嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
外国人参政権問題で、民主党だけ叩いてもあまり意味が無いと思うが……。(その2)
 最近、外国人参政権問題に関して、やたらと民主党叩きをしている、自民党支持者らしき人たちを見かけます。

 でも、そういう人たちに私は言いたいのです。
 「そんなことをしても、あまり意味はないんじゃないか?」と。

 その理由は以下の4つです。

(1)自民党の方も「外国人参政権推進」に組する人たちがいるから。また党として「反対」の姿勢を打ち出せないから。
(2)自民党も民主党以上に売国政策を推進してきた。また、これからも更なる売国政策を推進しようとしているから。
(3)自民党も民主党も、「資本の論理」及び「アメリカの意向」によって動かされ、売国政策を推進しようとしている政党だから。そのような政党しか力が持てないシステムになってしまったから。
(4)今回の選挙において民主党に投票した有権者の多くは、民主党が問題の多い政党だと知りつつも、自民党政治にノーを突きつけたから。

 今回は、そのうち(3)について論じたいと思います。


(komichi) 



↑:応援してくださる方は、ランキングにご協力をお願いします。

郵政民営化凍結バナー 郵政民営化凍結バナー

2ちゃんねる から子供たちを守ろう!

 冒頭のバナーは『或る浪人の手記』さんの作品です。
 今回の話題に大いに関係あるものですから。

 さて、またもや月平均の労働時間がおよそ300時間という仕事の多忙(連休? そんなもの私には関係ないですよ。むしろ、その時期にかえって忙しくなったような……)で前回からだいぶ空いてしまったようですが、その続きです。

 最近、外国人参政権などの問題で、やたらと民主党の粗探しに必死な自民支持者や麻生・安倍信者の人たちが多いようなので、前回にて、「外国人参政権などの売国政策に関して、民主党だけ叩いても意味ないよ」と思う理由を以下4つあげました。


(1)自民党の方も「外国人参政権推進」に組する人たちがいるから。また党として「反対」の姿勢を打ち出せないから。

(2)自民党も民主党以上に売国政策を推進してきた。また、これからも更なる売国政策を推進しようとしているから。

(3)自民党も民主党も、「資本の論理」によって動かされ、売国政策を推進しようとしている政党だから。そのような政党しか力が持てないシステムになってしまったから。

(4)今回の選挙において民主党に投票した有権者の多くは、民主党が問題の多い政党だと知りつつも、自民党政治にノーを突きつけたから。



 今回は、そのうち(3)について論じたいと思います。



(3)自民党も民主党も、「資本の論理」によって動かされ、売国政策を推進しようとしている政党だから。そのような政党しか力が持てないシステムになってしまったから。



 民主党が外国人参政権なるものを推進しているからといって、必ずしも「民主党=売国、自民党=愛国・非売国」というわけではない。
 なんか、未だにそういう幻想を抱いているかのような人たちも居るようですが。
 今、思いつくだけでもこれだけの売国的な政策を自民党は推進し、あるいは成立させてきたわけですが。


*三角合併

 2007年5月から解禁されたもの。
 詳細はこちらにわかりやすく解説されています(注:ただしこれは「株取引推進」、つまり肯定的な立場から論じている人のサイトのようですけど)が、ここで押さえておきたいポイントは次の2つ。

 ・買収側が現金を用意しなくても、価値がある自社株さえ持っていれば買収ができてしまうこと。
 ・買収する側の親会社の国籍を規定していないこと。つまり、それまでの法で規制されていた外国企業や乗っ取り屋による日本企業の乗っ取りがより簡単にできるようにしてしまったということ。


 端的に言えば、数値上のマネーゲームで自社株の値を膨らました外国の乗っ取り屋が、真面目にコツコツともの造りをしている日本企業を乗っ取り、食い潰してしまうことを可能・容易にしてしまうというものです。
 つまり、外国の企業乗っ取り屋とか、「ハゲタカ外資」と言われる人たちのための政策ですが、これの導入にあたってはアメリカからの要望があったと言われています(これについては、また後述)。


*医療制度改革関連法案(という名の医療・保健潰し)

 「公的医療の抑制」というものを強く打ち出し、そのために国民(特に高齢者や身体障害者などの社会的弱者)の負担増を進めてきたもの(患者の自己負担分、税や保険料の増額など)。
 また、医療や保健の分野に競争原理・市場原理を導入したことも特徴。
 しかしながらその結果、医療の地域間格差の拡大や、地方で基幹となっていた医療機関が次々と経営難による閉鎖や倒産に陥ったり、まともな医療を受けられない人たちが急増するなど、「医療崩壊」と呼ばれる惨状を招いてしまいました。
 さらに、世界でも優れた制度と評価されていた「国民皆保険制度」もこれによって潰されようとしています。
 その一方で、アメリカの民間医療保険会社などが、日本でのビジネスチャンスを拡大させているそうです。
 この政策も、(また後述しますが)アメリカからの強い要望によるものだそうで、誰のためのものかはほぼ明らかでしょう。
 これがより進んだ、また日本にそれを押し付けようとしているアメリカでは、公的な医療は完全に崩壊し、まだ治っていない入院患者を途中で放り出したり、死にかけていた病人を見殺しにしたりなどの酷い現状があるのは、今や多くの人の知るところとなりました。
 日本国民の生命と健康と安全を外国資本に売り渡し、アメリカのような惨状を日本にも持ち込もうとしているようなこんな政策・路線は、私からすれば正気の沙汰とは思えません。


*残業代ゼロ法案(ホワイトカラーエグゼンプション)

 いわゆるホワイトカラー労働者(主に事務に従事する人々を指す職種・労働層)に対する労働時間規制を適用免除すること、またはその制度。
 よく管理職・役員の残業代は計算されないといいますが、それをホワイトカラーと呼ばれる労働者にも適用しようとしたもののようです。
 が、今でもその適用を受けている管理職・役員というのは、残業代がない代わりに「それを補う分だけの多額の給料が支払われている」「勤務時間がかなりの程度自分の裁量で決められる」「人事権を持っている」などの特権も持った上での適用であるわけです。
 事実上、裁量権のあまりない一般労働者にもそれを適用するのは、損にしかならないわけです。
 それどころか、過労やサービス残業(ただ働き)のさらなる常態化にもつながるような無茶苦茶な法案なわけです。
 事実、欧米など他の先進国では、適用にはいろいろと条件や規制などを設けているわけで、アメリカではその制度を悪用したケースやそれをめぐる訴訟なども多発しているそうです。
 何故、自民党政府がこんな無茶苦茶な法案を出してきたかといいますと、財界(経団連)やアメリカからの要望があったからだそうです。
 もう、これだけで誰のためのものかは明らかでしょう。
 要するに、もっともらしい理屈をつけて、財界や日本企業を乗っ取ったアメリカ資本が、日本の労働者サラリーマンを好き勝手に酷使して、儲けるためのものでしかないというのが、ミエミエです。


*郵政民営化

 実はこれも、小泉政権時代に自民党政府がしでかした売国政策のうち、代表的なものです。
 あの「小泉郵政選挙」において、単純化された「ワンフレーズ」がマスゴミの協力の下に大々的に喧伝され、何かにとり憑かれたかの様な熱狂の果てに、小泉自民党が歴史的な大勝利をおさめました。
 その時の目玉となった政策ですが、これが実はとんでもない亡国・売国の政策だったわけです。むしろこれに政治生命をかけて(中には自民党を追い出された人も居た)反対した政治家こそが、愛国者、あるいは保守政治家としての誇りを持った人たちであったのですが。
 当初「民営化によるサービス向上」がうたわれていたにも関わらず、「地方郵便局の相次ぐ閉鎖」や「地方ATMの相次ぐ撤去」、そして「基本料金の値上げ」など、マイナスの効果ばかりが目立ちました。
 さらに、「郵政職員に金融商品のセールスをさせる」などの無茶もやってしまっため、それをめぐるトラブル等も多発。

 特に、郵便局や郵便貯金が貴重かつ身近な通信手段やセーフティネットとなっている地方では、さんざんな苦汁を飲まされたことでしょう。
 先んじて郵政民営化を実行したニュージーランドで「地方のポストや郵便局が潰されている」とか、『地方の配達料金が値上げされた」とか、「郵便貯金が外資の喰い物にされた」などの問題が出ていて、また少数ながらもそれを指摘する声もあったにもかかわらず(こちらにその詳細が)。
 「かんぽの宿疑惑」など、本来は国家・国民の財産だったものを、自称「カイカク勢力」と結びついた一部の人たちが好き勝手に喰い物にしていたという疑惑が噴出し、さらにこれに関して、西川善文・日本郵政社長が「特別背任未遂罪」の疑いで東京地検に告発されるなどという事態にまでなっています。
 何故、こんな問題だらけの政策を実行してしまったかといいますと、ここでもやはり、背景にはアメリカの要望があったからだといわれています。
 つまり、郵貯や簡易保険などの120兆円にもなるといわれている日本の官営保険を「市場開放」させ、アメリカ金融資本の喰い物にさせるためのものだったということです。
 それを裏付けるかのように、郵政民営化の責任者の一人である竹中平蔵・元総務相がBS朝日の番組で「民営化した日本郵政はアメリカに出資せよ」と発言したという一件もあります。

 だからこそ、自民党議員の中でも、それに気づき、保守政治家としての最低限の誇りと使命感を持った人たちは、政治生命をかけてまで必死に反対したわけです。あの「小泉郵政選挙」における自民党内の争いは「対米売国派vs国益死守派」の戦いでもあったわけですが、その結果は……。
 あれで、「愛国者」とか「真の保守政治家」と言われる人たちは敗北し、党を追い出されるか、変節・屈服を余儀なくされてしまった。自民党内に残ったのは、ほとんど「売国派」か、あるいは「本当は反対だったけど何もしなかった」という麻生前首相のような根性なしのヘタレばっかりになってしまった。
 その意味でも、象徴的な売国政策だったと、私は思います。


 ここまで、前回で少しとりあげた「移民推進」も含めて、自民党がいくつもの売国的な政策を推進、一部は成立させてきたことをあげてきました。
 他にもあげることはできますが、長くなる過ぎるのでこれだけとしておきます。

 一見すると、外国人参政権問題よりはわかりにくいかもしれませんが、いずれも国民の生活や権利・生命・安全に重大な影響……しかもマイナスのあるものばかりです。
 このような数々の売国法案を次々と成立させ、または成立させようとして、国民生活に多くの損害を与えてきたのが、自民党政権です。
 一部のエリートや勝ち組以外の多くの国民大衆が夢も希望も持てなくなり、年間数万の自殺者が出るようなひどい状況に日本を陥れたのが、自民党政権です。
 そして今後もそれを続けようとしたのが、自民党政権です。
 民主党が外国人参政権を持ち出そうとしているからといって、また自民党政権に戻してしまったら、このような売国政策と、それらが国民に与えてきた損害を容認してしまうことになります。
 それだけは断じてできません。

 だからこそ、先の選挙では多くの有権者大衆が、民主党にもいろいろ問題点や力不足な点があるとわかっていても、自民党政治にノーを突きつけた。
 それを決して忘れてはいけません。



 さてここまでで、既に気付かれた読者の方もおられるのではないでしょうか?
 これら自民党の売国的な政策の共通点に。
 そして、「何故自民党が、売国的ともいえる政策を次々と持ち出してくるのか?」ということに。
 ずばり言えば、それは以下の2つ。

 *アメリカの要望
 *経団連など財界の意思


があるからです。


 未だに「現代の治外法権」ともいうべき「日米地位協定」などというものが存在して、在日米兵の性犯罪や凶悪犯罪をろくに裁くことも出来ずに、ほとんどやりたい放題を許していたり。
 今では多くの人たちが知るところになった「年次改革要望書」だとか、「日米投資イニシアチブ」など、どう考えてもアメリカ側のエゴでしかない、「ほとんど“内政干渉”ではないか」と思えるような要求を次々と突きつけられて、日本側は唯諾々と従っているのみ。
 どんな理不尽で、明らかに日本側の不利益になるような要求でも、ろくに逆らえない(あるいは、逆らわない)。
 日本政府の情けないまでの対米姿勢は、戦後からずっと続いてきましたが。

 原因はひとつだけではない。いろいろとありそうですが……。
 やはり、最大の原因はあれですか。
 以前の記事でもちょっと書きましたが、あの第2次大戦の敗戦時、岸信介(安倍晋三の祖父!)ら旧戦争犯罪人たちが、自分たちの保身や権力維持と引き換えに、アメリカに対して日本の国を売り渡してしまった時から全ての悲劇が始まったということでしょうか?
 日本の国益のためというよりむしろ、彼ら(元戦犯とその後継者である自民党やその付随勢力)のために、アメリカを宗主とした体制を維持し続けられてきた。
 戦後半世紀以上たった今も、日本と日本国民はその代償を払わされ続けている……。


 そして、もうひとつ。
 明らかに、財界の都合。
 「労働者派遣法の改正」も。
 「人材派遣の自由化」も。
 「社会保障制度改革」も。
 「法人税減税」も、それを補うための「消費税増税」も。
 そして、売国的と呼ばれる「移民推進」や「中国からの輸入食材の増加」とかも。
 アメリカのアグリビジネスを喜ばせる「農産物輸入自由化」も。
 端的に言えば、「経団連」など、資本側のエゴ。
 つまり、「企業(の経営者と株主)が儲かりさえすればいい」という論理を、何の制約もタブーも無しに、とことんまで突き詰めていった結果が、「一部の勝ち組やエリート以外の多くの日本国民を貧困や、明日の夢や希望も持てない状況」に追い込み、さらに「売国的」とも言える政策や路線をいくつも推し進めることになってしまった。
 だいぶ前の記事でも書きましたが、「“新自由主義”や“市場原理主義”が進行すればするほど、外国への経済的な依存度が増し、それだけ外国に気を遣わなければならなくなる(→極端に言えば、売国的にならざるをえなくなってしまう)」のいうのが、私の持論です(それに対する詳細に興味・関心のある方は、当該記事をご覧ください)。

 なお、「移民推進」や「外国人参政権」などの問題も、「資本の論理」が根本にあるのです。
 「国境や民族などの壁に関係なく、安価な労働力が大量に入ってくればいい」
とか、「世界を広大で画一的な市場にすればいい」とかいう、「資本の論理」、「多国籍企業の論理」なのです。



 (ところで「外国人参政権」なるものを推進しているのは、「資本の論理」とは対極にあるはずの「左派」「リベラル」などと呼ばれる人たちにも居るようですが……。
 何故そうなるのかについての考察は、また別の機会にします。本記事の本題からそれてしまいますので)


 さて、本題に戻り、今回の結論に行きます。
 
 「対米従属・隷属」と「(経団連など)資本への従属」という問題を本質的に抱えているゆえに、自民党と言う政党は「売国的」にならざるを得ない。
 それは、日米の支配層と結びついた一部の「勝ち組」や「エリート」を除いた圧倒的多数の日本国民にとって、多くの苦難と損害、犠牲をもたらしてきたものであり、今後ももたらし続けるものである。
 このようなことは、もういい加減に終わらせなければならない。
 「外国人参政権」なるものに民主党が賛成だからと言って、(特に小泉以降の)自民党政権の負の遺産を、さらに酷い売国・亡国路線の数々をこれ以上容認するわけにはいかない。

 (というか、だからこそ自民党は、「保守政党」の看板を掲げていながら、党として明確に反対の意を表明できないのであって、「外国人参政権」問題でも現在の自民党はあまりあてにできないのではないか、と私は考えています)



 さて、また予定より長くなったので、今回はここまでとします。
 私の多忙と計画性の無さで、当初の予定よりまた長くなりました。すみません(汗)。

 では、「(4)今回の選挙において民主党に投票した有権者の多くは、民主党が問題の多い政党だと知りつつも、自民党政治にノーを突きつけたから」については、次回に論じます。

 本当はもっと書きたいことはいろいろとありますし、政治や経済以外の話題も扱いたいし、「京都妖怪紀行」シリーズも再開したいのですがね。



↑:応援してくださる方は、ランキングにご協力をお願いします。「民主党にも問題はあるが、それ以上に酷い自民党の売国・亡国路線を許してはいけない」と思われる方もクリックをお願いします。「自分たちが何故国民の支持を失ったかを真面目に考えず、民主党の粗探しばっかりしている自民党議員及び、ネット工作員や自民党の盲目的支持者どもはいい加減に反省しろ!」と思われる方もクリックをお願いします。

「民主党に喝アアアッ喝」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー

リックすると、麻生邸見学お散歩ツアー弾圧、渋谷事件糾弾エントリーに飛びます リックすると、麻生邸見学お散歩ツアー弾圧、渋谷事件糾弾エントリーに飛びます

2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:外国人参政権問題 - ジャンル:政治・経済











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
 いまさっき,悪友の税理士から,面白い入れ知恵を仕込んでもらった.上のグラフは 金価格推移|田中貴金属工業(株) からお借りしたものです.2009/09/29~2009/11/11 の金の価格の推移である.10月26日から金価格が下落しているけど,単純に「利食い売り」だと考えられ
2009/11/12(木) 00:31:45 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 再び「野良猫評論家」の kaetzchen です(自虐) 寒冷前線と言うよりほとんど閉塞前線の通過にもめげず,しぶとく生き残っていた「にゃ~2」です.乾いた砂地の上で,ごろごろ~っとして,濡れた毛皮を乾かしていました.  そして,案の定,えさくれとうるさいので,
2009/11/11(水) 18:07:56 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 9月9日は「重陽の節句」だけど,11月11日は「二十四節気」にも「節」にも入っていない.11月は8日が「立冬」で,23日が「小雪」だ.だけど,北海道では既に雪の降っている所が多い.日本ハムが日本シリーズで負けたからって,7-11 はおにぎりを 100円で売っている.
2009/11/11(水) 17:49:48 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 「小児用タミフルの量間違えた」で検索をかけてきたバカがいました.槇村さとるの「Real Clothes」がサンケイ系の関西テレビでドラマ化されたそうですけど,集英社はテレビ局とのタイアップが上手ですね.反対に講談社の「Kiss」は目次を見たとたん,「唯我独尊」という...
2009/11/10(火) 19:35:48 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 この題でクローズアップ現代(10月29日)の放送があった。  現代、「食に興味をもたない」若者が増えている。効率的だと好みの菓子を食べ、サプリメントを食事代わりにする。自分では異変に気付かず、献血などの血液検査でそれを知る。  食事に異変が起こっている...
2009/11/10(火) 15:01:50 | 関係性
 という訳で,お待たせしました.もんでんあきこさんの『女衒夜話』の紹介です.この単行本は以下の5つの章から成ります. 「女衒夜話」 別冊「you」08年 6/2 号掲載 「額縁の女」 「you」08年 20号掲載 「浮舟」 「you」09年 4号掲載 「穴熊 (むじな)」
2009/11/09(月) 19:31:16 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 「リレンザのブリスターの意味」が分からない奴がいるらしい(笑) こういうバカは無視.  次は 「浮舟」 です.時系列的には次の 「穴熊 (むじな)」 の最後で,終戦直後に裕也が焼け跡で 「BAR 槐」 のマスターになり,2階の連れ込み宿の「掃除婦」募集の貼り紙を入...
2009/11/09(月) 19:16:32 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 それでは最終回の 「波の徒花 (あだばな)」 の話の続きです.  話は敗戦直後,東京の場末の 「BAR 槐」 と,二階の売春宿にはマスターである裕也と,売春宿で素人娘を 手慣れた「パンパン」(売春婦) へ洗脳する サオ師のキリオが住んでいた.  ところが,裕也の裏切...
2009/11/09(月) 19:00:16 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
  敢て、誰と誰のインタビュー記事であるかは、申しません。 しかし、過去に自民党政権下で行われていた外交・防衛問題をマスコミがいかに政府の意向に沿って流されていたものなのかは考え直さなければならないと思う。 ______________________________________________...
2009/11/08(日) 14:12:20 | 雑感
   なにやら、 ふじふじさん や 美爾依さん vs自民+共産党の構図になっていますね。 気弱な地上げ屋さん が、 友さん のコメント欄での「 事実誤認ではなく、見解の相違だと思います 」が一番的を得ているのかも。 そもそも、事の発端から考えると簡単だとおもうのだが...
2009/11/08(日) 14:12:03 | 雑感
 日本共産党支持者は理想論ばかりという方がいますな。そのような人は民主主義の基本や正義とは何かを理解できていないのではないだろうか...
2009/11/08(日) 04:21:07 | 米国からの便り
 上の写真は CNN の記事 "Army honors dead, searches for motive in Fort Hood shootings - CNN.com" より引用しました.  個人的な事情でアップが遅れてすみません.日本時間の6日未明,イラクやアフガニスタンへ陸軍兵士を送るテキサス州のフォートフッド基地に所
2009/11/07(土) 18:57:24 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 各ブログ様にて報告されてますが、民主党が議員立法で外国人参政権を提出だそうですね。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091106-00000062-jij-pol >外国人参政権法案の提出検討=会期延長も-山岡民主国対委員長 11月6日11時10分配信 時事通信  民主党の山...
 今朝あたりから,前のキーボードの調子が悪い.そろそろ買い替えの時期かな,と思い,安かったので色違いのキーボードを2つ買ってきた.  と,いう訳で,前の白い,トマトジュースまみれのキーボードは結局「燃えないゴミ」となってしまったのである.哀れ.(^_^;) ...
2009/11/05(木) 18:32:46 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 リーマンショック以来、速くも1年が過ぎ、景気後退は収まったというニュースが飛んでいる。しかし、国内消費の低迷は百貨店売上高の連続的急減で表現できる。低価格帯の商材を売る企業の活況はその隙間を埋めるようにニュースとなっている。価格帯が落ちていくと、それ...
2009/11/05(木) 15:43:40 | 関係性
 なんて書いても,原書で Claude Lévi-Strauss の "Le pensée sauvage" を読んだことのないような「ネットゴキ」には「構造主義」なんて分かるまい(笑) 浅田彰くんの『構造と力』も恐らく読んだことないバカが多いんだろうなぁ.  要するに,構造主義の...
2009/11/04(水) 11:09:44 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
最近むかつく輩ばかりが湧いてきやがる。 丸っきり虫けらの様な駄々っ子のうすら馬鹿めが。 手前らは何も守らない、何も守れない保守なん...
2009/11/03(火) 15:34:23 | 復活!三輪のレッドアラート!
 再び「野良猫評論家」の kaetzchen です(自虐)  発情期で落ち着きのない「にゃ~2」は最近,昼間はどこかへ行って「オンナ漁り」に精を出しています.だけど,近くにネコが少ないので,戦果はないみたい.ケンカはやたら強いんだけどねぇ……. # コンビニの店番
2009/11/03(火) 05:37:10 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 昨日の昼,横着をして駅のコンビニで「ビタミンCドリンク」を買おうとしたら,このカルピスの「ほっとレモン」しかなかった.0カロリーってことは,どうせ甘味料として 「スクラロース」 やら 「アセスルファム カリウム」 が入ってるんだろなと思ったら,その通りだ
2009/11/02(月) 11:16:07 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 今日も塩森恵子さんの「純情娘 ガテン系」の第6回目です.一級建築士になったばかりの 藤家佑馬 は黒沢工務店に下宿して,往年の少女マンガ家 「白鳥姫子」こと武田道子 に依頼された5階建ての自宅ビル「お城」の設計の仕事を始めた.そんな時「姫」の自宅の取り壊し
2009/11/01(日) 20:24:25 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 いつものレディースコミックの話なんですけど,今日も「you」を買うと真っ先に読むギャグマンガの,「ムコ★ムコ」 のお話の続きです(爆) # そいえば「不育症」と「タミフル」での検索が多いですね.ちなみに「不育症」に関しては,『「不育症」をあきらめない』 ...
2009/10/31(土) 19:22:10 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 さすがに現代の「少女マンガ」には「引いてしまった」というご意見が多かったので,今日は30年前の懐かしい,高橋由佳利さんの処女作である『お月さま笑った?』を取り上げることにします.高橋由佳利さんは 1958年1月5日兵庫県は姫路市育ちで,ちょうど私より2歳
2009/10/31(土) 17:20:51 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 最後は,このコミックスの最初に掲載されている 「時をかけるまえに」 (筒井康隆かよ) です.この作品は「デラックスマーガレット」09年7月号に掲載されたものです.ただ,作者はSFをあまり読んでないらしく,想像力が足りない.2025年という設定だが,そのまま2009
2009/10/29(木) 07:24:31 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 今日は9月9日に もう一度読みたい懐かしの少女マンガランキング その2(笑) で取り上げた,香魚子 (あゆこ) の『さよなら私たち』(マーガレットコミックス) について書こうと思います.彼女は現在「ザ・マーガレット」で,コバルト文庫の谷瑞恵原作『伯爵と妖精 - あ...
2009/10/28(水) 21:52:52 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 暗殺から100年 韓国で記念行事、安重根しのび市民1200人 - 毎日jp について  ハングルが読めない人のために和訳すると,「安重根 (안중근) 義士死去100年で,韓国とハルビンで記念式典 ということになる.昨日26日にこの式典がソウル
2009/10/27(火) 22:07:30 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 たいへんめでたくもない出来事ですが、参議院の補選で民主党が二議席を獲得したようです。  日本の滅亡に向けて更に一歩近づきました。  どうやら日本人というのはことごとく馬鹿のようです。  補正予算が止まったり、来年度の予算がいまだに決まらなかったり、と
 世の中がタンポポのような「明るい人たち」ばかりなら良いのですけど,中には「他人をいじめる」「ありもしないでっちあげで他人を貶める」しか能がないやからもいるのが現実です.本来,法律というのはそういうやからを捕まえて処刑するためにあるのですけど,特にネッ...
2009/10/25(日) 22:09:57 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 「陛下のお言葉に触れるとは何事か」自民幹事長が批判(朝日新聞) について.  私は 基本的に「共和主義者」である.但し「無政府主義者」でもある. 従って,「天皇制の存在は廃止・死刑」という立場にある.なぜなら「共和制」というのは「国王」「天皇」の存在を許...
2009/10/24(土) 20:44:41 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 表紙に掲げたのは,以前題名だけ紹介しておいて,内容を紹介していなかった,東洋書店 出版の 山之内重美『黒い瞳から百万本のバラまで』『トロイカから私を呼んでまで』 の2冊のブックレットである.どちらも 600円で65ページほどの薄い本なんですけど,ロシア語使い
2009/10/24(土) 18:55:39 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 景気低迷に庶民の生活は震えている。リーマン・ショック以来二度目の冬が近づき、派遣村がまた設置されなければならない様相であり、いっそうの不安を感じている。  そこに、ヤッパリという報道があった。「米新車販売はや失速」(朝日新聞10月18日付け)は、新車購入...
2009/10/24(土) 08:12:29 | 関係性
 にゃごやに住むマンガ家の 楠 桂 が二人目の子供が欲しくなり,「市立城西病院」に出入りしたという話の続きです.何と,このマンガの題名 「不育症戦記」 で goo 検索すると,何と未だにあたしのブログの第2回目の記事がトップに,第7回目の記事が二番目に出ていま
2009/10/23(金) 22:37:54 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 中国地方で金曜に放映されるNHKの特集番組で,高速道路の ETC 1000円化によって,フェリー業界の危機が始まり,倒産・廃止した航路もあるということを流すらしい.  しかし,このNHKの番組制作の態度は,実質的に 民主党の将来的な高速道路無料化政策に対するカ...
2009/10/23(金) 19:42:11 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
静かなる革命2009シリーズが24ページのパンフになりました. かなり加筆しています.ぜひ一度通してお読みください. タイトルをクリックするとジャンプ(ダウンロード)します(PDF624KB). 筆者への断りなき引用・転載・配布を歓迎します.(馬場英治...
2009/10/21(水) 22:06:06 | 静かなる革命2009
 夕方,ちょうど帰宅した時に,個人的にとてもめでたい電話が携帯にあった.二週間前に心筋梗塞でCCUに担ぎ込まれた友だちが,何とも早や今日の正午過ぎに退院したとの電話だった.私はちょうど好物のトマトジュースを水分補給に飲んでたところだったんだけど;心臓外...
2009/10/20(火) 22:13:39 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 なぜか,検索キーワードに「星の瞳のシルエット 番外編 ENGAGE」を突っ込んで,「柊あおい『ENGAGE』(星の瞳のシルエット番外編) (フェアベルコミックス)」という記事 を覗きに来た人が結構いました.もっとも,アクセス解析してみると,某ネットカフェや某ネッ...
2009/10/19(月) 19:19:26 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
加藤和彦さん死去:軽井沢のホテルで首つる 部屋に遺書  (毎日新聞 - 10月17日 13:42) 17日午前9時25分ごろ、長野県軽井沢町のホテル...
2009/10/19(月) 15:12:44 | カナダde日本語
 ← 我が家の庭で、ゴミから生まれて育ったとうがん。全長30cmほどになってます。  店先に並んでいる冬瓜からは想像も付きませんが...
2009/10/19(月) 11:34:47 | とむ丸の夢
9月にやっとの思いで政権が交代した。鳴り物入りで政権に就いた民主党だが、一か月にして壁に突き当たってしまったようだ。その壁の名は「財源」。九十五兆の概算要求だそうである。財務大臣は苦慮しているらしい。 国家予算が年々膨らむのは当り前である。少子高齢化が...
民間の企業で、一人称に考えてみれば、 社長の記者会見のスケジュールを社長に教えず それが忘れただろうが 事務ミスだろうが 「社長に恥...
2009/10/19(月) 04:47:36 | ぬぬぬ?
アクセスに 感謝 いたしております。   どうしても どうしても 納得できません。 どうしてこんな奴らのために 特別会計から 税金が回されて 給与や退職金が支払うシステムが いまだにスルーしているのか! 記事はこちら 天下り官僚 高額報酬 独法役...
2009/10/19(月) 00:30:54 | kimekime25
 ほとんど 「野良猫評論家」 (美爾依さん曰く) の kaetzchen@goo.jp です(笑) 雑談のページはひたすら野良猫の「にゃ~2」の話ばかりで埋まっていくような気がしないでもない.(^_^;)  んで,今日はしょうもない話.中国地方は前線が通過して,また肌寒くなりました
2009/10/17(土) 23:20:04 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 単に自民党が嫌いなだけなのか、はたまた民主党を応援しているのか。  似ているようで微妙に違うこの両者ですが、やってる事はほぼ一緒のような機がします。 http://ameblo.jp/aratakyo/entry-10365975329.html >結局、10年度当初予算に関して、総額では麻生政
 下地幹郎(国民新党・大地・無所属の会)さんの質疑です。  初っ端、中曽根弘文外相に米対日要望書について鋭い質問を浴びせるところから始まります。その後、かんぽの宿問題でもなかなか鋭い質疑をし、最後は沖縄の不発弾の問題、自立できるような方向での抜本的な政策

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。