嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都妖怪探訪(144):大津祭と天孫神社




今回から何回かは、京都市に隣接する滋賀県大津市で行われた大津祭をとりあげます。

 大津祭とは、毎年「体育の日」の辺りに行われる天孫神社のお祭りで、滋賀県無形民俗文化財にも指定されています。
 このお祭りの特徴は2つ。
 ひとつは、京都の祇園祭みたいに、故事や伝承などをモチーフに作られた曳山(ひきやま)の巡行が、お囃子付きで行われること。
 もうひとつは、それぞれの曳山でからくり仕掛けが利用された面白い演出が行われることです。
 この祭りの起源については不明確なようですが、古い資料によればその起源は江戸時代のはじめ頃だそうです。
 それによれば、「鍛冶屋町の塩売(塩屋)治兵衛なる人物が、狸の面を被って踊った」というのが始まりで、その後からくり付きの曳山が取り入れられたそうです。

 『京都妖怪探訪』シリーズにとりあげたのは、大津祭で登場する曳山の中に、妖怪や神話などをモチーフにしたものがいくつかあるからです。
 
 今回はまず、天孫神社を訪れてみます。


 JR琵琶湖線・大津駅とその近辺。









 大津駅前からのびている中央大通りを、琵琶湖岸(北向き)に向かって進んでいきます。






 大津地方裁判所前を通過します。






 最初の大きな交差点「京町三丁目」を右折。つまり東側へ。






 天孫神社の入り口が見えてきました。






 ここは桜の名所のひとつでもあるそうです。
 延暦年間(782年~806年)の創建と伝えられますから、かなり歴史の古い神社です。
 祭神は、次の4名。

 彦火火出見尊(ひこほほでのみこと)。「海幸彦・山幸彦」伝説に登場する山幸彦であり、神武天皇の祖父にあたる人物。
 大己貴命(おおなむちのみこと)。地主神社などに祀られている大国主命(おおくにぬしのみこと)。
 国常立尊(くにのとこたちのみこと)。日本神話で天地創造、国土形成の際に登場した根源の神様です。
 仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)。神功皇后の夫で、応神天皇の父とされますが、住吉の神様に逆らって変死を遂げたという奇怪な伝説もあります。

 解説はそれくらいにして、境内の中に入っていきましょう。






 舞殿です。






 境内を少し回ってみます。












 そして本殿です。






 こじんまりとした、普段は静かな神社のようです。
 礼儀として、手を合わせて拝んでいきます。


 今回はここまでにします。
 次回からは、大津祭の曳山を紹介していきます。

 


天孫神社の周辺地図はこちら



天孫神社のホームページ
http://www.tensonjinja.jp/



大津祭・曳山連盟のホームページ
http://www.otsu-matsuri.jp/home/




*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm




ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー


2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報 - ジャンル:地域情報











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。