嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都妖怪紀行(27):野宮神社



 今回は、京都・嵯峨野にある野宮神社です。
 昨年の末頃、京都嵐山花灯路というイベントに参加した際に訪れました。
 本記事中の写真も、その頃に撮影したものです。


 この野宮神社は『源氏物語・賢木(さかき)の巻』の舞台のひとつとして有名です。
 この巻では、主人公・光源氏を諦めた貴婦人・六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)は、娘の斎宮と共に伊勢へ下ることを決意します。紫の上と結婚した光源氏も、御息所を哀れに思って野宮を訪れ、別れを惜しみます。

 そして妖怪関連の話で言えば……。
 能『野宮』の舞台としても有名です。
 光源氏への未練を引きずったまま成仏できない六条御息所の亡霊が現れた場所です。
 そのあらすじはだいたい以下のとおり。

 ある秋、九月七日の日に、嵯峨野の野宮を一人の僧が訪れます。
 そこへ一人の美しい女が現れ、僧に早く帰るように言います。
 僧が問いかけるとその美女は、昔のことを語り始めます。
 曰く。かつて、光源氏と恋愛に敗れた六条御息所が、斎宮となった娘と共に伊勢へ下ることを決め、御禊の為に野宮に籠っていました。そこへ光源氏が訪れ、六条御息所を慰めようとしましたが、御息所は娘と共に伊勢へと去っていきました。その日が九月七日だったのです。
 話を聞いた僧が、彼女の名を尋ねたところ、彼女は「私こそが御息所(の霊)です」と正体を明かして、野宮神社の黒木の鳥居の辺りで姿を消しました。
 僧が御息所の菩提を弔っていると、車に乗った生前の姿で彼女が現れます。
 しかもその車は、源氏物語でも有名な加茂の祭りの場面で、光源氏の正妻・葵上と場所争いをしたあげくに、源氏の前で恥をかかされた時に乗っていたという、因縁深いものでした。
 未だに源氏への未練と妄執によって成仏できない苦しみを訴えて、御息所は消え去っていきます……。

 『野宮』にも登場する六条御息所は、源氏物語の登場人物の中でも、特に印象の強い一人です。
 美しく、知性と教養にも恵まれ、趣味も洗練され、性格も慎み深いという、まさに完璧な貴婦人。
 プライドも並外れて高く、男に主導権をとられることを好まない。
 そんな彼女が、光源氏への恋に落ち、未練を引き摺るようになってから、激しい妄執のあまりに生霊と化してしまう。
 そして、正妻・葵上を呪い殺したのを始めとして、死後もなお源氏と愛を交わした女性たちに危害を加え続けたのは、有名な話です。

 そんな哀しい女霊が彷徨っていた、生前の彼女にとっても思い入れの強い場所が、野宮神社です。
 さて、この野宮神社の由来は、そもそもどんなものだったのでしょうか。

 野宮神社のHPの説明によりますと、次のとおりです(以下、引用)。


 野宮はその昔、天皇の代理で伊勢神宮にお仕えする斎王(皇女、女王の中から選ばれます)が伊勢へ行かれる前に身を清められたところです。
 嵯峨野の清らかな場所を選んで建てられた野宮は、黒木鳥居と小柴垣に囲まれた聖地でした。その様子は源氏物語「賢木の巻」に美しく描写されています。
 野宮の場所は天皇の御即位毎に定められ、当社の場所が使用されたのは平安時代のはじめ嵯峨天皇皇女仁子内親王が最初とされています。斎王制度は後醍醐天皇の時に南北朝の戦乱で廃絶しました。その後は神社として存続し、勅祭が執行されていましたが、時代の混乱の中で衰退していきました。
 そのため後奈良天皇、中御門天皇などから大覚寺宮に綸旨が下され当社の保護に努められ、皇室からの御崇敬はまことに篤いものがありました。

黒木鳥居と小柴垣は平安の風情を現在に伝え、源氏物語、謡曲野宮でも有名な当社は、嵯峨野巡りの起点として多くの方が訪れられます。えんむすびの神様、子宝安産の神様として全国から崇敬を集めています




 引用、ここまで。
 この解説のとおり、現在でも嵯峨野の美しく清らかな風情を漂わせる場所に立っています。
 その様子を、私の拙い写真と文章では十分にお伝えすることができませんが、夜の嵯峨野の光景とともに、紹介していきたいと思います。
 
 
 やってきました、京都嵐山花灯路
 辺りはすっかり暗くなっていますが、多くの人で賑わっていました。








 夜の嵯峨野。
 灯篭やライトに照らされた、竹薮の中の道。











 思わず「幽玄」という言葉をイメージしてしまう、幻想的な光景でもあります。


 確か、この辺りが野宮神社の辺りだったかな?





 この時は嵐山花灯路の最中だったので、多くの人で賑わっていましたが、普段は竹薮の中にひっそりと佇んでいるのかもしれません。
 
 
 入り口です。
 野宮神社の象徴であり、また六条御息所が姿を消したという、有名な黒木の鳥居も見られます。




 この黒木の鳥居は、クヌギの木の皮を剥かないまま使用する、日本最古の鳥居の様式だそうです。


 中に入ってみます。
 多くの参拝者で賑わっていましたが、嵐山花灯路の最中だったことと、この神社が縁結びと子宝安産の神様だったこともあって、境内は若い女性やカップルでいっぱいでした。あと、外国人観光客の姿もみられました。






 本殿前。伊勢神宮に関係の深い神社だけあって、主祭神は天照皇大神だそうです。






 野宮大黒天と「お亀石」という神石です。





 「お亀石」をなでながらお祈りすると、 一年以内に願い事が成就すると言われています。


 ライトアップされた庭です。






 御息所の霊は、今も彷徨っているのでしょうか?
 死後もなお失恋の妄執を引き摺った女性の霊が彷徨っている魔所に、若い男女が子宝や恋愛成就を願って訪れるというのは、何とも不思議な感じがしますが……。



 もっとも、私のような「万年モテない男」には、このような場所は、妖怪関連でなければあまり縁がないのかも。
 「幸か不幸か、六条御息所のようなスーパーレディから愛されることも、光源氏のようにモテすぎて多くの女性を傷つけたり、不幸にしたりすることも、私にはないだろうな」
 ……などと、ちょっとアホなことを考えながら、この地を後にしました。


 最後にひとつ、おまけの映像を。





 今回はここまで。





ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー


2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
 たまたま「河北新報」を読んでいたら,奇妙な記事が目に入った.  福島法務合同庁舎敷地内に 2年前に完成した 「福島自立更生促進センター」 が,「学校保護者会や地元町内会など11団体でつくる「福島自立更生促進センター開所に反対する合同会」によって強行な反
2010/04/28(水) 07:20:59 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 与謝野某なる「老人倶楽部」がついに 「老人性痴呆症」 を本格的に発症したらしい(笑)  与謝野某の 「学歴コンプレックス」の異常さ は異常なことで有名である.朝日新聞でも「東大出身のはずなんだけど、相当に頭が悪い」などという暴言を吐いていた.さらに「複雑系...
2010/04/26(月) 21:08:23 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。