嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都妖怪探訪(136):貴船・連理の大杉と思ひ川




 貴船編第6話です。
 前回の結社(ゆいのやしろ)から奥宮に向かいますが、奥宮に行く前にとりあえげたいスポットがありましたので、今回記事にします。

 ひとつは、「相生(あいおい)の大杉」。
 もうひとつは「思ひ川」です。
 どちらも、恋愛や縁結びに関係のあるスポットです。


 結社のところからさらに山奥、貴船川の上流へと向かいます。









 貴船神社・奥宮へ続く参道の入り口が見えてきました。

 



 奥宮に入る前に少し気になるスポットを見つけたので、そこにも寄ります。

 まずは、奥宮参道入り口の手前にある「相生の大杉」という大木です。
 その奥に、何やらお社もあります。





 
 奥にある社は、貴船神社の2つの末社です。
 ひとつは、大国主命(おおくにぬしのみこと)を祀る「私市社(さきいちしゃ)」。
 もうひとつは、少彦名命(すくなひこなのみこと)を祀る「林田社(はやしだしゃ)」です。

 



 日本神話に詳しい方ならすぐにおわかりでしょうが、この2人の神様は、国造りを行った名コンビとして知られています。
 少彦名命は、医薬や酒造の神として知られていますが、大国主命の方はシリーズ第24回の清水寺・地主神社で祀られているように、縁結びの神様としても有名です。

 ここでご神木にもなっている「相生の大杉」は、樹齢千年を越え、しかもひとつの根から二本の杉が生えているという非常に珍しい杉です。
 以下の3枚続きの写真右側の大杉が「相生の大杉」です。









 「相生(あいおい)」は「相老(あいおい)」にも通じ、「夫婦共に末長く生きる」という意味にもなります。
 
 次回でとりあげる奥宮や、京都市内にある下鴨神社境内にもこうした不思議な樹が生えていて、縁結びの神様として崇められ、親しまれています。


 相生の大杉を越えると、貴船神社・奥宮(おくのみや)の参道入り口です。





 その鳥居のところに小川が流れ、小さな橋がかかっています。

 この小さな川は「思ひ川」と呼ばれているそうです。





 天喜3(1055)年に水害により現在の本宮へ移転するまで、現在の奥宮が貴船神社の本社だったそうです。
 この川は、本社へ参詣する前に手を洗い、口をすすいで身を清める、禊ぎ・物忌みの川だったのです。
 それが、縁結びや恋愛祈願などで訪れる人が昔から多かったこともあったのでしょうか。
 元は物忌みの川だった「おものいみ川」が、いつの頃からか「思ひ川」と呼ばれるようになったという話です。


 今回、貴船神社・奥宮の手前にある2つの恋愛・縁結び関連スポットをとりあげました。

 しかし……。

 光あれば影あり。
 何事も表があれば、必ず裏があるものです。
 そして、「縁結び」があれば、「縁切り」もあるのです。
 本シリーズでも、しばしばそういうスポットを紹介してきました。
 縁結びの聖地・パワースポットが、同時に縁切りの魔所であったりとか。
 第4回の「鉄輪の井」と「命婦稲荷」。
 第5回第23回の「安井金比羅」。
 第24回の「清水寺・地主神社」と「おかげ明神」。そして、第26回の「夜叉神堂」(妖怪研究で有名な小松和彦氏によれば、これがかつての「縁切夜叉」だそうです)。
 ……などなど。

 そして「縁切り」祈願の究極形といえば、相手を自分からだけではなく、この世から絶縁させてしまうこと……つまり、相手を死に至らしめる祈願……「呪殺」です。

 縁結びの神様としても名高い貴船神社もその例外ではなく、古くからこうした「闇」の部分を抱えてきたのです。
 あの有名な「丑の刻参り」。
 一般には、「丑の刻(夜中の2~3時頃)、神社の木に呪いの藁人形を釘で打ち付けて特定の相手を呪うまじない」として知られていますが、その発祥地がここ貴船の奥宮だったのです。
 そして今でも、わずかですがその痕跡が残されていました。

 次回から2回に渡って、「貴船神社・奥宮」をとりあげますが、こうした貴船の闇の部分というのもとりあげる記事にしたいと思います。


 それでは、今回はここまで。
 続きはまた次回に。





貴船神社のホームページ
http://kibune.jp/jinja/




*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm




ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。