嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都妖怪探訪(80):特別編その3・2011年霊場魔所への初詣(その3)




 どうも。
 多忙で、また記事更新の時期を空けてしまいましたが、再開です。
 前々回前回の続きで、今年の初詣の続きです。
 小野篁、崇徳上皇、安倍晴明と、京都の闇の世界を語る上で欠かせない人物ゆかりの寺社仏閣を回ってきました。
 その続きに今回も、京都の闇の歴史を上で欠かせない人物の一人……学問の神様としても有名な怨霊神である、菅原道真ゆかりの地に詣でることにしました。

 シリーズ第38回でも訪れました、菅原院天満宮を再訪したのです。


 京都市の中央を縦断する大通り・烏丸通り沿い。
 烏丸丸太町のすぐ近くにある、菅原院天満宮の入り口。






 以前訪れた時には、工事中だった本殿が、きれいに修復されていました。






 まずは礼儀として、参拝をします。

 本殿を守る2体の狛犬(いや、唐獅子か?)は、なかなかいい面構えをしています。









 参拝を済ませて、この神社を後にします。
 ところで、烏丸通りを挟んだ反対側から見た神社の光景です。






 後で気づいたのですが、建物の2階にこんな牛の絵馬が飾ってあったとは。

 菅原院天満宮についての詳細は、シリーズ第38回をご覧ください。



 今回はもうひとつ、今回訪れたい場所がありました。
 その場所を目指すべく、菅原院天満宮の場所から、そのまま歩いて北上します。






 シリーズ第55回でもとりあげました、護王神社です。
 実を言いますと、正月の足を痛めてしまい、その時はまだ少し痛みが残り、びっこをひいて歩いているという状態だったのです。
 そこで、「厄除け・災難除け」や、「足腰の健康・病気怪我回復」にご利益があるとされるこの神社にも参拝したのです。
 この神社についての詳細は、シリーズ第55回をご覧ください。

 入り口から入ってすぐの舞殿。






 2体の狛犬ならぬ、狛イノシシによって守られた真ん中に、今年の干支である大きなうさぎの絵馬が。
 イノシシも干支のひとつだと思えば、面白い光景です。

 本殿前。
 横には供え物として酒瓶が並べられ、参拝者の姿も見られます。






 私もまずは本殿にお参り。
 足の痛みが治りますように。

 ご神木・招魂木(おがたまのき)の下にある願かけ猪の石像と、その周りの座立亥串(くらたていぐし)という、願かけの串。






 ここにもお参り。
 足の痛みが治りますように。

 イノシシ神社だけあって、手水舎にもイノシシ。









 ところで、黒い方のイノシシは「幸運の霊猪」であり、鼻をさわると幸運がつく、再びここに来ることができる、とも言われています。

 ご利益を願って、私も触ってみます。





 
 さて、初詣も終わったし、これで気持ちを新たに新年もがんばろう!
 ……っと、後で思い出したのですが、やはり京都の闇の歴史を語る上で重要な人物の一人……早良親王を忘れていました。
 うーん。
 私も妖怪マニアとしてまだまだ。
 早良親王ゆかりの地は、また別の機会にでも訪れるとしましょう。


 それでは、今回はここまで。
 また!



 

*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm





ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー



2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:歴史&スピリチュアル・ミステリー - ジャンル:

小路@管理人
>塗り仏ひがしさん


 どうも!
 コメントありがとうございます。


> 京都市だけでも沢山有ります・・・
> 文子天満宮
> 錦天満宮
> 菅原院天満宮
> 霊光殿天満宮

 いやはや、実際に『京都妖怪探訪』という企画をはじめ、京都市内の神社仏閣や怪しいスポット巡りなどをしていて、私も本当に驚かされましたよ。
 菅原道真を祀った神社だけでも、あまりにもたくさんで……。
 他の神社の摂社、末社も含むと、一体いくつあるのか……見当もつきません。
 まるで、稲荷社みたいですね。

 でも、それだけにこちらとしてはいいですね。
 面白いし、何よりネタには困らずにすみそうですから(笑)。


 
> 等々、その過程でバリエーションが増殖してご利益バージョンアップしていきますが
> 元々は火雷天神ですねw
> 徳川家康と合祀してる社もあるぐらいw


 同じ神様(怨霊含む)でも、時代が流れるにつれて、様々なバージョンアップがあるのも面白いですね。
 さらに、神とされた道真の神威にあやかろうとする人々(徳川家康とか、平将門とか)も出てくるのも面白いですね。
 何よりも、自分たちを脅かす恐ろしい存在(スサノオなどの疫神や、道真や崇徳院などの大怨霊など)でさえ、自分たちの都合のよいように利用しようとして崇め奉るというところに、日本人のしたたかさが見えて、非常に面白いと思います。



> 「願えば必ず叶えるが、三年後にお迎えに来ま~す!」てなトコロもあるそう?www


 なんと!
 そんな場所もあったのですか!?
 それは初耳。しかしそこは、是非とも探し出して『妖怪探訪』シリーズでとりあげたいものです。
 しかし、さすがにそこで願い事をするのは怖いっすね。
 よほどのことがない限りは……。


 それでは、また!
2011/01/21(金) 13:02:38 | URL | [ 編集]
塗仏ひがし
京都市だけでも沢山有ります・・・
文子天満宮
錦天満宮
菅原院天満宮
霊光殿天満宮
等々、その過程でバリエーションが増殖してご利益バージョンアップしていきますが
元々は火雷天神ですねw
徳川家康と合祀してる社もあるぐらいw
「願えば必ず叶えるが、三年後にお迎えに来ま~す!」てなトコロもあるそう?www

2011/01/19(水) 23:44:39 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。