嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都妖怪探訪(41):千本えんま堂・その2



 前回の続きで、「千本えんま堂」についての記事です。


 本堂の右奥の方にも、どこかへの通路がありましたので、そちらにも進んでいきます。








 進んだ先に開けた空間があり、そこにお堂がありました。



 このお堂には、地蔵菩薩、小野篂、そしてこの寺を開山した定覚上人の3人の像が安置されています。
 ただ、昼間ではお堂の内部も見えにくく、写真も撮りにくかったので、この時はやめておきました。
 この写真は、また夜間拝観時にでも。


 お堂のさらに先にある地蔵供養池です。











 たくさんのお地蔵さんが納められています。
 お地蔵さんにお供えし、かけるよだれかけは、お寺の販売所でも売っています。
ここで、よだれかけで思い出しました。
 西福寺(シリーズ第31回)や、同じく小野篂と関係の深い六道珍皇寺(シリーズ30回)などでも触れたように、町中に……特に京都市内に無数あるお地蔵さんの背景には悲しい歴史的背景があるのです。
 つまり、水子や幼くして亡くなった子供を供養するためのものが多いのです。

 さらに、西福寺と、六道珍皇寺で思い出しましたが、あの2つの寺院は、かつての葬送の地であったという鳥辺野の辺りにありました。
 この千本えんま堂こと引接寺がある蓮台野も、かつては葬送の地として知られていました。
 この寺が面している「千本通り」の地名も、もともとは「千本(それだけたくさん)の卒塔婆が立っていた」ということから由来しているそうです。
 引接寺の「引接」も、「引導」と同義語らしいですから、このお寺も元々は、葬送の地へと送られる死者に引導を渡す場所だったのでしょう。

 さて、多くの社会で死亡率を上げている人びと……つまり、葬られる死者で多いのが、高齢者と乳幼児です。
 特に昔は、現在のような医療技術や福祉・厚生などの制度もなかったでしょう。また貧しい家庭などでは、いわゆる「間引き」も行われていたでしょうから。
 かつての葬送の地にて、またもや「世の無常」を考えさせられました。
 

 さて、さらに奥に庭か墓地のような場所もありました。





 この塔は、「紫式部の供養塔」です。
 傍らに立っているのは、もちろん紫式部の像です。

 何故、こんなところに紫式部が? ……と思いましたが。
 これには、「至徳3(1386)年、紫式部のあの世での不遇な姿を見て成佛させようと、円阿上人の勧進により建立された」との銘があります。
 また、「紫式部は、小野篂に憧れていた」という話もありますが、果たして……。


 庭と墓地です。








 これは、「わらべちゃん」とも呼ばれる童観音です。





 比較的新しいもののようですが、平成17年に庵主さんが子供の息災・災難避けを願って建てられたそうです。

 庭園・墓地の出口付近にある鐘楼です。




 六道珍皇寺(シリーズ30回)の鐘みたいに、毎年8月の「お精霊迎え」の時に、先祖の霊を送り迎えするために使われます。


 ここまでざっと、千本えんま堂の境内を見て回りましたが。
 ただ、本尊や地蔵菩薩堂、小野篂像をみるためには、やはり夜間拝観の時に訪れた方がよさそうです。

 次回は、夜間拝観の様子について書きますので、今回はこれにて。
 

 なお、今回のおまけとして、境内で飼われていた小鳥の映像を。











*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm



「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー

国民の負担が第一?(生活が第一じゃなくて?)う~む、馬鹿者~ッ、この腐れ隷米バナー

2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都旅行 - ジャンル:旅行

小路@管理人
>非公開コメントの方へ

 ようこそ、お越しくださいました。
 コメントありがとうございます。


> そうそう!地蔵供養池には噴水があったような?

 おや? 私が行った時にはなかったような?
 やめちゃったんでしょうか? だとしたら残念。 


> 地獄のコンセプトで纏めてほしい寺ですね!

 そうですね(笑)。
 確か、「地獄を見せることによって、人びとの戒めとする」のが寺の教えのはずですから。


> 今でも、近所を建築の為、土地を掘り返すと石仏が出てくるそうです。
> 紫式部は、当時エロい?「源氏物語」を書いたので地獄に落ちたとかでした!(落ちてないと思うけど・・・)宇治もイイですね~!浮舟さんが可愛くて好きですねw

 おっ?
 何とそれは、初めて聞きましたよ!
 よくそんなお話をご存知で。
 しかし、紫式部がそれで地獄に落ちたのなら、現在の出版関係者や漫画、アニメ、パソゲーなどの製作者などにも、地獄行きになる人たちが大量に……(爆)。
 それともいっそ、そういう製作者たちの供養塔でも作るとか(笑)。
 

> 嘘つきは、閻魔様に舌を抜かれますw

 うーん。私も「今まで一度も嘘をついたことがないか?」などと問われたら……(苦笑)。


 こういうサイトでよろしければ、またお越しください。
2010/07/14(水) 05:54:28 | URL | [ 編集]
小路@管理人
>非公開コメントの方へ

 ようこそ、お越しくださいました。
 コメントありがとうございます。


> そうそう!地蔵供養池には噴水があったような?

 おや? 私が行った時にはなかったような?
 やめちゃったんでしょうか? だとしたら残念。 


> 地獄のコンセプトで纏めてほしい寺ですね!

 そうですね(笑)。
 確か、「地獄を見せることによって、人びとの戒めとする」のが寺の教えのはずですから。


> 今でも、近所を建築の為、土地を掘り返すと石仏が出てくるそうです。
> 紫式部は、当時エロい?「源氏物語」を書いたので地獄に落ちたとかでした!(落ちてないと思うけど・・・)宇治もイイですね~!浮舟さんが可愛くて好きですねw

 おっ?
 何とそれは、初めて聞きましたよ!
 よくそんなお話をご存知で。
 しかし、紫式部がそれで地獄に落ちたのなら、現在のエロ雑誌、エロ小説、エロ漫画、成人映画、AV、18禁アニメ、エロゲーなどの製作者なども、みんな地獄行きですがな(爆)。
 それともいっそ、そういう製作者たちの供養塔でも作るとか(笑)。
 

> 嘘つきは、閻魔様に舌を抜かれますw

 うーん。私も「今まで一度も嘘をついたことがないか?」などと問われたら……(苦笑)。


 こういうサイトでよろしければ、またお越しください。
2010/07/14(水) 05:52:40 | URL | [ 編集]
小路@管理人
>非公開コメントの方へ

 ようこそ、お越しくださいました。
 コメントありがとうございます。


> そうそう!地蔵供養池には噴水があったような?

 おや? 私が行った時にはなかったような?
 やめちゃったんでしょうか? だとしたら残念。 


> 地獄のコンセプトで纏めてほしい寺ですね!

 そうですね(笑)。
 確か、「地獄を見せることによって、人びとの戒めとする」のが寺の教えのはずですから。


> 今でも、近所を建築の為、土地を掘り返すと石仏が出てくるそうです。
> 紫式部は、当時エロい?「源氏物語」を書いたので地獄に落ちたとかでした!(落ちてないと思うけど・・・)宇治もイイですね~!浮舟さんが可愛くて好きですねw

 おっ?
 何とそれは、初めて聞きましたよ!
 よくそんなお話をご存知で。
 しかし、紫式部がそれで地獄に落ちたのなら、現在のエロ雑誌、エロ小説、エロ漫画、成人映画、AV、18禁アニメ、エロゲーなどの製作者なども、みんな地獄行きですがな(爆)。
 それともいっそ、そういう製作者たちの供養塔でも作るとか(笑)。
 

> 嘘つきは、閻魔様に舌を抜かれますw

 うーん。私も「今まで一度も嘘をついたことがないか?」などと問われたら……(苦笑)。


 こういうサイトでよろしければ、またお越しください。
2010/07/14(水) 05:51:56 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。