さんではなく、大日如来像でした。





 大日如来像の横に建つ石碑と、石碑前で解説をする葛城氏。








 この写真では見えにくいかもしれませんが、石碑には「三条大路」「祇園」「すぐ坂本・唐崎」などと刻まれています。
 この石碑は、今で言う案内標識のようなものだったのです。
 この辺りは昔、京都から大津の唐崎・坂本辺りに通じる街道があったそうです。
 この大日如来と石碑は、当時の遺稿だったようです。


 やはり、北白川付近にひっそりと立つ、某神社。





 向かって右側に見える紅葉も鮮やかですが、ここで注目すべきは、参道入り口にある石橋です。








 よく見ると、非常に精巧に造られた石橋です。
 何故なら、かつてこの辺りには石細工を生業としている人々が多く住んでいた地域だからです。
 そういった人々が氏子となり、石橋を造って神社に寄進したそうです。

 なお、この辺りを流れる「白川」の名の由来も、かつてこの地で栄えた石工産業に関係するという話でした。
 材料となる石(御影石)を切り出したり、細工したりした後から出る大量の白砂によって、川が白くなってしまったことが、「白川」の地名の由来だそうです。



 現代では心霊スポットとしても有名な「将軍塚」にも案内していただきました。











 「将軍塚」は紅葉と夜景の名所でもあります。
 この将軍塚についての記事は、葛城氏の案内・解説と共に、シリーズ次回の記事から詳しくとりあげます。



 そして、今回の「京都魔界ナイトドライブ」で案内していただいた夜の魔所のうち、最も恐ろしい場所が、次の神社です。





 階段上にぶれて映っている人影が葛城氏です。
 葛城氏によれば、ここに祀られているのが日本史上最大の怨霊だということです。
 日本三大怨霊(菅原道真崇徳上皇、そして平将門)よりもさらに恐ろしい、まさに最強(最恐?)の怨霊がここに眠って居るそうです。

 その怨霊とは……。
 この魔所についても、後日(将軍塚の回が終わった後)また、本シリーズでとりあげます。


 以上。
 今回は、葛城トオル氏の「京都魔界ナイトドライブ」の様子の一部を紹介しました。
 今回は、葛城氏のイベントの宣伝記事も兼ねておりますので、その内容をここで全部バラすわけにもいきませんでした。そうしてしまうと、イベントに参加する楽しみが減ってしまうでしょうから。
 読者の皆様には、その点をご容赦いただきたいと思います。

 もしあなたが京都を訪れる機会があれば、葛城氏の「京都魔界案内」に参加されるといいかもしれません。
 通常の観光案内では見られない、京都のまた違った顔が見られることでしょう。
 
 なお、葛城氏のイベント情報や連絡先等については、記事末にある氏のサイトやツイッターアカウントなどをご覧ください。



 それでは、今回はここまで。
 また次回。





*『妖怪堂』のホームページ
http://www.maekake.com/yokai_index.html


*葛城トオル氏のブログ
http://blog.livedoor.jp/maturowanumono/


*葛城トオル氏のツイッター
http://twitter.com/yokaido




*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm




ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー



衆院選に行こう!バナー 衆院選に行こう!バナー


2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:妖怪&日本の民俗 - ジャンル:











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。