嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都妖怪探訪(79):特別編その2・2011年霊場魔所への初詣(その2)




 どうも、本日はもう一本記事を書きます。
 前回の続きで、京都の霊場・魔所をめぐる初詣です。
 小野篁ゆかりの地をめぐったその次も、やはり「京都の魔界」を語る上での重要なキーパーソンゆかりの地をめぐることに。
 
 ということで今回は、“日本の大魔王”崇徳上皇と、“日本史上最大の陰陽師”安倍晴明の地に詣でることにします。


 シリーズ第6回にもとりあげた白峯神宮へ。






 境内には、雪が降って溶けた後の水たまりが見られます。

 舞殿の様子。






 正月だけあって、たくさんのお供え物が並べられています。
 
 まずは本殿にきちんと参拝をします。
 その後、本殿を少し散策。

 境内に大きなご神木が立っています。






 このご神木の下をよくご覧ください。
 「崇徳天皇欽歓之碑」という石碑と、伴緒社(とものおしゃ)という摂社が立っています。
 








 この伴緒社は、1156年の保元の乱で、崇徳上皇側について戦った源為義・為朝親子を祀った社です。






 源為朝は、弓などの武術の名手としても知られ、弓・武術の神様としても祀られています。

 なお、西谷史の小説版『女神転生』シリーズでは、崇徳上皇と藤原頼長の怨霊と共に復活し、最後には日本を壊滅させてしまうというエピソードが、私の印象に残っています(っと、こんな話は一部のマニア以外にはわからないでしょうね)。

 白峯神宮の境内には、「オガタマノキ」というご神木もあります。
その名の由来は、「招霊(おきたま)」という言葉からだという説もあります。
 このご神木は大きすぎて、一枚の写真では収まらないので、以下に3枚の写真で撮影しました。










 神社などによく植えられる木で、白峯神宮にあるこの木が、京都市内で最大だそうです。


 ところで最近、この白峯神宮は「戦争を行う時に、崇徳天皇の霊に祟られたり、邪魔されないようにするために、明治天皇の命によって創建された」という話を聞きました。
 つまり、この神社は「帝国主義推進のために創建された神社」だったのです!
 そんな話を聞けば、この神社に対する見方もちょっと変わってきます……。



 その次は、白峯神宮のすぐ近く。
 堀川御池の交差点を少し下った場所にある、陰陽師・安倍晴明ゆかりのあの場所。





 
 もう何度も訪れた場所ですが、晴明神社です。
 もう正月3ヶ日も過ぎた、平日の昼間だったのですが、さすがかの有名な安倍晴明ゆかりの神社。結構たくさんの参拝者や観光客の姿が見られました。
 
 親子連れの姿も。






 境内の中。
 本殿前に何やら特別に台が設けられています。
 こういうことろは、やはり正月だからでしょうか。





 近寄って見たら、お賽銭を入れるための箱でした。
 つまり、正月期間中は多くの参拝者が訪れ、いつもの賽銭箱に収まりきらないほど大量のお賽銭が入れられるから……でしょうね。
 さすがは、安倍晴明のネームバリューにはすごいものがありますね。

 シリーズ第63回でも紹介しました安倍晴明が念力により湧出させたという伝説の残る井戸、「晴明井」です。





 毎年、「恵方」と呼ばれる縁起のいい方向(その歳の福を司る「歳徳神」という神様の居る方向)に口が向けられるそうです。
 今年の「恵方」は……「酉」と「申」の間、つまり「西南西」ですね。


 
 さて、京都の「異界」と「魔界」を語る上で欠かせないキーパーソンたちのうち、これで小野篁、崇徳院、安倍晴明のゆかりの寺社に詣でました。
 あともう一人、京都の闇の世界を語る上で欠かせない人物。その人物に関連のある場所にも詣でることにしました。


 さて、今回は長くなりましたので、また次回に。 




*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm





ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー



2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:歴史&スピリチュアル・ミステリー - ジャンル:











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。