嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都妖怪探訪(178):千本釈迦堂とおかめ伝説(後編)





 前回記事に続いて、旧京都市内最古の木造建築で、桜とおかめ伝説の霊場でもある大報恩寺、通称「千本釈迦堂」を訪れた時の記事です。

 本堂前の庭やおかめ塚などを見た後、本堂と霊宝館(宝物館)にも入りました。
 入場料を支払わなければなりませんし、また霊宝館内での撮影は許可をもらえませんでした。さすがに貴重な仏像などの寺宝をそう簡単には撮影させてもらえないということでしょう。
 しかし本堂内での撮影は禁止されませんでしたので、国宝にも指定され、応仁の乱以前から残されてきたという本堂内の様子を、ここでお届けすることができました。









 ちょっと失礼しまして、いろいろと撮影させていただきました。
 ご覧のとおり、残念ながら本尊・釈迦如来像が見られません。
 やはり、本当に大事なものはなかなか見せてもらえないようです。
 それでも、この本堂内ではいろいろと面白いものがあり、それを撮影させていただきました。
 ところでこの光景をよく見ると、賽銭箱などあっちこっちにおかめの面が。






 本堂の一角に立つ柱には、応仁の乱の時につけられたという刀や槍の傷跡が。






 本堂の天井部の様子。
 柱の上に、あのおかめ伝説にも登場した舛組みが。






 なお、おかめ伝説の内容については前回記事の後半部分をご覧ください。


 「無事故・交通安全」のご利益があるという「慈雲観音菩薩像」。






 「無事故・交通安全」のための観音様……ということは、この観音像は比較的近年に創られたもののようです。
 彫刻家の松田尚之氏(1898~1995年)に奉納された作品だそうです。



 この時、本堂内では「おかめ人形展」も開催されていました。
 




 ここもちょっとのぞいてみます。
 中には多種多様なおかめ像や面が並んでいます。
















 
 最後から2番目の写真、左端の緑目のおかめさん。
 何か顔が怖いです……。


 そして本堂の奥から見た千体地蔵塔。






 でもこの手のお地蔵さんって、たいていは無縁仏さんが集められていたりとか、明治の廃仏毀釈の難を逃れてきたものとかが多いんですよね。
 ここのお地蔵さんたちは……どちらでしょうか?



 こうして本堂を出て、千本釈迦堂を後にします。
 この釈迦堂には、無病息災を願った年末の大根炊きや陶器市など、様々な行事が行われているそうで、一年を通してそれぞれ違った光景がみられるそうです。
 旧京都市内最古の木造建築で、しかも国宝にまで指定されている貴重な建築物であるのに、一般市民にも開放されていて、その生活空間の一部ともなっている。
 歴史的な遺産が市民生活にもとけ込んでいるという例のひとつでしょう。


 なお、この記事を上げる頃にはもう桜も散っていることでしょう。
 でも来年以降の春は、満開のおかめ桜を見たいですね。

 
 それでは今回はここまで。
 また次回!







*千本釈迦堂(大報恩寺)の周辺地図・アクセスはこちらをご覧下さい。




*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm




ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー


2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都旅行 - ジャンル:旅行











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。