嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都東山花灯路・知恩院2012年3月(その1)





 今年も行ってきました。
 京都東山花灯路

 今回は、その様子をお届けします。


 京都・祇園。
 東大路通りに面する知恩院の新門。






 その門から奥、知恩院道を進んでいきます。









 正面に知恩院の門が見えてきます。






 おや? 門の前に何か光るものがあるようです。






 青森のねぶたみたいなものが並んでいます。
 これは、粟田神社という神社のお祭りで巡行するという「粟田大燈呂(あわただいとうろう)」というものだそうです。
 これらは、あの有名な青森のねぶた祭の元となったものだとも言われています。
 今回はそのうちの4つが花灯路イベントでお披露目されていたのです。
 スサノオ神を主祭神とする粟田神宮に関係あるテーマがほとんどです。


 スサノオ神です。






 神話上でスサノオ神に倒された怪物・ヤマタノオロチです。






 粟田神宮の近くで祀られている「合槌稲荷(あいづちいなり)」です。





 これは狐の母子のイメージでしょうか。
 なお、「合槌稲荷」は『京都妖怪探訪』第84回でもとりあげています。

 知恩院は浄土宗の総本山。
 その宗祖・法然上人の像もありました。若々しく、優しそうな法然さんです。






 そして、知恩院の門前。






 そういえば昨年の京都東山花灯路でも、この門前に立ちました。
 その時に撮影したのが次の写真です。






 ちょうど昨年の今頃は、あの東北大震災と原発事故という「千年に一度」という大災害に見舞われ、日本中が自粛ムードに覆われていました。
 私も「自分だけ楽しんだら申し訳ない」などという妙な気持ちにとらわれて、何かをしようという気がなかなか起こらなかった。
 しかし、「このままではいけない。何とか日常に復帰しなければ」と思い直して、あえてここに出てきました。
 そんなことも思い出しました。
 早いもので、あれからもう1年なのですね。


 今回はここまでにします。
 次回は話を戻して、知恩院を訪れた話の続きをします。




京都東山花灯路のホームページ
http://www.hanatouro.jp/higashiyama/index.html




*京都妖怪探訪シリーズもよろしく!
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm




ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー


2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。