嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都妖怪紀行(14):晴明神社の厄除け桃



 どうも。
 最近、殺伐とした政治の話ばっかしています。
 そればかりだと、正直疲れますので、ここいらでちょっと息抜きもかねて、「京都妖怪紀行シリーズ」を再開してみたいと思います。

 で、今回はちょっとわけあって、シリーズ第1回で訪れた晴明神社を訪れました。
 歴史や伝説・伝承等でも有名で、現代でも小説や映画、漫画など様々なメディアでとりあげられている偉大なる陰陽師・安倍晴明を祀った神社です。

 冒頭の画像にある桃の像は、神社境内にあったものです。
 陰陽道や道教において、桃は魔除け・厄除けの力を持った果実だと伝えられています。

 まずは、入り口である一の鳥居。




 入り口の狛犬。





 旧・一条戻り橋。
 現在の戻り橋は、別な場所にあります。





 そして、小さな道路を挟んでさらに奥の本殿へ。





 本殿の前に、桃の像が。





 あれ? 
 私の記憶が間違っていなければ、以前に来た時は、こんな像はなかったと思いますが……?
 ごく最近になって創られたものでしょうか?
 
 本殿の前には、このような安倍晴明像もありました。





 これも、ごく最近になって創られたのでしょうか?

 桃の像、晴明像、そして本殿にもお参りを済ませた後、境内を少し散策。





 野村萬斎主演の映画『陰陽師』や、アニメ『少年陰陽師』などのポスターが張ってあるところも、面白いですね。
 そういえば、アニメ『少年陰陽師』でも、魔物や悪霊の大群に取り囲まれピンチに陥った主人公が、ヒロインからもらった干し桃によって難を逃れるというシーンがありました。


 境内の売店には、なんとこんな漫画冊子も売っていました。





 もちろん水木しげる先生のファンでもある私は、買わないわけにはいきません(笑)。

 最後に、御守りをひとつ買っていきました。





 ここにも魔除け・厄除けの果実である桃が描かれています。
 また、黒は陰陽五行(木、火、土、金、水)のうち水を表すもので、お払いの効果もあるとされているそうです。


 実を言いますと、今回の晴明神社再訪の目的が、お参りとこの御守りを手に入れるためだったのです。
 何故、そんなことをするのかって?
 それは……それから後、ちょっとやばそうな、曰くつきの場所をいくつか回るからです。そのような場所を何の準備や用心も無く訪れて、万が一でも祟りとか災難とかあったらいやですから。
 そのような場所を訪れる前は、必ずどこかの寺や神社にお参りをし、御守り等を肌身離さず持ち歩くようにしています。

 では、どんな場所を回ったかは……シリーズ次回以降に。



2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都旅行 - ジャンル:旅行











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。