嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都妖怪紀行(2):一条戻橋編
 前回に引き続き、古都・京都のいわくつきの妖怪・魔界スポットをめぐる「京都妖怪紀行」。
 第2回目は、陰陽師・安倍晴明に関するものの他、多くの伝説の舞台となった「一条戻橋」について。


 「一条戻橋」。
 今、おもいつくだけでも次のような伝説が語られています。


*蘇生伝説
 『撰集抄』巻七に語られている。
 熊野の僧「浄蔵」が父・三善清行の葬列にこの橋で出会い、しばし観法を行ったところ、父・清行が蘇生したという。それで「戻橋」という名前が付いたという。

*渡辺綱と鬼女の伝説
 『平家物語』剣巻に語られている有名な話。
 源頼光の部下である四天王の一人、渡辺綱が夜中に戻橋を通りかかると、美しい女性がいた。
 「夜も更けて一人では怖いから」と家まで送ってほしいと頼まれた。綱はこんな夜中に女が一人でいるとは怪しいと思いながらも、それを引き受け馬に乗せた。すると女はたちまち鬼の正体を表し、綱の髪をつかんで愛宕山へ飛んで行こうとした。
 綱は、とっさに鬼の腕を太刀で切り落として逃げることができた。
 腕は渡辺綱の屋敷に厳重に封印されていたが、綱の義母に化けた鬼に取り戻されてしまったという。

*十二神将伝説
 前回の晴明神社に祀られている陰陽師・安倍晴明が、配下の式神(陰陽師が使役するという精霊)である十二神将を、戻橋の下に隠したという。


などなど。

 そういった伝説がいくつも語られているとは、どんな場所だろうか、と見に行きました。
 まずは、堀川通りから見た「一条戻橋」の風景。



 一見すると、ごく普通の橋に見えます。



 でも、きちんと「戻橋」と書かれています。
 戻橋の上から見た、堀川の光景。公園みたいに整備されています。



 戻橋の上から見た、堀川の光景その2。
 


 よく見ると、水車が見えます。
 なんだろうか、と思って、橋の下へ降りてみることにしました。
 次の画像が、近くで見た戻橋の水車です。



 将来的に、発電や治水等の目的に使うため、実験的に作成・運用されていたようです。
 でも、現在はまだ、実用化するまでには至っていないようです。



 「水量が安定するまで水車発電は休みます」と書いてあります。
 ちょっと残念な気がします。

 そして、ここが「一条戻橋」の下です。



 ここに、安倍晴明が十二神将を隠していたそうです。
 でも、私が行った時には何も見えませんでした。
 さすがに、そんな簡単に遭えるわけないか……。

 現在の、「一条戻橋」下、堀川の光景。



 堀川の光景、その2。
 こちらは、二条城の近くです。



 現在は、市民や観光客の憩いの場となっているようです。

※この記事は、旧館のでもとりあげています。




↑:応援してくださる方は、ランキングにご協力をお願いします。

クリックで「それが大事」。マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックで「それが大事」。マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。

このバナーは、『雑談日記』のSOBAさんの作品です。

2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行

komichi@管理人
>kaetzchenさん

 その漫画ですが、ネットで少し調べてみました。
 非常に面白そうですね。
 機会があれば、また読みたいと思います。

 ところで、少女マンガ系でオカルト等を扱った漫画に、小野不由美の『ゴーストハント』という作品に結構はまっております(笑)。



>2009/08/08 10:49 非公開コメントの方へ

 なるほど。
 言われてみればそのとおり。
 早速、そうさせていただきました。
 アドバイスをありがとうございました。
 お互い、頑張っていきましょう!
2009/08/11(火) 20:59:12 | URL | [ 編集]
kaetzchen
という,ひかわきょうこさんが描かれた「花とゆめコミックス」(白泉社)が,この手の話を取り上げていますよ(笑)
2009/08/06(木) 19:30:16 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
 いくつか感じたことのメモ。 1、NHKのニュースについてはもはや論外、昼のニュースをワイドショー化するな。 2、初日の裁判員の構成が男女比で男性1で女性が5。いくら何でも偏りすぎ。その批判的なニュースが流れたら、あとで一部男に代えてきた。 3、「今回の
 以下、今日の植草さんのエントリーからです。どうも収監されたようです。 (以下引用始め) 2009年8月 3日 (月) 「無血市民革命」成就に向け全力を投入しよう ↑手違いで削除されたか、リンク先は題名、内容が違ってます。阿修羅で採録されていますのでURLをご紹介
 バナーを作る時、いくつかのパターンがあります。あれか、これか、迷うときと、一気呵成に作ってしまう場合です。今回制作したバナーは後者でした。 クリックすると、左「それが大事」、右「愛は勝つ」 ※↓若干微修正しました。 心を一つにし 断固闘う 悪政で(←追加
 今日の神州の泉は必読⇒「植草一秀氏の無実を確信する法曹A氏が、刑務所事情を語った!」  我々がやるべきこと。 1、毎日blog植草一秀の『知られざる真実』を訪問し、読む。 2、植草さんのブログを訪問したら、必ず最初にエントリー末尾にある人気ブログランキング(...
 このエントリーで書いたように、元のバナーを若干微修正しました。 心を一つにし 断固闘う 悪政で(←このコマを追加しました。) 命落とすな 自公を落とせ! 選挙に行こう 衆院選! 偽装新党警戒し(←今回追加したコマ) 8・30勝利目指せ (フレーズの最後の部
 記念すべき、100番目の賛同ブログは主権者の会BBSでの投稿者だったHISUIさんのブログ「mubouのブログ 夏がくれば思い出す」です。今日のお昼前に(11:39:24)僕が「無謀に始めよ!分からなくてもいいから、とにかく始めてしまえば分かるようになる」とお勧めし
 今、植草同志のブログを読み、目覚めた人、また励まされた人、さらに自公政治に怒る人、司法権力の理不尽さに憤る人など、多くの人が次々と声を挙げ始めています。  まさに草莽崛起、名もなき、そして熱く燃え決意した人々のすがたがそこにあります。  今まで私たちは...
新疆ウイグル自治区で航空機ハイジャックか 新華社速報(朝日新聞) について  たまたま,大雨のニュースをラジオでうつらうつら聴いていたら,こんなニュースが飛び込んで来て,慌ててパソコンに向かってしまった(笑)  以前も警告したが,新疆ウイグル自治区で騒動を...
2009/08/10(月) 02:09:36 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
アビー・ロード。  ビートルズの4人のメンバーが一列になって横断歩道を渡る有名なジャケット写真が撮影されてから40年。「聖地」に数百...
2009/08/10(月) 00:50:26 | とむ丸の夢
夢枕の師匠一喝、事故から復帰 全盲の落語家伯鶴さん(朝日新聞) より  上記の本はもと高校教諭で障害児教育を専門としていた「さとう裕」が,笑福亭伯鶴の口述筆記を基にまとめあげたものだ.と言っても,すでに絶版なので,古本屋をあたって下さい.(^_^;) 1998,六法...
2009/08/08(土) 13:18:30 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 今日はほとんど「真夏日」! 低体温症で平熱が 37.2℃の私には,さすがに辛いです.だけど,15年近く使ってきた三洋の扇風機がついにモーターに埃がたまり,最低の「弱」ボタンでは起動しなくなったので,こりゃモーターが火を吹くなと感じ,広島駅前の「ベスト電器広
2009/08/07(金) 23:27:50 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。