fc2ブログ
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

2023年「伏見妖怪酒まつり」後編 @ 京都妖怪探訪(864)





 どうもこんにちは。
 酒所としても有名な伏見で、今年(2023年、令和5年)の11月4~5日に開催した大規模イベント、『伏見モノノケ市』と『伏見百鬼夜行』と、そして『伏見妖怪酒まつり』。
 なんと妖怪イベントやグッズだけでなく、「利き酒会」や、地元のコラボ店の食べ歩きなど、妖怪コンテンツだけでなく、酒とグルメも楽しめるという、何とも欲張りで贅沢な、そして面白いお祭りが。
 シリーズ前回に引き続いて、そのレポートを書きますが、今回はコラボ店の食べ歩きと、百鬼夜行行列の様子を動画で紹介します。
 今回は妖怪というより、食べ歩きの話みたいになってしまいましたが・・・。



 まずはメイン会場・御香宮神社でチケットを買います。






 一枚500円のこのチケットで、54あるコラボ店で、一食1000円の特別限定メニューを味わうことができます。
 この後、気の向くままに食べ歩きをはじめます。



 まずは『サラダの店サンチョ伏見店』で。





 「エビフライ+カニクリームコロッケ+ハンバーグのトマトソース」。





 カニクリームコロッケが好きなのでこれを選びました。
 これを「バルサイズグラスビール」で飲むか「生バナナジュース」で飲むかも選べましたが、食べ歩きの一番目からいきなりアルコールでは飲み過ぎてしまうかもと思って敢えてこの選択を。
 すぎに平らげてしまって、まだ食い足りない気もしましたが、まだこれからなので次に行きます。



次は、ビストロカフェ『MANGIA!MANGIA!』





「ランプレドットのブルスケッタ」を白のグラスワインで。





「ランプレドットのブルスケッタ」って何?
正直その方面の知識に疎い私はそう思いましたが、肉料理と白ワインが好きなので迷わず選んで、堪能し、これもすぐにたいらげてしまいました。



 スイーツとかデザートなどの類も食べたくなったので、『Rumah Cafe』にも。





 酒粕で作られたという3種のスイーツを紅茶で。






 『中華ダイニングNAO』にも。





 「NAO特製黒酢豚」と「選りすぐりの日本酒」を。





 「選りすぐりの日本酒」ということでどんなものかと思っていたら、濁り酒を勧めてもらいました。
 これがこの料理に似合うお酒だからそうです。





 普段濁り酒は飲まないのですが、勧められるままにいただき、堪能し、あっという間に食べてしまいました。



 しかし食べ歩きに夢中になりすぎてしまって、百鬼夜行行列が始まる時刻になっていたことを忘れてしまっていました。
 「しまった!」と、行列がスタートするという御香宮神社に急ぎましたが、境内には既に多くの人混みが。







 あまりの人混みと、境内が暗すぎて百鬼夜行をうまく撮影できなかったので、大手筋の途中で百鬼夜行行列を撮影。
 それが以下の動画です。






 いつもの『百妖箱』の妖怪さんたちと一般参加の妖怪さんたちも。
 中に「妖怪です」と、意外な人物も。
 あの人確か、門川大作・京都市長では・・・?


 百鬼夜行が通った大手筋もご覧のとおりもの凄い人が。







 大盛況です。
 祇園祭の時以上の人混みだという説もあるそうですが。
 やはりみんな妖怪大好きなんですね。








 今回はここまで。
 また次回。





*『京都妖怪探訪』シリーズ
https://kyotoyokai.jp/



ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー



岩上安身責任編集 ? IWJ Independent Web Journal



2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト




テーマ:イベント - ジャンル:その他











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.