嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都妖怪紀行(5):安井金比羅宮編
古都・京都のいわくつきの妖怪・魔界スポットをめぐる「京都妖怪紀行」。
 第5回目は、京都の妖怪スポットの中でも、人々の様々な想いが渦巻く場所のひとつです。
 そこは、安井金比羅宮です。

 安井金比羅宮とは、「大化の改新」で有名な天智天皇の時代、藤原鎌足(ふじわらのかまたり)が一堂を創建し、紫色の藤を植え藤寺と号して、一族の繁栄を祈ったことに始まります。
 祭神は、大物主神(おおものぬしのかみ)と、鵺(ぬえ)退治伝説で有名な源頼政、そして崇徳上皇(すとくじょうこう)です。

 崇徳上皇とは、歴史上では1156年の保元の乱で敗れ、讃岐国へと流刑にされた人物として有名です。
 小倉百人一首の「瀬を早み岩にせかるる滝川のわれても末にあはむとぞ思ふ」の歌の作者としても有名です。
 そして……死後に「日本国の大魔縁(大魔王)」となって、飢饉や天災、政変などの凶事を起こしたといわれています。
 平将門や菅原道真などに匹敵する歴史的に有名な大怨霊として、その道では有名です。
 この崇徳上皇については、後のシリーズ記事でもとりあげたいと思います。

 ここでは、崇徳上皇に関する次のエピソードを紹介します。

 崇徳上皇は特にこの藤を好み、ここに堂塔を建て、寵妃・烏丸殿(からすまどの)を住まわせたといいます。
 崇徳上皇が保元の乱に敗れ、讃岐で亡くなった時に、烏丸殿は寺中の観音堂に、上皇から賜った自筆の肖像を祀りました。
 のちに後白河法王(ごしらかわほうおう)の詔によって、建治年間(1275~77)に光明院観勝寺が建立されたのが、この神社の起こりといわれています。
 そういったエピソードもあって、ここは縁切り縁結びの神社としても有名です。

 この場所に、私も行ってきました。


 ここが鳥居です。
 ここから境内に入ります。





 縁切り縁結びのご利益がある神社のためか、平日昼間だったにも関わらず、若い女性の姿を何人も見かけました。
 ところで境内には、「縁切り縁結び碑」という面白いものもあったのですが……なんとマヌケなことに私は、その写真を撮るのを忘れてしまいました。
 すみません(汗)。

 次は拝殿です。





 「天皇御即位二十年」を祝う幟も見えます。
 拝殿から本殿をのぞみます。





 献灯と賽銭を備え、お祈りをしました。
 旅の無事と……祟り等のないように。

 境内には、たくさんの絵馬が奉納されています。





 ちょっとした好奇心から、人々の想いがこめられた絵馬を覗いてみました。
 そして……驚愕しました。

 縁切り縁結びということもあって、やはり恋愛や悪縁きりに関するものが多かったです。

 例えば、

「悪縁を切り、良縁がさずかりますように」

「今までの駄目な自分と縁を切り、良縁に恵まれますように」

など。
 しかし、こういった穏やかなものばかりではありませんでした。
 例えば、

「今の夫と縁が切れて、自由になりますように」

とか、

「夫が●●(女の名前)との悪縁を切って、私たち家族の元へ戻ってきますように」

とか、

「○○さんと●●が別れますように。そして、○○さんと私××が結ばれますように」

とか、

「●●のようなストーカー男どもとの悪縁が早く切れますように」

などなど。
 さらには、

「●●が早く死ねばいいのに」

などというものも。こんな邪悪な願いとうか、呪いみたいなことして、バチが当たらないだろうか……などと心配になってきますが。

 その日は気温が30度を超える猛暑日でしたが、それをほとんど感じさせなくするほど、背筋が寒くなりました。
 下手な怪談やお化けなどよりも、こういう人間の妄念と言うか、むき出しの想いの方が、本当は怖いのかもしれない。

 そんなことを考えさせられました。


【追記】:
 前回記事(旧館の方)のコメント欄に、しょうもないエロスパムのコメントをしてきた馬鹿者がいましたので、ここでそのIP・リモホだけでも晒しておきます。

pd31cf9.osaknt01.ap.so-net.ne.jp

 それにしても、よりによってこういう記事に、ふざけたエロスパムを送るとは。
 なんか呪いとか、祟りにあっても知らんぞ……(汗)。


※この記事は新館の方でも取り扱っています。



↑:応援してくださる方は、ランキングにご協力をお願いします。

クリックで「それが大事」。マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックで「それが大事」。マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。

このバナーは、『雑談日記』のSOBAさんの作品です。

2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:神社めぐり - ジャンル:旅行

小路@管理人
>山田光造さん

 再びコメントありがとうございます。

 いろいろ理由があって、返事が遅くなってしまいました。
 というよりも。
 ちょっと返事には慎重にならざるをえない事情がこちらにもありまして……。

 その詳細は、長文になりますので、本日中(10月17日中)に弊ブログ記事にしてアップしますので、少々お持ちくださいませ。
2012/10/20(土) 10:42:22 | URL | [ 編集]
山田 光造
ご無沙汰いたしています。時間が御座いましたら私のHP「山田光造」を覗いて頂けますか。季節柄お体気を付けて下さいませ。山田光造
2012/10/14(日) 13:04:20 | URL | [ 編集]
山田 光造
komichiさん、こんにちわ。
最近見つけたんですが。
私が表現をした札は右合わせでしたが、神社は左合わせを製造し頒布しているんですね。
左合わせの札を使った方、大丈夫ですか。
心配しています。
これってkomichiさんのコメントの意味と似ていませんか。
季節柄、お体気を付けて下さい。
2012/07/21(土) 13:00:17 | URL | [ 編集]
komichi@管理人
>喜八さん

 いつもコメントありがとうございます。

 ここで、正直に申し上げます。

 実は、あの奉納されている絵馬群を見たとき、次のようなことを、ふと考えてしまいました。

 「いっそ、うちのサイトや友好サイトに対して悪質行為をしてきたネット屑、ネット工作員どもとの縁切りをお願いしようか?」

 が、すぐにやめました。

 やめた理由は2つあります。

 ひとつは、やはり「人を呪わば穴二つ」という言葉を思い出したからです。
 神仏や鬼神などの手を借りて、この手のお願いや呪いをする場合には、たいてい何らかの代償を支払うことになるか、あるいは自分自身も同じような不幸や災厄が降りかかってくると、相場は決まっていますから。
 また、邪念や妄執によって自滅する場合もありえるでしょう。
 古の賢人たちは、よく言ったものです。
 確かに、ネット屑・ネット工作員どもはうっとおしくてしょうがないのですが、そんな奴らのために、わざわざ自分自身を犠牲にすることもないだろう、と思い直しました。

 やめたもうひとつの理由。
 それは、「呪いや神仏への祈りでよりも、民意と選挙によって奴らに打ち勝った方が、いいだろう。その方がスカッとするだろう」と考えたからでもあります。
 奴ら、ネット工作員やネット屑(その同調者たち、エセ右翼やエセ愛国者たち)の背後には……おそらく、自民党政権や市場原理主義、対米従属体制を維持し、それによって権力と勢力の拡大を図ろうとしているカルト勢力が存在する。
 私はそう考えています。
 日本を喰い物にしている勢力のことを、よく「政・官・財・マスコミ・外国(アメリカ)の5者による悪徳のペンタゴン」などといいますが、私はこれに「ネットの闇勢力(及びその背後にあるカルト勢力)」を加えて、「悪徳のヘキサグラム(六芒星)」などと呼んでいます。

 政権交代が起こり、彼らの悪事が全て暴かれる……とまではいかなくても、大きなダメージを受けることになるだろうと思います。

 彼らは単にブログ、掲示板荒らしだけをやったのではなく、特定の人格否定にもつながる誹謗中傷や、個人情報の暴露や、ネット活動の妨害や悪質な名誉毀損、酷い場合には、リアルの社会生活や権利などまで脅かしてきました。心に深い深い傷を負って、ネットから消えた人もいました。
 彼らのことを、私が絶対に許せない理由が、そこにあります。

 しかし、「因果応報」ともいいます。
 結局、彼らは惨めな末路を辿ることになるでしょう。
 犯罪や犯罪まがいの悪事を繰り返し、何人もの被害者から警察などに訴えられていた者もいました。彼らが何故、何のお咎めもなく悪事を続けていられるのか、私には不思議でなりませんでしたが……。
 でも、政権交代でそれも終わりか、大きな打撃を受けることになるかもしれませんね。
 警察や裁判所のお世話になる者も出てくるかもしれない。
 法的責任を問われずとも、スポンサーから切られて、あるいはスポンサーがいなくなって、活動ができなくなったり、稼ぎがなくなる者もいるかもしれない。
 そうでもなくても、自分たちが世の「少数派」だったことが明らかになった途端、立場をなくして困る者も多いでしょうね。
 あるいは、かつての一部「マルクス主義者」のように、自分たちがやってきたことに何の反省・総括もせず、あっさりと180度転向して、何事もなっかたかのようにイケシャアシャアと正反対の言論をはき続けるか?(苦笑)(注:しょせん彼らは、自分たちが批判する「バカサヨ」や「プロ市民」の“鏡像”でしかない、と私は思っています)
 またあるいは、HNを変えて、完全な別人になりすまし、また別所で、今度は違った形で「弱い者いじめ」を再開するのでしょうか?

 いずれにせよ、あまりいい結末を迎えないでしょうね、彼らは。

 でも、それも「因果応報」というか、「自業自得」ですから、私は同情しないのですがね。
 それだけでも、「政権交代」が楽しみですよ(笑)。


 それでは、政権交代を見る日まで頑張りましょう。

 今後ともよろしくお願いします。
2009/08/17(月) 21:20:03 | URL | [ 編集]
喜八
komichi さん、こんにちは。

>「●●が早く●ねばいいのに」

これはかなり怖いですね。
昔から「人を呪わば穴二つ」と言い伝えられています。
実際、これは結構当たっているのだそうです。

私が常に思っているのは「掲示板荒らし・ブログ荒らしをするような人たちは、ロクな生き方(死に方)しないだろうな」ということです。
ただ、彼らを呪っているわけでは、もちろんありません。
ただ、単に哀れだな・・・と。
2009/08/17(月) 12:20:50 | URL | [ 編集]
komichi@管理人
>2009/08/16 02:09 非公開コメントの方へ

 わざわざありがとうございました。
 あの方の状況は、こちらが思っていたよりも深刻なようで、心配ですが……。
 我々もお互い、最後まで十分気をつけていきたいものですね。
2009/08/16(日) 15:50:24 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
15日は終戦記念日だったけれども、麻生は中国などとの外交関係に配慮して参拝しなかったそうだ。これも去年封切られて話題になった映画『...
2009/08/17(月) 15:33:57 | カナダde日本語

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。