FC2ブログ
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ネット工作員は数字の魔術師……そして、張り子の虎(笑)・その1
 いわゆるネット右翼(左翼)など、ネット上にて様々な工作を行う人たちがいるという。
 例えば、自分たちに都合の悪い主張をする個人や団体のサイトに、誹謗中傷やコメントスクラムなどの攻撃を仕掛けたり、ランキングなどで自分たちに都合のいい主張をするサイトを上位に押し上げるように工作を行ったり。
 その手口は様々であるが、要するにネット上の世論を自分たちの都合のいいように誘導するために工作を行う人たちがいるらしい。
 最近になっても、明らかに不自然というか、どうも人為的かつ組織的な工作が行われたとしか思えないようなネット世論の動きが、いくつも見られた。


 今後何回かに渡って、そのような事例をいくつか紹介していく。
 さらに、「実は少数であるにも関わらず、ネット上で多数派であるかのように装う」などという工作をしなければならない……つまり彼らは、外から見えるほど大きな存在ではない、要するに「張り子の虎」ではないかということも、今後指摘しておきたい。


ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー  ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー
2ちゃんねる から子供たちを守ろう!

 いわゆる「ネット右翼(左翼)」など、ネット上で様々な世論工作を行う人たち々がいる。
 「自分の気にくわないサイトに誹謗中傷やコメントスクラムなどの攻撃を仕掛ける」「自分たちに都合のいい主張をするサイトが、ランキングの上位にくるように工作する」など。要するに、自分たちに不都合な言論を封殺し、自分たちに都合いい意見がネット上で多数派になるように工作を行う人たちのことである。
 そのような人たち(中には「プロ」とか呼ばれる人たちも含む)の存在は、長い間噂されてきた。

 しかしその一方で、「それは嘘だ」「そんなことあるわけない」「批判を受けた方の被害妄想だ」とか「自分のうかつさで大量の批判を受けた人が、ネットウヨなどという架空の存在を創りあげることによって、責任転嫁をしているだけだ」など、彼らの存在を信じない意見も少なくなかった。確かに、彼らと直接関わったことない一般の人からすれば、信じられないのも無理はないだろう。何故なら、もしこれが事実ならば……さらに、そんなことで報酬を得ている人たちがいるとすれば、あまりにも馬鹿馬鹿しすぎるからだ。
 だが、そのあまりにも馬鹿馬鹿しすぎることが、どうやら本当のことのようなのだ。というよりも、彼らの存在なしには考えられないようなことが、ネット上でしばしば起こっている。

 昨年のちょうど今頃あたりに某悪質サイトの関係者たちから、「反日」「ネットサヨク」の認定と攻撃を弊サイトが受けて以来、私自身もネット上の様々な悪質行為の問題に関わるようになった。そして、悪質行為の事例や現場を何度も目にしてきた。その中には、「不特定多数のユーザーによって、自然発生的に起こされた」とは思えないようなケース、「誰かが人為的・かつ組織的に煽った」としか思えないようなケースが、いくつもあった。
 その中で私は、「(それで報酬を得ているかどうかはともかく)ネット上での世論操作・誘導のための活動をする人たちは、確かに存在する」という確信を深めていくに至った。

 そして最近でも、一般ユーザーだけの仕業とは思えないようなケースを、いくつか目にした。以下、その事例を手口(注:ただし推測したものも含む)とともに紹介していきたい。

(1)クリックスクラムⅠ : 組織的にサイトのランキングを操作
(2)クリックスクラムⅡ : ネット上の世論調査の結果を人為的に操作
(3)ネガティブ・キャンペーン : 特定の個人・団体を組織的かつ執拗に攻撃




(1)クリックスクラムⅠ : 組織的にサイトのランキングを操作

 今回は、「クッリク・スクラム」と呼ばれる手口のうち、組織的に行われた(と思われる)事例を紹介する。

 弊サイトも属しているFC2ブログのランキングで、最近異変が起きた。
 FC2ブログの政治部門ランキングにて、長らく美爾衣さんの『カナダde日本語』がトップを占めていたのだが、ある時期から右翼的(?)と思われる『TIME-GOD Z[ZARAZ]』というブログが『カナダde日本語』を抜いてトップに躍り出た。
 「なんと、そんなに凄いブログなのか!?」と、最初は驚いた。
 しかしちょっと考えてみれば、何か変だ。どんなに面白いサイトだったとしても、ぽっと出のサイトが、数多くあるランキング参加サイトをいきなり抜いてトップに躍り出る、などというのは不自然である。普通は少しずつランキング順位が上がっていくものだと思うのだが。
 「これは何か、組織的な投票が行われているのではないか?」と、疑問に思っていたのだが……。どんなサイトだろうか、とFC2ランキングからアクセスしようと思ったのだが、以下のブログ紹介文を読んでやめた。

世界は死んだ。瓦礫の中から立上がるZ帝國 波間から出現するZ世界帝國、超古代帝國の再現。



 あまりにもこゆくて、あやしすぎると思ったので、アクセスする勇気がとてもじゃないけど起こらなかったのだ。
 だがその後、『TIME-GOD Z[ZARAZ]』というサイトを主催しているのが、「ザイン」なる怪しげなカルト(あるいはカルトまがい集団?)の代表者・小島露観なる人物だという。
 この団体と人物……実は、悪質な詐欺などの犯罪的行為をいくつも重ねてきたというとんでもない存在なのだそうだ。

 詳細は、以下の記事を参照のこと。


FC2政治部門でトップだったのは『全裸セックス教団ザイン』の主だった!_l ̄l○(『カナダde日本語』2007年4月13日記事)
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-451.html


 ちなみに私も、この小島露観なる人物について『トンデモ本の世界』(と学会編、洋泉社、1995年)で知っていた。
 『トンデモ本の世界』(と学会編、洋泉社、1995年)の主要な執筆者の一人で「と学会」代表でもある作家の山本弘氏によれば、小島露観(万帥露観)という人物は、以下のような人らしい(以下、『トンデモ本の世界』より一部引用)。

 彼らは現在の民主主義国家日本を打倒し、ムー大陸の帝政の復活を目論む組織「古代帝国軍」──そして彼らの総統であり、いずれ日本を支配する皇帝となると宣言している人物こそ、霊能力者・万帥露観なのだ。
 アニメの設定ではない。これは現実なのだ。



 なんか、これだけで頭がくらくらしてくる……。
 この他にも……

・「霊鎧」ができるというTシャツ「ダキ・シャツ」など怪しげなグッズを販売。
・「肉体がターミネーターのようになり、目の奥から“視殺光線”が出せる」という、「人間殺人機械ギギ魔法陣」なる参加費有料の儀式も行う。
・「1986年のハレー彗星接近時には、地球に跋扈した悪魔を壊滅させ、さらに彼らを背後で操る“太陽系7大悪魔”と戦った」と主張。
・「1994年6月24日に、万帥露観総統が破壊の神とコンタクトして地震を起こし、その混乱に乗じて東京を占拠、一気に日本を乗っ取る」と宣言。 

などなど……。
 「この小島露観なる人物は、SF小説やアニメの見すぎでおかしくなったただの誇大妄想狂ではないか?」
 私からすればそのようにしか思えないのだが、このような人物でもたくさんの支持者がいて、株式会社まで作って、様々なメディアでも発言してきたのだからなあ……。

 さて、話をランキング・サイトに戻そう。
このような人物が主催するサイトのランキング投票をする人たちって、どんな人たちだろうか?
 失礼だが、多数の一般ユーザーがこのようなサイトを支持しているとは、とてもじゃないけど思えない。となると、やはり「団体関係者やシンパ等による組織票がほとんど」と見るのが自然と思われる。

 なお、本文を書いている時点では『カナダde日本語』がトップに戻っているようだが。
 それにしても、このような怪しげな反社会的集団の代表が運営するサイトが(おそらくは組織票で)ランキング上位になってしまう、今のネット社会のあり方って、何なのだろうか? これで本当にいいのだろうか?
 私などはそう疑問に思ってしまうのだが……。
 というか、ザインなる団体といい、6500人の日本人女性を失踪させた某壷売りカルトといい、また地下鉄サリン事件で捕まる前までのオウム真理教といい、日本社会はどうも反社会的カルト集団に対して甘すぎるのではないか?

美しい国、逆から読んだら憎いし苦痛、統一協会、娘6500人行方不明カルトに祝電じゃ、憎いし 苦痛じゃんバナー  美しい国、逆から読んだら憎いし苦痛、統一協会、娘6500人行方不明カルトに祝電じゃ、憎いし 苦痛じゃんバナー

 さて、今回のような組織票による「クリックスクラム」だけでなく、何らかの特殊な手段を用いて、一人や少人数で多数を装って大量の投票を行い、「アンケート」「世論調査」「サイト・ランキング」などの数値を操作するという手口が使われた(あるいは、使われた疑いがある、使われたとしか思えない)というケースも見られた。
  
 次回は、そういったケースを紹介する。

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー  ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー
2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト




テーマ:「ネット右翼」 - ジャンル:政治・経済

komichi@管理人
>kaetzchenさん

 連休中だというのに、仕事仕事。
 というわけで、レス返しが遅くなりました。すみません。


>面白い話で,定期購読者は必ず一定量いるわけです.良いにつけ悪いにつけ.

 まあ、それはこちらも同じですね。
 記事更新を停滞させていても、定期購読者はおるようです。
 もっとも……「定期購読者」というよりも、「ヲチする人々」と言った方が正確かもしれません、私の場合は。あまりありがたくない話です(苦笑)。
 どうでもいいけど、こんな影響力もないショボいサイトをヲチするのに、何を必死になっているんでしょうね?

 なお、ネット上の「工作員」や「悪質行為者」などには、ヲタクや元ヲタクが多いようですね。
 かくいう私自身も、ちょっとばかしヲタクのケがあるからわかりますよ。「同類の臭いを感じる」というヤツでしょうか?(笑)
 二代目『反日ブログ監視所』にあった「反日日本人は逝ってよし」バナー(注:のちに「反省なきナットサヨクは逝ってよし」に変更)などは、『あずまんが大王』という人気漫画・アニメのEDの1シーンをパクったものですよ、あれ。
 ああ、そうそう。あそこの関係者のサイトを見ても、しばしばヲタク趣味の特徴が見られますね(笑)。

 ちなみに、何故「工作員」や「悪質行為者」にヲタクが多いかというと……その理由は、以下を参照。


http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=126168

http://www.asyura2.com/0411/idletalk12/msg/740.html


 おそらく、ここに書かれていることが、ネット右翼現象の実態ではないか、と考えております。
2007/05/06(日) 23:05:32 | URL | [ 編集]
kaetzchen
面白い話で,定期購読者は必ず一定量いるわけです.良いにつけ悪いにつけ.

ところが,昨晩なんか少女マンガの話を書いただけで,ランキングが急上昇.こいつら,何考えてるの? ってな感覚に襲われます.

きっと,みんな「少女マンガヲタク」なのでしょうと,勝手に推測することにします(笑)
2007/05/02(水) 09:26:55 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
参院選まで「読む前に押す?作戦」継続中! 「うむっ」って感じでクリックお願いします人気ブログランキング  ※より多くの人に伝えるために・・・【緊急】沖縄・辺野古での米軍普天間飛行場移設先の事前調査に関する
2007/05/18(金) 11:05:44 | らんきーブログ
仕事で日常的に図形表示を使っていたものから見ると、ヘンリー・オーツさんのマトリク
■ストレス解消 / テレビ何を隠そう・・時代劇が大好きなんです!^^今日からまた新しい時代劇が始まった。TV朝日「八州廻り桑山十兵衛」好きな時代劇は・・・あ~書ききれないのでやめておきます。^^;
2007/05/03(木) 10:16:59 | わんばらんす
毎月最後の日はブログのアクセス情報を紹介するのだが、今月の当ブログにはいろいろなことがあって、とても一日の記事では紹介しきれない。そこで、何回かに分けてご紹介したいと思う。まず、このところカマヤン、美
2007/05/03(木) 08:38:54 | きまぐれな日々
  前エントリーでも話したように、高橋史郎氏が教育再生委員会で強調したふるさとの「子守歌」について、気になることがありましたので、知り合いの作曲家に尋ねてみました。  日本の伝統的な子守歌というのは悲しそ
2007/05/02(水) 17:53:04 | とむ丸の夢
 今日は昔話.花の名前はディモルフォセカです. 高校1年のGWは引っ越しで忙殺された.さだまさしの「転宅」宜しく,親父が負けて家を変わることになったのだ.私も入学したばかりの都会の進学高から,田舎の進学高へと変わることになった.今でも覚えている.余りにも
2007/05/02(水) 09:30:10 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
        今日はまた 柊あおいさんの『STEP』 (但し,フェアベル版) を取り上げようと思います.この作品は 『銀色のハーモニー』 を描き上げたあと,出産・育児休暇に入って,子育てに忙殺されながら描かれたマンガです.    # 最後の「サイレント・ベル」
2007/05/02(水) 09:29:13 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
昨日の記事を『博士の独り言』と『博士の独り言 闘魂編』にTBしたんだけど、見事はじかれちゃった。おまけに、私が記事を書いた昨日の晩は、『博士の独り言 闘魂編』には、コメントやTBを残せるようになっていたんだけ
2007/05/02(水) 09:27:58 | カナダde日本語
不安定生活限界だ フリーターら「生存メーデー」叫ぶ 生きさせろ――。フリーター、日雇い派遣労働者、障害者、ホームレス、生活保護の受給者など、低収入で不安定な生き方を強いられているさまざまな立場の人々が一緒に歩き、踊り、叫んだ。30日に東京で開かれた「自由
2007/05/01(火) 22:59:12 | S氏の時事問題
ブログ右上に置いてあるアクセス数の上にマウスを置いてみて欲しい。ここ一週間のアクセス数が出ると思う。お陰さまで、だいたい1日2000アクセス前後でこのところ推移していたのだが、今日は朝から異様に多い。今現在
2007/05/01(火) 22:36:01 | らんきーブログ

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.