嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
たのしい京阪電車・石山坂本線(笑)





 皆さん、こんにちは。
 
 突然ですが、大津市内を走る京阪電車・石山坂本線がちょっと面白いことになっていました。
 なんと今、『けいおん!』『まんが日本昔ばなし』などのアニメのキャラやシーンなどが描かれた電車が走っている。
 そんな話を聞き、『京都妖怪探訪』シリーズの大津編の取材と写真撮影等のついでに、その電車にも乗ってきました。


 京阪電車・石山坂本線とは、大津市内の坂本~浜大津~石山寺とほぼ縦断する私鉄です。
 大津市のほぼ中心部にある浜大津駅で、京都・大阪方面に通じる京阪電車・京津線に乗り換えられます。
 線路には自動車道内を走っているところもありまして、つまり路面電車となっている部分もあることもあって、二両編成になっているのも特徴です。
 『京都妖怪探訪』シリーズでは、三井寺などの大津市内の霊場魔所にも足を延ばしているため、実は私も時々使っています。


 まずは、今年(2012年)12月末頃までの期間限定ということで、12月3日に公開予定されている人気アニメ『けいおん!』の劇場版の宣伝もかねた、アニメ『けいおん!』の特別乗車券が発売されているというので、浜大津まで買いに行ってきました。
 これが、その特別乗車券の表紙部分です。






 これひとつの値段が、3000円です。
 表紙を開けてみますと、以下のようになっています。






 『けいおん!』の主な登場人物たちの紙人形5体と、もうひとつ彼女たち5人がそろっている円形の紙一枚があります。
 実はこの6枚が、それぞれ乗車券になっているのです。
 次のように、取り外して使うことができます。






 これ一枚で、京阪電車の石山坂本線(坂本~浜大津~石山寺)及び、京津線(浜大津~御陵)が一日乗り降りし放題の切符として使えます。
 ちなみに、石山坂本線・京津線の一日乗り降りし放題の切符は「湖都古都・1day大津きっぷ」といい、その通常バージョンは以下のようなものです。






 これは、一枚500円です。
 『けいおん!』の特別乗車券は、それが6枚1セットになっているから、合計で3000円というわけです。

 『けいおん!』劇場版公開の宣伝もかねて、『けいおん!』の列車も走っているという話でしたので、それにも乗ってみることにします。


 以下が件の列車です。
























 内部も撮影しました。





















 こんなもんを撮っているとは、やはり私もヲタクだな(笑)。
 確か、このアニメの舞台(のモデル)となった学校が滋賀県豊郷町にあるそうですが、さすがに豊郷町までは続いていません。
 ちなみに同じ車内には、私の他にも電車の写真を撮っている人が何人か居ました。多分、私と同類の皆さんでしょう(笑)。



 この他にも、『まんが日本昔ばなし』の列車も。









 なんと、現在TBS系で放映中の『ガンダムAGE』の列車まで走っていました。






 他にも『機関車トーマス』の列車も走っているそうです。
 京阪電車もずいぶんとやわらかくなったものだと思いました(笑)。


 アニメ以外では、こんな列車も。









 ところで、せっかく京阪電車京津線・石山坂本線の乗り放題切符を手に入れたので、その周辺の霊場魔所や紅葉名所なども、いろいろと回ってきました。
 今後は『京都妖怪探訪』シリーズ等で紹介したいと思います。


 それでは、今回はここまで。
 また次回!




京阪電気鉄道株式会社のHP
http://www.keihan.co.jp/




京阪電車・大津線のHP
http://www.keihan-o2.com/





*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm




ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー


2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道の旅 - ジャンル:旅行











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。