嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都妖怪探訪(171):北野天満宮・その2




 前回の続きで、北野天満宮の話をします。
 今回は、北野天満宮の梅苑と御土居(おどい)についてです。
 
 天満宮、菅原道真を象徴するものが2つあります。
 梅と牛(の像)です。
 全てというわけではありませんが、菅原道真を祀っている場所にはたいていその2つが、もしくはそのどちらかがあります。
 この北野天満宮にもいくつもの牛の像と、他の天満宮では滅多に見られない規模の大きな梅苑があります。
 約2万坪の境内に50種、約1500本の梅があると言われています。
 今年は4月1日で閉園しましたが、梅の花が美しく咲く毎年2月頃から3月下旬か4月初旬頃まで公開されます。

 先月、北野天満宮を訪れた時にもこの梅苑を見てきましたので、その様子を写真と共に紹介していきます。
 なお今回は、いつもよりたくさんの写真を使用しております。



 楼門前にある梅苑入り口。
 




 入場料(大人一人600円)を払って中に入ります。
 なお、ここから見た限りではまだ100%満開というわけでもなさそうですが……それでもそこそこ花が咲いているようです。






































 やはりまだ、100%満開だというわけではなさそうですが、それでも梅の花に囲まれた庭園は美しいものです。
 私の拙い写真で、その良さを十分にお伝えできないのが残念です。


 ところで、こういう場所だからでしょうか。
 カップルで訪れている人たちの姿もちらほらと見られます。











 美しい花の道に若いカップル。
 絵になる光景ですが、彼女ナシ万年モテない男の私には、ちょっと目の毒でもあります(苦笑)。


 梅苑の中には茶店があって、そこで梅こぶ茶と茶菓子が出ます。









 茶店でひと休みをした後は、「御土居(おどい)」と言われる場所に行きます。
 「御土居」とは、天正年間、豊臣秀吉の時代に防災・防衛のために築かれた、京都の四方を囲む大きな土堤のことです。
 現在は史蹟として北野天満宮の境内に遺されています。
 











 

 
 この大土堤から下、紙屋川(天神川)のほとりにもたくさんの梅が。






























 御土居の下、紙屋川のほとりには梅の咲いていない場所も見られました。








 もっともこの辺りは、梅は咲かなくても、秋になれば美しい紅葉の風景が見られるそうです。
 また訪れたいですね。
 次は、紅葉の時期に。

 
 梅苑から出て、楼門前に戻ります。
 次回から楼門から中の境内に入ります。

 今回はここまで。
 また次回。







*北野天満宮のHP
http://kitanotenmangu.or.jp/




*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm




ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー


2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:花の京都 - ジャンル:地域情報











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。