嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ネット工作員は数字の魔術師……そして、張り子の虎(笑)・その5
副題:続・あの『反日ブログ監視所』も張り子の虎だった!?(笑)

 いわゆるネット右翼(左翼)など、ネット上にて様々な工作を行う人たちがいるという。
 例えば、自分たちに都合の悪い主張をする個人や団体のサイトに、誹謗中傷やコメントスクラムなどの攻撃を仕掛けたり、ランキングなどで自分たちに都合のいい主張をするサイトを上位に押し上げるように工作を行ったり。
 その手口は様々であるが、要するにネット上の世論を自分たちの都合のいいように誘導するために工作を行う人たちがいるらしい。
 最近になっても、明らかに不自然というか、どうも人為的かつ組織的な工作が行われたとしか思えないようなネット世論の動きが、いくつも見られた。


 今回も前回に続いて、数値の操作・偽装工作の中でも、「攻撃対象へのアクセス数を激増させる(注:特に自サイトから攻撃対象サイトへのアクセスを増やす)ことによって、自分たちの影響力を誇示し、相手にプレッシャーを与える」という手口について、私自身の体験も事例のひとつとして紹介しながら解説する。
 そして私は言いたい。
 こんなくだらない「偽装工作」を使ってまで、自分を実像以上に大きく見せかけなければならなかったということは、奴らネット工作員どもが、見かけ倒しの“張り子の虎”でしかなかったことの証明である。
 ブロガー諸氏、全てのネット活動をしている諸氏は、そういう“張り子の虎”どもを恐れて萎縮することなく、己の信念と良心にのみ従って、ネットでの意見表明を続けていただきたい、と私は思うのだ。

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー  ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー
2ちゃんねる から子供たちを守ろう!

 ネット工作員による数値の操作・偽装工作の中には、「攻撃対象へのアクセス数を激増させる(注:特に自サイトから攻撃対象サイトへのアクセスを増やす)ことによって、自分たちの影響力を誇示し、相手にプレッシャーを与える」というという手口があるらしい。
 前回は、それについて論じた。
 その一例として、昨年11月始め頃に、私が悪名高き『反日ブログ監視所』から攻撃を受けた時のことをあげた。
 当初、あちらの攻撃記事からのアクセスがあまりに多かったので、正直びびったものだった。
 だが……この時私は、不自然な点や「これはちょっと変だ?」と思える点をいくつか見つけた。そして「どうも、このアクセス数は偽装っぽい……その疑いが濃厚だな」と、考えるに至った。
 
 ここまでが前回
 ここからは、「不自然」だとか「ちょっとおかしい」だとか思った点をいくつか説明する。
*そのリンクからのアクセスが多かった時間帯が不自然

 まずおかしいと思ったのが、この点だ。
問題の攻撃記事からのアクセスが、夜半か夜半過ぎ頃に激増していたのである。
 『反日ブログ監視所』とその管理人・篠原某をコキおろす記事を書いてから、アクセスが増えた。リンク元別のアクセスを調べると、その日のだいたい夜9~10時頃までは『カナダde日本語』からのアクセスが一番多かった。まあ、これはいつものことだし、自然なことだろうと思う。
 それ以後……夜遅くなればなるほど、『反日ブログ監視所』の記事の方が激増し、『カナダde日本語』からのアクセスをはるかに凌駕するようになっていた。
 ここがまず不自然というか、ちょっとおかしいと思ったのだ。「日曜・祝日前でもない夜中に、多数のネットユーザーが活動している」というのは。それとも『反日ブログ監視所』の読者は、平日深夜や夜半以降に起きていても大丈夫な人たち──学生や失業者・無業者、不規則勤務の人など──ばかりなのか?(笑)
 近年ではフレックスタイム制や裁量労働制などの職場も増えてきたようで、また夜勤の人とか、不規則勤務の人も少なくないだろう。だから、平日の深夜や昼間にネットをしているというだけで、必ずしもその人が無職・ニートや「プロ工作員」などとは限らないだろう。
 しかしそれでも……、やはり平日昼間や、休日前でもない夜半過ぎに多数のユーザーがネットで遊んでいるというのは、やはりおかしい。おかしいとまで言えなくても、不自然である。
 現にこの私も、職業柄不規則な勤務(夜勤や休日出勤、平日休みなど)が結構多い。チャットなどのネット活動の経験も結構あって、それで徹夜をしたことも何度もある。そしてネット仲間にも、学生や不規則勤務の者が何人も居た。だが、それでも……平日の昼間や夜半過ぎに、多くのメンバーが集まって何かをするなどというのは、まずできなかった。平日でもよくチャット・ルームに来るメンバーもいたし、平日でも何故か大勢集まる時もあった。しかしそれでも……ほとんどのメンバーは、ちょっと喋ってから「明日仕事(学校)があるから」とか、「そろそろ寝る」「もう眠いので」とか言って、早い目に切り上げてしまう。多くのメンバーが夜中の1時以降もチャットに参加できるというのは、やはり土曜日など休日前の夜である場合がほとんどだった。
 話を元に戻そう。こうした私自身の経験からも思うのだが、休日前でもない深夜・夜半過ぎに多数の……不特定多数のユーザーが、仕事でもないのにネットにアクセスしている、というのはやはり不自然である。
 だが、昨年11月『反日ブログ監視所』から睨まれた時には、そういう不自然な現象が起きた。ちなみに、いつもの時、及び他サイトリンクからのアクセスの場合は、そのようなことはまずなかった。夜半を過ぎると、アクセスは目に見えて減っていくというか、ほとんどなくなってくる。あたっとしても数えるほどしかない。
 以上の現象をどう見れば良いのだろうか?



*攻撃・嫌がらせのコメントをしてくる者の数が、意外なほど少なかった

 アクセスカウンターの数値がわずか1~2日で1000ほど上がったときには、「おそらく、ものすごいコメントスクラム攻撃が来るのではないだろうか」と、覚悟していた。
 だが……実際に攻撃を受けてみると、攻撃・嫌がらせのコメントをしてくる者は数えるほどしかいなかった。
 しかも、そのメンバーは固定化されていた。ほとんどが『反日ブログ監視所』のコメント欄等で見たことのあるメンツだった。あ、それから管理人・篠原某自身がコメントしてきたこともあった(注1)。ご本人自らも出てくるとは、よほど人手・人材不足だったのか?(笑)
 当初私は、もっと多人数による派手で大規模な攻撃が来ると思っていたのだが、予想外な攻撃のショボさに、すっかり拍子抜けしてしまった。「泰山鳴動してネズミ一匹」という感じだ。いや、この場合は「ネズミ数匹」という言うべきか(笑)。

 しかしそれならば、「あの1000近くあったアクセス数は、一体何だったのか?」という疑問が沸いてきた。
 「アクセス数は多くても、実際にコメントスクラムに加担する者の割合は少なかったのではないか?」
 そのように考えることもできたが、もうひとつの可能性も考えられた。それは
「アクセス数自体が、何らかの方法で水増し(偽装)されたものであり、実際にヲチ(監視)と攻撃に関わった者は、少数である」
というものだ。
 「答えは後者ではないか?」と、私は考えた。
 それ以前にも、主に『反日ブログ監視所』関係者による誹謗中傷とコメントスクラムの攻撃を受けたことがあったからであり、その時の経験からそう考えたのだ。
 昨年の4~5月頃、一日にいくつもの攻撃・嫌がらせコメントを受けることになった。その削除・排除に必死であったが、そうした状況下にあっても私は、削除したコメントをコメントした者のHN、IP・リモホをコピーして、USBメモリーに保管しておくことを忘れなかった。
 そしてそれらを整理して、よく観察してみた。そうしたら、意外なことがわかった。
 一見して多数に見えた彼らは、実は見かけよりも少数であったのだ。中には、一人で複数のHNとIP・リモホを使い分けている者も居た。おそらくはそうやって、一人か少数で複数の人格を演じて、多数を装っているのだろう。まさに、以下のバナーにあるとおりだ(笑)。

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー  ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 その後、何人かの悪質コメント者を書き込み禁止にするだけで、コメントスクラムは大幅に抑えられ、やがて鎮静化させることに成功した。

 さらに弊サイトのアクセス解析は、なかなか精度が高い。アクセスログを見れば「誰が(どういうIP・リモホの持ち主が)?」、「何時何分何秒に?」、「どこに?」、「どこからアクセスしてきたのか?」などがほぼわかるようになっている。
 それを見たら、怪しいリンク元からやってきたユーザーや、以前書き込み禁止にしたIP・リモホの持ち主などの動向や傾向などがよくわかる。
 プロクシなどで誤魔化している者もいたようだが、それを見たらメンバーが固定化しているような印象も受けた。

 以上のような体験や手段等があるからこそ、「こいつら本当は、少数なのかもしれない」「少数のくせに多数を装っているだけかもしれない」などという疑念を持つことができたのだ。
 そうした私の仮説と疑念は、やがて確信に変わった。その理由が、次にあげるものである。



*アクセスカウンターの設定をちょっと変えただけで……

 11月6日の記事以後も、『反日ブログ監視所』とその管理人をこき下ろす記事を何度か書いた。それに対してあちらも反撃記事を書いた。そういう応酬もこれまでに何度かあったのだ。
 だが……昨年11月初め頃のように、「あちらのリンクからのアクセスが一日に数百か千近くも増える」などということは、もうなかった。
 あちらを刺激するような記事を書くと、主に『反日ブログ監視所』及びその記事、あるいはその関係者のサイトから、一日あたりのアクセス数が増えるのだが、多いときでもせいぜい2桁であった。しかも50を越えることがほとんどなかった(注2)
 では……昨年11月のアクセス激増は一体何だったのだろうか? あれからおよそ10~20分の1ほどになってしまったのだが、何故だろう?
 実は、あの時との違いがひとつだけある。
 アクセスカウンターの設定を、「二重カウントする」から「二重カウントしない」へと変えたのだ。たったそれだけのことで、あちらのリンクからのアクセスが激減してしまったのだ。
 これはどういうことだろうか? その答えは明らかだと思う(笑)。(注3)


 いずれにせよ、今や『反日ブログ監視所』の影響力はもはや大したことないのではないか?
 そう考えるに至った。
 私の他にも、それに気づいた人もいるようだ。そういう人は、『反日ブログ監視所』及びその関係者たちから何を言われようが、無視しながら平然とネット活動を続けているようである(笑)(注4)

 いや、『反日ブログ監視所』だけの話ではないかもしれない。
 今まで執拗な荒らしやコメントスクラムなどの悪質行為をしてきた奴らも、同じように“張り子の虎”に過ぎなかったのかもしれない。
 荒らしやコメントスクラムに遭った人たちの中には、その前に「自サイトのアクセス数が不自然に激増する」という体験をした人も多いと聞く。それに不安や恐怖心、プレッシャーを感じた人も多いだろうが、その真相はこんなものかもしれない。

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー  ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 長くなってしまったので、今回の結論に入ろう。
 荒らしやコメントスクラムなどネット上で悪質な行為をする奴らは、“張り子の虎”である!というより、実は弱くて小さい存在だからこそ、セコい手で自分たちを実像以上に大きく見せなければならなかったのだろう。

 そして、ネットで発現をする全ての人に言いたい。
 こんなくだらない“張り子の虎”どもを怖れて萎縮するな!
 ただ、己の信念と良心にのみ従って、ネット活動を続けていただきたい。


 あとは、

(1)パソコンやサイトのセキュリティ
(2)個人情報の防衛
(3)悪質な奴らが自分のサイトにチョッカイを出してきた時の排除策(注5)

の3つに気をつけてさえいれば、怖れることはない。

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー  ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー



シリーズ『ネット工作員は数字の魔術師……そして、張り子の虎(笑)』のエントリー

第1回:ランキングが組織的に操作されている!?
http://komichin.blog80.fc2.com/blog-entry-63.html

第2回:ネットでの数値操作・偽装が行われている疑い
http://komichin.blog80.fc2.com/blog-entry-64.html 
 
第3回:ネットでの数値操作・偽装の疑いがある事例とトリックのタネ
http://komichin.blog80.fc2.com/blog-entry-65.html

第4回:悪質な奴らの出す数値にビビることはない
http://komichin.blog80.fc2.com/blog-entry-66.html  

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー  ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー
2ちゃんねる から子供たちを守ろう!

(注1):
 その時のリモホをここに公開しておこう。

p292c27.narant01.ap.so-net.ne.jp

 もっとも、昨年11月の古いものだから、IP・リモホは変わっているかもしれないが……。


(注2):
 一日に50を越えるアクセスがあった時もあるが、それは……実は私に関することでなくて、弊サイトの常連読者さんでもあるkaetzchenさんの話題で、弊サイトでのkaetzhenさんのコメントが取り上げられた、などというケースだったのだ。あの人は、私よりもよほど有名人らしいからなあ(苦笑)。
 なお、その時でも一日あたりのリンクアクセス数が3桁以上になることはなかった、と付記しておく。


(注3):
 それとも、他の要因でアクセスカウンターの数値が減ったのが、偶然に重なったのだろうか? でなければ、何百といた(はずの)ネットユーザーはどうなったのだろうか?
 あと考えられる原因としては……。
 向こうのリンクから来ていたユーザーが直リンに切り換えた?
 クッキーをブロックして来るようになったのか?
 何百というユーザーが、ある時期から一斉にそのような変更を行う……などということがありえるだろうか?
 あるいは、『反日ブログ監視所』のリンクを辿る人……もっといえば読者そのものが激減してしまったのか?(笑)
 もっとも、私はネットやパソコン、ソフトウェアなどに関して素人レベルの知識しかないので、これ以上は何とも言えないが……。
 あるいは、SEを自称するあちらのサーバー管理人あたりが、何か反論や弁解をしてくるかもしれないが(笑)。
 いずれにせよ、今や『反日ブログ監視所』の影響力はもはや大したことないのではないか? そう考えてもいいと思う。


(注4):
 そういう人の例として、『日本の将来を変えたいので、ブログを始めました。』の、かむやまといわれひこ氏があげられる。そこには、「中畑」「redpurge2001」とか名乗る『反日ブログ監視所』関係の悪質行為者が、ストーカー変質者のようにつきまとっているが、今ではほとんど無視されている(笑)。
 また、『気まぐれな日々』のkojitaken氏は、「まれに見るほど無能」であるとして、『反日ブログ監視所』を完全無視している(笑)。


(注5):
 悪質行為者が自サイトに現れた時の対処法・排除策については、以下のサイトか、あるいは弊サイト「荒らし対策考」のカテゴリーに属する記事をご覧くだされば幸いである。

*荒らし・炎上・コメントスクラムを排除しよう
http://mganeahkzxeagnaeawha.seesaa.net/

*2ちゃんねる の攻撃から身を守るためのブログ
http://jyakusya.blog69.fc2.com/

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー  ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー
2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:「ネット右翼」 - ジャンル:政治・経済

komichi@管理人
>いわれひこさん

 どうも、お久しぶりです。

 私の方も多忙等が続き、記事更新が滞ったり、コメントレスを返すのが遅れたりしております。
 お互い、マイペースでいくしかないようですね。

 今後ともよろしくお願いします。
2007/05/23(水) 23:58:32 | URL | [ 編集]
komichi@管理人
 このところ休日出勤などの事情で、記事更新どころか、コメントレスも十分にできませんでした。すみません。

>山澤さん

 コメントと弊サイトの紹介をありがとうございました。
 正直、今回の問題に対して、私は何ができるか、というのがなかなかわからずにとまどっております。

 しかし、紹介していただいた記事は興味深く読ませていただきました。
マスゴミ(大手マスメディア)の問題点や限界、その逆にネットの可能性(その問題点)も次第に明らかになってきたと思います。

 ところで、TBがうまくいかないとのことですが、こちらの方からも貴サイトねほTBができなくなっております。

 いろいろ面倒等はあり、またこちらとしては十分なことができるかどうかはわかりませんが、今後ともよろしくお願いします。
2007/05/23(水) 23:57:11 | URL | [ 編集]
いわれひこ
 いつもお世話になります。

 仕事が忙しく、こちらにトラバいただいても、ゆっくりとコメントしている時間がなかなか取れません。

 六月になれば落ち着きますので、またゆっくりとコメントしたいと思います。
2007/05/23(水) 18:59:56 | URL | [ 編集]
山澤
さて、マスコミ問題はさておき、インターネットの可能性と危険性について、るいネットから参考になる投稿を紹介します。

「ブログ時代」の潮流
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=151976

アメリカによるネットでの共認支配を許すな!
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=152092

グーグルもヤバイのですね。
2007/05/21(月) 02:23:52 | URL | [ 編集]
山澤
トラックバックを2件しましたが、うまくいってないといけないので、念のため、コメント欄にリンクを張らせて頂きます。
http://real.zoom-in.to/blogn/index.php?eid=57
http://real.zoom-in.to/blogn/index.php?eid=58

尚、小路さんのエントリーと直接の関係がありませんので、コメント欄での議論は控えさせていただきたいと思います。
2007/05/21(月) 02:13:36 | URL | [ 編集]
komichi@管理人
>良き観客一号さん

 コメントありがとうございます。

 そんなことがありましたか……。
 そう言えば、私の場合も時々ありましたね。
 おかしな書き込みをしてきた人のIP・リモホを調べたら、役所や大学などの研究機関、あるいは外国(プロクシ・サーバーか?)とか、意外な場所から書き込んでいたのがわかった、という場合が。
 
 「ああいうネット工作員とかの世界で、内部告発等が少ないのは、何故だろうか?」
 などと疑問にも思ってたのですが、そういう事情もあったのですか……。

 それにしても、悪いことは何でも「在日コリア」や「同和」等に結びつけるあの手の連中の発想は、相変わらずですね(苦笑)。
2007/05/20(日) 22:19:55 | URL | [ 編集]
良き観客一号
少し古い話だが、こんなことがあった。
http://sinrigakukenkyu.ameblo.jp/sinrigakukenkyu/entry-10006729586.html

左派ブログを荒らした者の中に、都道府県庁のIPを持つものが多数含まれていた、というのだ。
これを見て「ああ、やっぱり役場勤めとはろくに働かず公費でネット三昧できる仕事なんだな」と思ってしまいそうだが、こんなストレスの溜まりそうな事を続けていては、いかにネット右翼が他人の痛みに鈍感な連中揃いでも、いずれ精神的疲労でギブアップしてしまいそうなのに、ネットではそういった告白はなぜか皆無だが、理由はある。

「でも、そういう人に言えない職で役場に勤めている人たちって、在日コリアンとか同和地区の人たちが多いんでしょ?」
こういうデマをあらかじめ2chなどで流しておけば、「アイツは在日だ、部落だ」とレッテルを貼られる事を恐れてだれも口を割らないだろう。

そして、そういうデマを垂れ流しているのは、間違いなくネット右翼自身なのだ。
知らぬのは、「俺の背後には公権力がついているんだぜ」と得意がる馬鹿なネット右翼ばかり、ということだ。
2007/05/18(金) 20:42:40 | URL | [ 編集]
komichi@管理人
>非公開コメントの方へ

 どうも、コメントありがとうございました。
 そうですか。
 エセ愛国者たちがネットで行ってきた数値の捏造に、あなたも気づいておられたようですね。
 そのような彼らの実態を見ると、何だか哀れにも思えてきますね。

 もっとも、このような記事をあげると、いきなり向こうからのアクセス数を急増させる、などという「水増し工作」をしてくるかもしれませんが(笑)。

 なお、指示されたとおりにしましたので、ご安心ください。

 今後ともよろしくお願いします。



>kaetzchenさん

 コメントどうも。
 ご指摘ありがとうございました。
 
 そうでしたか。教職員という存在を見落としておりました。
 しかし……だとすれば、ああいう悪質行為者に影響されたり、または自ら加担者となってしまうような人が、教職員や研究員にゴロゴロいるということですか?
 だとしたらそれは……問題ですね(汗)。

 ところで、「教職員には、権威に弱い人が多い」というのは……やはり、アクセスが増えたのは、某S先生に関する件ですか(苦笑)。

 しかし(本当の意味で)ダメダメな人たちが教職員にゴロゴロいるとは、日本の教育界はどうなってしまっているのでしょうか?
 教員の免許更新制度が議論されているようですが、そういうもので、そのような質の悪い人材を放り出すことは……無理でしょうな。
2007/05/17(木) 20:20:10 | URL | [ 編集]
kaetzchen
雨の音で目が覚めて,寝付けないので,再びトイレにパソコンを持ち込みます(笑)

(注2) の件ですけど,「平日の深夜や昼間にネットをしているというだけで、必ずしもその人が無職・ニートや「プロ工作員」などとは限らないだろう。」というのは認識不足(笑)

常勤の,つまり個室の研究室を与えられた大学・高専・高校教員という存在も忘れてはいけません(笑) (注2) の場合,この事例が非常に多かったのです.如何に彼らが「権威に弱い」かということがバレバレなんですよね.学生や生徒という弱い立場の人間の生殺与奪の権限を振り回しているから,自分がその立場に置かれた時のことを考えられない.特に高校の理科の先生は受講する生徒の減少のせいで,無理矢理出世させられたり,情報などの科目の先生にさせられたりして,云わば昼間のパソコンオタッキーになってるケースが多いんですよ(笑)

私の大学時代の寮の同室の奴が数学科の修士を出たけど就職がなくてデモシカで県立高校の数学教員になったんだけど,やっぱり嫌味や嫌がらせにあって(県庁所在地に勤務した時,そこの理学部で博士号を取ったことも理由の一つ),未だにうつ病で復職してません.年金がそのまま医療費に消えて,定年後すぐに生活保護かもな,と本人は皮肉たっぷりに言ってます.とりあえず昨年から勤務先の高校の保健室に登校して,生徒の愚痴を聴くことでうつを紛らわしているとか(校長からは念のため,夏休みに「情報」の単位を取っておけと脅迫されてるらしい.教育委員会の要注意人物かな(笑)).彼に (注2) の url を教えたら,お前も出世したなと笑われました(笑) ←彼はまともな人間だから,9時~10時に子供が寝てからしかネットを見ない

てなとこで,そろそろベッドに入ります.寒い.

P.S. 退院しました.マンガを入れたカバンが重たい.
2007/05/16(水) 22:56:48 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
一見したところ、御手洗経団連会長は善人面、と思っていた私は認識不足だったかしら? と思ってしまったこの写真。 いよいよ、悪人面になってきましたね。  だいたいAFPというフランスの通信社のこのサイト、やたら
2007/05/24(木) 18:56:28 | とむ丸の夢
^明日は、<集団的自衛権アホメンバー>13人の発言等を検証します。この項は、私の魂が籠っています。私は、もう、両足棺桶に突っ込んだ病人だし、ババァだし、私の人生、そんなに長くはありません。(まぁ、憎まれっ子世に憚る、で長生きするかもしれん?)...
2007/05/20(日) 21:23:35 | 晴天とら日和
ゴールデンウィーク明けのこの時期は、とても疲れやすい季節だ。私は今の時期と相性が悪く、毎年憂鬱な気分になり、体調も崩しがちになるのが常だ。今年は特に、安倍晋三などという輩が分不相応の総理大臣になどなって好き勝
2007/05/18(金) 23:34:49 | きまぐれな日々
このところ、沖縄に自衛隊を送ったり、国民投票法案を無理やり成立させたり、あほ晋三の暴挙が目立つが、辞任を前にやけっぱちになっているに違いない(笑)。アホはアホらしくおとなしくさせておけばいいものを、キチガイ
2007/05/18(金) 23:30:48 | カナダde日本語
  お昼の支度に台所に行くと、テレビでは国会中継。 自民党議員の質問に文科大臣やアベ首相が答弁に立っていました。 結局その3者が口を合わせて言っていたことは、「金がすべて」「金が一番」という人間を育てた戦後教育
2007/05/17(木) 15:37:23 | とむ丸の夢
国民投票法が成立 自、公両党の賛成多数で参院で可決 憲法改正の手続きを定める国民投票法案が、14日の参院本会議で採決され、自民、公明両党の賛成多数で可決・成立した。民主党など野党は審議が不十分だとして反対した。同法の成立後、改憲原案そのものの提出・審査は
2007/05/16(水) 23:15:19 | S氏の時事問題

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。