嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
日本人は決して愚かでも、従順でも、優柔不断でもない! 関電本社前の原発反対集会に行ってきました

[広告 ] VPS



 去る7月6日、大阪の関西電力本社前の反対集会に行ってきました。
 関電本社前の狭い敷地の中に、凄い人数が集まっていました。

 特徴的なのは、若い人たちの参加が多かったことです。
 
 日本人は、決して愚かではない。
 羊のようにおとなしく従順なだけの民族でもない!
 また、何事も決められないという優柔不断な民族でもない!


 この集会に参加して。
 またここ1ヶ月ばかり、毎週首相官邸前に何万人ものデモが開かれているのをはじめ、このような動きが全国的に広がりを見せているのをみるにつけ、思いました。

 ところで、18日の中日新聞にこんな記事が出ていました。


大飯再稼働なくても電力供給に余力
(中日新聞 2012年7月18日 09時49分)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012071890094758.html

 政府の節電要請から16日までの2週間の関西電力管内の電力需給で、最大需要は2301万キロワットにとどまり、出力118万キロワットの大飯原発3号機(福井県おおい町)が再稼働しなくても、供給力を9%下回っていたことが分かった。猛暑となり17日の最大需要はこの夏一番の2540万キロワットに達したが、10%以上の供給余力があった。政府は夏場の電力不足を理由に強引に大飯原発の再稼働に踏み切ったが、節電効果など需要の見通しの甘さが浮き彫りになった。

 関電は5月にまとめた試算で、原発ゼロのままなら7月前半は8・2%の供給力不足が生じるとし、再稼働の必要性を強調した。政府は大飯の再稼働を決めた上で、関電管内に猛暑だった2010年夏比で15%の節電を求め、3号機のフル稼働後も節電目標を10%に設定している。

 政府は2日に節電要請を開始。関電の資料などによると、16日までの2週間の最大需要は10年同時期と比べて平均で12%低下。最大需要の2301万キロワットを記録した瞬間は供給力を344万キロワット下回り、大飯3号機の118万キロワットを差し引いても余裕があった。需給が最も逼迫(ひっぱく)した時間帯でもさらに209万キロワットの供給が可能だった。

 一方、関電に平均36万キロワットを融通している中部電力も2週間の最大需要は2139万キロワットで、供給力を9%下回った。中電管内の節電目標は当初は5%で、現在、4%に設定されているが、安定した供給体制を確保している。

 関電広報室の担当者は「雨や曇りの日が多く供給が安定したが、今後は気温が平年より高くなるとの予報がある。大飯原発4号機が稼働しても需給の見通しは厳しい」とコメント。中電広報部の担当者も「火力発電所のトラブルリスクなどがあり、電力供給は厳しい」と話した。

 千葉商科大の三橋規宏名誉教授(環境経済学)は「政府や電力会社が、原発を再稼働させるため、電力需要を恣意(しい)的に過大に見積もった結果だ。今後、猛暑になっても電力は足りると思うが、脱原発の機運を高めるため、引き続き企業と家庭で節電の努力が必要」と話した。



 「原発再稼働しなければ電力不足で大変なことになる」とか言われているようですが、その実態はこんなもんなんですね。
 大マスコミ(全国紙やテレビなど)では、こういう報道はしないんでしょうかね?

 
 少し話は変わりますが、消費税の5%から10%の値上げによっておよそ13兆円の税収増が見込まれるそうですが、その一方で、「野田政権は14兆円以上もの税金をばらまくことを海外に約束した」だとか、「復興予算に7兆円以上もの余りがあった」こと等がわかっています。
 「増税しないと財政破綻で大変なことになる」と、消費税増税を強行しておきながら、一部の政治家や官僚が海外でええカッコするためにそれ以上の税金が湯水のごとく使われいたり、無駄に余っていたりする。
 マスコミ使って「増税はやむを得ない」というプロパガンダが行われているようですが、その実態もこんなもんです。

 この話、「原発再稼働しなければ電力不足」というプロパガンダの話に似ていませんか?


 原発や消費税だけの問題ではないでしょう。
 一部の政治家や官僚、財界人。彼らとグルになって国民大衆を騙し、内心ではバカにしながら、一緒になって国と国民を食い物にし続けている大マスコミ。
 彼らのそうした実態や正体に、国民大衆も次第に気づきつつある。
 それが、大規模な抗議デモなどの形になって表れてきているのでしょう。


 ここで繰り返しますが。
 日本人は、決して愚かではない。
 羊のようにおとなしく従順なだけの民族でもない!
 また、何事も決められないという優柔不断な民族でもない!


 一例を挙げれば、「原発」や「消費税」など、国民生活や生存にも関わる重要な問題に関して、国民の大多数ははっきり「ノー」の意思表示をしているのです。
 ところが、一部の偽勝ち組、偽エリート、偽愛国者が、彼らのお仲間である大マスコミを使って国民を洗脳・プロパガンダしたり、時には腐敗司法を使って冤罪捏造までしたりして、国民大衆が覚醒して立ち上がるのをずっと阻んできたわけです。
 特に政権交代後、この国の恐るべき実態が明らかになってきました。
 一般の国民大衆もそこに気づき、そこから抜け出すための第一歩をようやく踏みだそうとしているのです。
 


 なお、本日金曜日もどこかでデモが開かれたのでしょうが、残念ながら私は所用で参加できませんでした。
 しかし、何らかの形で、こういった国民的な動きには参加したい、また直接参加は出来なくても、何らかの形で支援していきたいと思っております。


 それでは、また。
 今回はこの辺で。





ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー


2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

noga
それでも日本人は、原発の再稼働を選んだ。
一億総ざんげへの道。動き出したら止まらない。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

意思のあるところに方法はある。(Where there’s a will, there’s a way).
意思のないところに解決法はない。
意思は未来時制の内容であり、日本語には時制がない。
それで、日本人には意思がなく、解決法が見つけられない。
自然鎮火を待つのみか。

耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。
不自由を常と思えば不足なし。
座して死を待つか、それとも腹切りするか。
私の父は、玉砕した。何のお役に立てたのかしら。
安らかに眠ってください。過ちは繰り返しますから、、、、

ああしてこうすりゃこうなると、わかっていながらこうなった、、、、、
12歳のメンタリィティには、知恵の深さが見られない。教養がない。
わかっちゃいるけど やめられない。ア、ホレ、スイスイ、、、、

白く塗られた黒いオオカミの足を見破ることは難しい。
だます人は悪い人。だまされる人は善良な人。おとり捜査は難しい。
この調子では、人の命はいくつあっても足りるものではない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/
2012/07/21(土) 01:41:21 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。