嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
東福寺の紅葉(その2)



 前回の続きで、紅葉の名所として有名な東福寺を訪れた時の記事です。


 「日下門」から、東福寺の境内に入ります。





 やはり境内にも多くの参拝者や観光客の姿が。
 
 さらに、進んで有名な「通天橋」の入り口へ。









 通路から眺めた光景です。















 「通天橋」へ。
 ここから見る谷間に広がる紅葉の光景は、テレビや雑誌などでも何度も取り上げられたという絶景だそうです。
 それだけあって、カメラを手にした人たちでいっぱいです。
 もちろん私もそのうちの一人。


 そして、「通天橋」の上から眺めた光景です。


















 あちらに見えるのは、前回通ってした「臥雲橋」のようです。
 おーい。
 あっちの皆さんも写真撮ってますかー?





 
 「通天橋」を渡りきった辺りです。






 登り階段があります。
 何かありそうなので行ってみます。









 階段を上りきったところに庭園とお堂のようなものが。









 おや?
 こんなところにも紅葉が。






 庭園のもう片方には、こんな白砂のの庭が。
 何か模様が描かれている様は、思わず龍安寺の石庭を連想してしまいましたが、このチェス盤のような庭にはいかなる意味が?









 後で調べたのですが、ここにあったお堂は「開山堂」「普門院」といい、どちらも国の重要文化財だそうです。さらにこの庭は、不老不死の仙人が住むという蓬莱山水を、枯山水によって表現したものだそうです。

 道を引き返し、今度は通天橋の下の谷を目指します。





 今回はここまでにします。
 続きは次回に。




 東福寺付近の地図は以下を参照(楽天マップより)。

東福寺





*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm





ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー


要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー


2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:紅葉~♪ - ジャンル:写真











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。