FC2ブログ
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

京都妖怪紀行(1):晴明神社編
 最近、政治・経済や荒らしなどの話ばっかり。
 あるいは、仕事、仕事ばっかり。
 いくら衆議院選挙が近く、ネットでもその話題ばっかりだと言っても、それでは疲れます。
 ということで、今回からはそれ以外の話題もしたいのです。

 
 実は妖怪マニアであり、怪談マニアでもある私は、京都市内のいわくつきの妖怪・魔界スポットをめぐってきました。
 その記録の一部をこれから書いていきます。

 第1回目は、平安時代の有名な陰陽師である、安倍晴明を祀った晴明神社に行ったときのことを。

 陰陽師・安倍晴明は、古くは『今昔物語集』、『宇治拾遺物語』などの古典作品。
 現代でも、小説なら夢枕獏『陰陽師』や荒俣宏『帝都物語』。
 映画では、野村萬斎主演『陰陽師』シリーズ
 アニメでも『少年陰陽師』シリーズなど。
 
 いろんなメディアや作品に取り上げられ、今では結構有名な存在になっているようです。

 「京都妖怪紀行」のシリーズのスタートは、その大陰陽師ゆかりの場所をとりあげたいと思います。
 晴明神社、一条戻橋の近くにある京都市・堀川今出川の交差点付近。



 市街地の大通りであるにもかかわらず、緑の多い場所です。

 晴明神社の入り口、「一の鳥居」。



 「一の鳥居」から入った場所。本殿はこの奥です。



 旧一条戻橋。
 その横には、式神(陰陽師が使役したという精霊)の石像があります。
 安倍晴明ゆかりの伝説や、渡辺綱が鬼女の腕を切り落とした伝説など、いくつもの伝説が語られている場所であります。



 現在の一条戻橋は、堀川にかかっています。
 そこにも行きましたが、それについては次回(シリーズ第2回目)にとりあげます。

 ここが本殿です。



 まずは、ここでお参りをしていくことにしました。
 魔除け・厄除け用の御守りも買っていきました。

 妖怪や怨霊関係の場所をいくつも訪れ、しかもそれをとりあげた記事を書くわけですから。
 万が一にでも、祟り等のないように、ね……。

 では、次回は「(現在の)一条戻り橋」について取り上げようと思います。


 ※旧館のこちらでもとりあげております。


 

↑:応援してくださる方は、ランキングにご協力をお願いします。

クリックで「それが大事」。マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックで「それが大事」。マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。

このバナーは、『雑談日記』のSOBAさん作成です。

2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト




テーマ:神社めぐり - ジャンル:旅行

komichi@管理人
>喜八さん

 コメントありがとうございます。
 そういうことなら、このシリーズ、もうちょっと続けますね!
2009/08/11(火) 21:01:09 | URL | [ 編集]
喜八
komichi さん、こんにちは。
「妖怪シリーズ」はいいですね!
こういう話は大好きです。(^_^)

> 最近、政治・経済や荒らしなどの話ばっかり。

私も「殺伐とした政治エントリばかりでなくて、他ジャンルにも手を伸ばそう」と考えていたところです。
政治家でもない(志望者でもない)私が政治の話ばっかり書いていてもしかたないですからね(笑)。

2009/08/07(金) 12:02:42 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.