FC2ブログ
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

夜の清水寺@京都・東山花灯路にて



 またまた京都・東山花灯路関連の記事です。
 今回は、あの清水寺の夜間特別拝観に行ってきました。

 冒頭の画像は、その時にたまたま本堂で目にした光景です。
 薄暗い中、着物姿のうら若き女性が本堂に向かって何かをお祈りしています。
 なかなか絵になる光景だと思いましたので、冒頭に持ってきたのですが、いかがでしょうか?


 仕事・生活・学業等、長く京都で過ごしていながら、全国的・世界的にも有名なこの名刹を訪れることがありませんでした。
 今回の夜間特別公開を機会にと思い立ちました。


 まずは、清水寺への入り口ともいうべき、清水坂の風景から。



 町屋っぽい風景の中に灯籠がともっていますと、風情があります。

 灯籠などのわずかな光だけに照らされた夜道を進んでいくと、遠くにライトアップされた塔が見えてきました。
 観光客の姿もちらほら。
 目指す場所はあちらのようです。






 入り口下の付近です。






 入り口付近。大勢の観光客等で賑わっています。







 仁王門です。






 近くから見上げると、その威容に圧倒されそうです。
 (……とはいえ、私の拙い写真では、今ひとつその威容がわかりにくいかな?)


 仁王門前を護る狛犬。何かに向かって吠えているようです。








 仁王さんです。格子の向こうからでも、その威容と迫力が伝わってきます。










 西門です。ライトアップされてますが、この時は閉められていました。 






 夜のライトアップに映える三重の塔と庭の木。





 
 境内には若い人たちの姿も、よく見かけます。








 うーん。冒頭の画像みたいに絵になります。
 ……などと言ってる私は、もう既にオヤジなのか?


 手を洗う……というより、清める場所です。






 境内にも灯籠が並べられています。






 境内の轟門にあった立像です。
 仏教・四天王のうち、持国天と増長天でしょうか?
 仁王門の仁王みたいに、格子・金網越しからも威容が感じられます。








【2010年3月20日追記】
 正確には、広目天と持国天だったようです。ここで訂正いたします。
 ただ、清水寺HPによれば、最初は増長(多聞)天と持国天だったようです。


 本堂の方へと向かいます。

 本堂は多くの人で賑わっています。










 このユーモラスで親しみやすい姿の大黒様は、確か本堂かその近くで祀られていたのだったかな?





 藤子不二夫の『笑ぅせえるすマン』に似ていると思うのは、私だけでしょうか?


 縁結びの神様として有名な地主神社は、夜は閉鎖されて入れませんでした。





 もっとも私のような「万年モテない男」には、あまり縁のない場所かもしれませんが。
 それでもちょっと残念な気がします。


 さらに奥。地蔵堂です。





 さらに奥。奥の院です。









 奥の院に、こんな面白い観音様があったとは。





 小松和彦『日本魔界案内』(光文社)によれば、この奥の院の右脇には「夜叉神堂」が祭られているそうです。これは呪いや縁切りに効果があったとされる「縁切り夜叉」の現在の姿であると推測されています。
 弊サイトで続いている「京都妖怪紀行」シリーズにも加えたかったのですが、この時は暗すぎて確認できませんでした。
 小松氏が、これこそ縁切り夜叉ではないかと考えたという「恐ろしげな姿」とはどんなものだろうか、と楽しみにしてきたのですが……残念!
 次は、もっと明るい時に見に来るとしましょう。



 さて、ざっと夜の清水寺を回ってきましたが、長くなりましたので、今回はそろそろこの辺にしましょう。

 次回は、「京都妖怪紀行」シリーズとして、清水寺の不思議スポットとか、三年坂についての記事を。
 あるいは、清水寺の夜桜等の記事でも。





ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー


2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト




テーマ:花の京都 - ジャンル:地域情報











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.