嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都妖怪探訪(47):祇園祭宵山・その3



 今回も祇園・宵山の時の記事です。
 四条通りを八坂神社の門前まで歩きました。

 まずは前回の続きから。
 京都の中心部ともいうべき四条烏丸から東、そして四条東洞院通りの交差点より、四条通りをさらに東に進んでいきます。





 ここは、四条麩屋町(しじょうふやまち)の辺りです。
 歩行者天国となった四条通りは、たくさんの人々であふれかえっています。

 さらに四条通りを東へ進んで、繁華街・新京極通りと交わるあたりまできました。
 そこに、八坂神社の御旅所が見えてきます。








 祇園祭の折に神輿が渡御し、還幸まで留まる場所として知られます。
 この時は、厄除けの粽(ちまき)や御守りなどが配られていました。

 なお、その西端に冠者殿社(かんじゃでんしゃ)と云う八坂神社の小さな境外摂社があるそうです。
 そこでは、毎年10月の「えびす講」に、商売人が商売のためについた嘘を謝罪し、祓い清めてもらうための「誓文ばらい」という神事が行われるそうです。
 さらにいつしか、恋愛や色恋沙汰などの嘘も祓い清めて神様ともなっていったそうです。
 祇園祭の期間中、祇園の芸妓さん・舞妓さんはここに「無言参り」をする風習があるそうです。おそらく、そういう職業の人は、客をつなぎとめるためについた嘘を謝罪し、払い清めるために、そんなことをするのでしょうが‥‥。
 
 なんか、きれいごとだけではすまない人間社会の、泥臭い現実を知らされるような話です‥‥。


 さらに四条通りの東へ。
 四条河原町の交差点へ。





 写真は、四条河原町の南東角にある阪急百貨店です。
 よくデートなどの待ち合わせ場所としても使われてきたところですが、来月には閉店することが決まっているようです。
 長年、慣れ親しんだ光景が変わるのは名残り惜しいような気もしますが、これも時代の流れという奴でしょうか‥‥。


 さらに東へ。
 四条大橋の上から見た、鴨川の河原。






 四条大橋を超えると、八坂神社も門が見えてきました。
 ここでもすごい人だかりです。





 祇園の花見小路通り。
 祇園、といえばここでしょう。






 ようやく、八坂神社の前まで到着。





 一応、祇園祭の全日程は、31日の疫神社夏越祭(えきじんじゃなごしまつり)まで続きますが、次回は一旦、祇園祭の話題から離れることにします。


 今回は、ざっと流してきただけですが、ここまでとします。

 また次回。


 

*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm


ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー


2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。