嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都妖怪探訪(116):雨の東寺(1)・猫の七曲りから南大門




 今回は、平成6(1994)年に世界遺産にも登録された京都市内の霊的スポットのひとつ、東寺をとりあげます。
 宗教法人としての公称は「教王護国寺」、詳名は「金光明四天王教王護国寺秘密伝法院」というらしいですが、長いので本記事では「東寺」とします。
 
 平安京が出来た時、その正門にあたる正門にあたる羅城門の東西に東寺と西寺という2つの寺院が建立されました。東寺の建立年は延暦15(796年)年とされています。
 この東寺と西寺は、それぞれ平安京の左京とを右京を守る王城鎮護の寺、東国と西国とを守る国家鎮護の寺として。つまり、都と国家を霊的に守護するために建てられたことは有名です。
 そのうち西寺は現存しませんが、東寺(特に五重の塔)は、現在でも京都を象徴する建物のひとつとして有名です。京都出身者の中には、電車の中から東寺・五重の塔を見て「ああ、京都に帰ってきたのだなあ」と思う人も多いようです。それほど京都出身者には馴染みの深い建造物・歴史遺産です。

 弘仁14年(823年)、嵯峨天皇から東寺を任された真言宗の宗祖・弘法大師空海は、書道やあらゆる学問に通じた万能の大天才とも知られます。また、「雨乞いの祈祷をした」とか、「龍王を召還した」とか、「数多くの温泉・貯水池・水脈や鉱脈などを開いた」とか、「何百年も……今でも高野山の奥の院で生きている」など、数多くの不思議な伝説も語られている人物でもあります。

 今まで京都市内の霊的スポットや、妖怪や異能者の伝説の残る地などをとりあげてきた本シリーズでも、ここ東寺を外すわけにもいかないと考え、今回ようやくとりあげるに至りました。


 まずは、東寺へのアクセスから。
 東寺ホームページの地図・アクセスの項を見ますと、いろいろなアクセス方法が紹介されています。
 それによると最寄りの公共交通機関は、京都市営バスの「東寺東門前」「西寺西門前」「東寺南門前」「九条大宮」と、4つの停留所があります。

 今回は、「東寺東門前」で降りてスタートします。





 大宮通りにある「東寺東門前」停留所(南行き)の付近から見た、東寺・五重の塔です。

 東門から入る前にまず、大宮通りを南へと進み、東寺の南東角付近を目指します。
 この東寺・南東角は、「猫の七曲がり」と呼ばれる魔所だったそうです。











 「猫の七曲がり」の呼び名の由来には「昔、猫の捨て場があった」とか、「土壁の東南角に(四神のうちの)白虎(びゃっこ)の像があって、それが猫のように見えた」などの説があるそうです。
 この前を通ると不吉なことが起こると言われており、今でも京都人の間では「花嫁を乗せた婚礼の車はこの場所や、九条通りのこの付近を避ける」という暗黙の了解があるそうです。
 しかし謎です。
 確か白虎とは、四神のうち西方を守護する神獣だったはず。それが何故、東南角に?
 守護神であるはずの白虎を置いた場所が何故、不吉な場所になってしまったのか?
 さらにそれが、何故「花嫁はこの前を横切ってはいけない」などということになったのか?
 なんと言いますか……謎というか、突っ込みどころがいろいろとあるのですが、私にはわかりませんし、その理由を調べるすべがありません。
 その理由とか由来をご存知の方は、こちらにまでご一報を。

 
 「猫の七曲がり」から九条通りを西へと進み、東寺の南大門を目指します。











 その日はご覧の通り雨でしたが、参拝者や修学旅行生などの姿もちらほらと見られました。

 南大門から東寺境内に入りますが、ここで一旦記事を切ります。
 続きはまた次回。




*東寺(教王護国寺)への周辺地図及びアクセスはこちらをご覧ください。


*東寺(教王護国寺)のホームページはこちら




*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm




ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー


2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:歴史&スピリチュアル・ミステリー - ジャンル:











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。