FC2ブログ
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

過労で死にそうになりました……(中編)
 前回記事にて、前の勤め先である会社から過酷な労働条件下で働かされ、そのあげくに過労と熱中症で倒れてしまったことについて話をしました。
 
 今回はその続きです。
 「こんな人を人とも思わないような、いい加減な会社にいいように使われているだけではダメだ」
 そう思うに至った私は、「退職」と「転職」ということも真面目に選択肢に入れるとともに、「会社に対してもっとものを言おう、少なくとも最低限言うべきことは言わなければ」と決めました。
 
 それまでよりは、会社の経営側に対してものを言うようになりました。
 
 ところが……。

 会社の……というより、会社の経営側の人がとった姿勢や反応は、私をさらに失望させるものでした。
 そして私は、退職・転職の決意をより一層強く固めることになったのです。

 今回はそのいきさつについての話をしたいと思います。


(komichi)


↑:応援してくださる方は、ランキングにご協力をお願いします。

></a></p><br /><br /><br /><br /> さて、<a href=前回記事の続きです。

 会社が……というより、勤め先の経営者があまりにも過酷な労働を、こちらに課してきたために、ついに過労と熱中症に倒れてしまいました。
 「このままではいかん」と、私は思い至りました。
 大まかに言って、そこまでが前回記事です。
 
 それ以後私は、「会社に対してもっとはっきりとものを言おう」と決意したわけです。

 以下、その顛末についての話をします。



*その4:経営者にもの申してみました(1)

 昼といわず、夜といわず一日10時間以上の労働。
 しかも、1週間以上……人によっては、2週間以上、半月以上も休日なし。

 そんな労働が何ヶ月も続いております。
 現場からも音をあげる人が出ているのですが、経営側はそのような過酷な労働を従業員に課すことをやめようとはしません。
 それで思い余って、その時実質的な経営をしていた人(注:創業者の二代目です。肩書きは役員の一人ですが、前社長が経営の第一線から退いてからは、その二代目が実質的な経営・運営をしていました)に対して、思い余ってこういいました。

「あのねえ、いくら会社が忙しくて人手不足とはいっても、今の勤務はあまりにきつすぎるんじゃないでしょうか?」

 しかしそれでも、その二代目役員氏はほとんど「そうしないと仕方がない」の一点ばりです。
 埒が明かないので、次に私はこのように言いました。
 
「あのねえ、いくら仕方がない、仕方がないと言っても、ものの限度というものがあるでしょう!
 今みたいな状態を続けるのは、世間一般の常識から言っても、あまりに無茶じゃないですか。
 現に私は、先日倒れて、マジでやばい状態にまでいったんですよ。
 他にも倒れる人が出たり、あるいはそれが元で事故でも起こったら、あなたは責任をとってくれるのですか?
 それに……労働基準法というものがあることを、あなたも知らないわけじゃあないでしょ?」

 感情にまかせて言った部分もいくらかあるので、細かいところまではよく覚えていませんが、だいたいは以上のようなことを、二代目役員氏に向かって言いました。私の記憶が間違ってなければ。
 さすがに二代目役員氏も、「わかった。できる限り善処してみる。なるべく努力するから……」とだけ言って、それ以上言葉を濁してしまいました。
 その時は私も、他に仕事が残っていたこともあって、一旦はそこで引き下がることにしました。
 
 その翌日のことでした。
 若い後輩社員が、私の顔を驚くような表情で、見つめていました。
 そして私に、おそるおそるとこう尋ねてきました。

「あの……○○さん(注:私の本名)。昨日、何かあったのですか?」

 不思議に思って私が、「何故、そんなことを尋ねるのか?」と逆に問いました。
 そうしたら、その後輩社員はこう言いました。

「昨日会社にいったら、●●さん(注:二代目役員氏の本名)が、あなたのことでものすごく怒っていましたよ。
 “おい、○○は一体、何なんだよ!? あいつは! 生意気な!”とか……。あなたのことをボロクソに言ってました。
 ●●さんに、何て言ったのですか……?」

 それを聞いて私は、呆れるとともに、苦笑・失笑を禁じえませんでした。
 何も私は、経営側に理不尽な要求をしたわけでも、ひどいわがままを言ったわけでもない。少なくとも、自分ではそのつもりですが。
 憲法や労働基準法に基づいて、自分が労働者として本来保障されていることを、主張したに過ぎないと思うのですが? 
 いや、憲法や法律云々という以前に、このままでは自分たちの身体や生命すら危ういと思ったので、「何とかしてくれ」と言ったのですが……。
 それがそんなに悪いことなんでしょうかね? その二代目役員氏にとっては。

 いや、おそらくは二代目役員氏ご自身も、「自分の方が間違っている」ということに気付いているのではないか、と思います。本人にも、どこかやましいところがあったのでは、とさえ思います。
 それだからこそ、私に対して直接的に反論せずに、私のいないところで逆ギレして、陰口を吹聴するしかなかったのでしょうね(苦笑)。
 その後輩社員に、私はその前日に言ったことを説明しました。
 その後輩社員も「ああ、そういうことだったのですが」と、苦笑まじりに納得してくれました。
 自分たちのボスの性格を、彼もわかっていたようです。

 なお、私の他にも、その二代目役員氏に対して「今のきつすぎる労働を、もう少し何とかしてほしい」と言った人がいたそうです。
 その時に返ってきた答えが、次のふた言だそうです。

「甘えるな」
「駄々をこねるな」


 なんか、「格差論は甘え」だとか「過労死は自己管理の問題」だとか言った、某派遣会社の某女性経営者みたいな発想ではないか……。
 あのような考えを持つ人は、一部の特異な人たちだけかと思っていたのですが、その認識は甘かったようです。
 あのような労働者を人とも思わないような考えを持つ人は、他にもたくさんいたようです。しかも、自分の身近にも。

 この一件でますます、会社の経営側に対する失望感が増しました。
 そして、「退職・転職したい」という気持ちがますます強くなりました。
 経営側が、我々従業員を人間扱いしていない、する気もないということが、ますます明らかになりましたから。


なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ) なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)



*その5:経営者にもの申してみました(2)

 我々従業員に対して、過酷な労働を課すことをやめない(実質的な経営者の)二代目役員氏に対して、ものを言ったことを他にもありました。
 その二代目役員氏と、私を含む何人かの社員とが、仕事のことで打ち合わせをしている時のことでした。
 相変わらず、従業員だけにきつい仕事を課している二代目役員氏に対して、思い余って次のように言いました。

「あのね、●●さん(注:二代目役員氏の本名)。
 本当に会社全体が忙しくて、人手不足だといういうのでしたら、あなたご自信も現場に出られてはどうですか?
 もちろん、本社でのお仕事がお忙しいことも、わからないわけではありません。
 でも、我々現場の人間は、この炎天下の中……あるいは徹夜で10時間以上ぶっ通しで仕事を続けているわけですよ。
 しかも、2週間か半月以上も休みなしで働いて、しんどいのも我慢して、他にやりたいこともあるのに諦めて頑張っているわけですよ。
 そんな中で、あなただけが本社の涼しい部屋の中にいるのは、どうかと私は思うのですけどね。
 ●●さんは、この仕事に対する技能や資格もお持ちなんでしょ?
 昔は、ご自身も現場に出られたことがおありなんでしょ?
 本社のお仕事があるというのでしたら、余裕のある時間帯に出られるのはどうですか?
 あるいは、本社の仕事が休みになる土日や祝日に出られるというのはどうですか?」

 他の社員が何人もいる前でそこまで言われては、さすがの二代目役員氏も逃げたり、引き下がったりすることができなかったようです。
 「わかった……。できる限り自分も現場に出るようにしよう」
 そう答える他なかったようです。

 ちなみに、その場に居合わせた同僚や先輩諸氏は、私のことを驚きの目で見ました。
 「君は、凄いなあ。よくぞ、あの人に対して、あそこまで言えたものだなあ。いやあ、本当によく言ってくれた!」
 などと口々に言いました。
 後でその話を知った他の同僚・先輩諸氏も「よくぞ言ってくれた」と、感心したようです。
 やはり、一般の社員が「実質的な経営者」を相手にはっきりものを言うのは……特に批判的なことを言うのは、相当な勇気が要るというのでしょうか。
 もっとも……私の場合は、あまり誉められたものでもないかもしれません。
 正直なところ、私の場合は「勇気があった」というよりも、「もうこの会社だけにしがみついていることはない」とか、「この会社に、これ以上長く留まっている必要もないだろう」という考えもありましたからこそ……いわば、ある種の開き直りのようなもの(笑)があったからこそ、二代目役員氏に対してあそこまでものが言えたのですけどね。

 さて……問題はそれから後です。

 それから二代目役員氏も、時々ですが、現場に出るようになりました。
 ただし……一日のうちでも涼しくなる、夕方から夜にかけての時間帯だけ、でしたが。
 本当にしんどい……私が熱中症で倒れたような猛暑の昼間の時間帯や、深夜の時間帯には出てきてくれません。
 
 さらに言えば、当時のその会社は、現場は土日も働いているにも関わらず、本社の事務方と二代目役員氏だけは何故かたいてい休みをとる(もしくは、比較的楽な現場にしか出ない)という状態でした(苦笑)。
 一度、私も皮肉をこめて二代目役員氏にこう言ったことがあります。

「あなたも土日の……しかも昼間の暑い時間帯に現場に出られてみてはどうですか?
 そうすれば、我々現場で働く者の気持ちが、少しはお分かりいただけると思うのですが、いかがですか?」

 しかし二代目役員氏は、そんな私の言葉を完全無視。
 結局、一番きつい昼間の猛暑の時間帯に現場に出てくることは、ありませんでした。

 少なくとも、私がその会社を退職するまでの間は……。

 なーんだ。
 結局……。
 本社の役員の椅子にふんぞり返りながら。
 「大変なんだ」「忙しい」「人手不足だ」「しょうがない」とか言って、従業員を散々コキ使いながら。
 一番しんどいことは立場の弱い従業員だけにやらせているだけか……。

 自分はエラそうにしながら、他人……特に自分より立場の弱い者だけに負担や犠牲を押し付ける。
 はっきり言ってこれは、私が最も軽蔑するタイプのリーダーです。

 我らの大将は、結局そういう人でしかなかったのか。
 そんな大将に、人生のあらゆることを犠牲にして、時には生命を危険に晒してまで仕えてきた自分の人生って、一体何だったのだろう……?
 
 またもやそんな疑問にとらわれた時、「退職」「転職」の決意が私の中でさらに固まったのでした。



*その6:経営者にもの申してみました(3)

 私が実質的な経営者である二代目役員氏(仮称)に対して、ものを言ったことがもう一件ありました。
 いや、次に紹介するのは「ものを言った」というよりも、「ものを言おうとした」「言おうとしてストップをかけられた」というものです。正確に言えば。

 その日は、ある先輩社員の方(ここでは、仮に“Aさん”とします)と一緒に仕事をしていました。
 Aさんと私とは、その日は同じ時間に仕事を終えて帰る予定でした。
 ところが、その時間になってもAさんは帰ろうとはしません。
 不思議に思って、Aさんに「もうあげる時間なのに、何故まだ残るのですか?」と尋ねてみました。
 するとAさんは、
「それがなあ。俺はあと2時間ほど残らなあいかんことになった」
と答えました。
 「どういうことですか?」と、さらに尋ねたところ、次のような事情があったのです。

 その日の予定では、本来ならばあと2時間残らなければならない人員が必要だったのだったのでした。
 しかしその時、社員全員の勤務表を管理し、スケジュールの割り振りをしていた二代目役員氏が、うっかりそのことを失念していたのです。そのために「本来必要な分より一名、現場の人員が不足する」という状態が2時間も生じることになってしまったのです。
 つまりこれは、明らかに二代目役員氏のうっかりミスによるものなのです。

 私が問題だと思うのは、二代目役員氏がその後にとった(とろうとした)処置でした。
 その二代目役員氏は、空白になった2時間分をこの私(komichi)に残業させることによって穴埋めしようとしていたのです。
 そのために二代目役員氏は、私の先輩であるAさんの携帯に連絡をして、「○○(注:私の本名)に2時間残業させろ。そのように説得しろ」と指示したそうなのです。
 それをAさんは、次のように言って断ったのです。
 「いや、それはやめましょうよ。○○は、この暑い中もう11時間も仕事をしてます。それをいきなり、もう2時間残業をしろというのは、ちょっとかわいそうですよ。この前もあいつは熱中症で倒れたばっかりなんですから。
 それくらいなら、自分があと2時間残りますから、それで勘弁してくださいよ」
 A氏が突然、2時間の残業をすることになったのには、そういう事情があったのです。

 私のことを気遣ってくださったAさんのお気持ちは、とてもありがたかったのです。
 しかしながらその一方、私にはどうしても納得できないものが残りました。
 そもそもの問題は、二代目役員氏の明らかなミスによって起こったものです。ならばまずは、その二代目役員氏ご本人がミスの穴埋めをやるべきではないか、と私は思うのです。
 ちょうどその時間は、本社の業務がさほど忙しいとは思えないような時間帯でした。

 私はAさんに、次のように言ってみました。

 「Aさん。私の方から、あの二代目ボンボンに言ってやりましょうか?
 『元々はあなたのミスなのですから、今からでもあなたご自身が現場に出てきて穴埋めをしなさいよ』と」

 するとAさんは顔色を変え、「頼むからそれはやめてくれ!」と言って、私を止めました。
 私はなおも食い下がりました。

 「だってAさんももう既に長時間お仕事をして、お疲れのはずですよ。
 あの二代目ボンボンの言うことに、そうやって何でもハイハイと言いなりになっているだけだったら、こっちの身体ももたないということは、Aさんもおわかりのはずでしょう。
 どうせ本社の椅子から電話で指示してきたのでしょう、あのボンボンは。だったら、『あんたが、今からでも出てきなさい』と言ってやりましょうよ」

 それでもAさんは、次のように懇願するかのように、私を止めます。

 「頼むから、それだけはやめてくれ。
 せっかく、丸くおさまろうとしているのに、また睨まれてしまう。
 俺があと2時間我慢したら、それでおさまるんだ。
 だから頼むから、それだけはやめてくれっ!」

 そこまで言われて、やむなく私は引き下がりました。

 それでもまだ……私としては納得のいかないものが残りました。
 そもそも、私に残業を指示したいのならば、私に直接連絡し、説得すればいいのです。
 何故そうせずに、わざわざAさんに説得させようとしたのでしょうか?
 二代目役員氏は、私の携帯電話の番号を知っています。何か指示や連絡等がある時は、細かいことでも直接私の携帯へと連絡していました。それがこの時に限って、直接私の携帯へと連絡してこなかったのです。
 もちろん、「携帯にかかってきた連絡を私が取り損ねる」ということもありえます。
 しかしそれでも、一緒に仕事をしているAさんの携帯に連絡し、Aさんから私に連絡を取り次いでもらえばいいのです。現にそれまで、私が携帯に出損ねた時には、二代目役員氏はそうして指示を伝えていたのです。
 それが、この時に限ってそれすらもしなかった。
 何故か?
 それはおそらく、自分から残業を指示しても、「明らかにあなたのミスなのですから、自分で現場に出て穴埋めしなさい。自分のミスを、部下に尻拭いさせるようなことを安易にしなさんな」と一蹴されることが、二代目役員氏ご自身にもよくわかっているからでしょう。
 そしておそらく、自分がそれにロクに反論できないだろう、ということも。
 だからこそ、直接私に言わず(言えず)に、先輩であるAさんを使って説得させようとしたのではないか。
 そんな気がします。

 正直に言いますと、この時も「なんとヘタレな人なんだろう」という感想を、二代目役員氏に対して持ちました。



 さて今回、熱中症で倒れて以降、会社(経営側)に対してガンガンとものを言うようになり……そして会社(経営側)の姿勢と反応に失望することになった、というエピソードをいくつか紹介しました。
 前回記事でも言いましたが、熱中症で倒れた時に、次のような思いを抱いていました。


  「俺は、本当にこのままでいいのだろうか……?」と。

 死にかけ(あるいはその何歩か手前)の状態に至るまで、必死に働いていたとしても、会社はそれに報いてくれることはない。
 それに見合うだけの待遇や報酬を与えてくれることもない。
 今後も、どれほど働いたとしても、それは変わりそうにもない。
 何年も同じ会社で働いていると、会社のやり方や考え方などが、いやでもわかってくるものです。

 今回は何とか回復できたからよかったものの、もしそれで倒れて、死亡してしまったり、障害が残ってまともに働けなくなったら、どうなるのか?
 会社は何か責任とってくれるのだろうか?
 一生面倒を見てくれるのか? 何か保障をしてくれるのか?
 残念ながら、おそらくそれはないだろう。
 明らかに労働基準法を逸脱しているとしか思えないような長時間過密労働を、平気で押し付けてくれるような会社が……つまり、従業員をまともに人間扱いしないような経営者が、そういうことを考えてくれているとは、とてもじゃないけど考えられません。


 ……

  ブログ記事更新などの自分のやりたいことはもちろん、「働く」「通勤する」「その間に休憩する」以外の、日常生活に必要なことの多くも犠牲にせざるを得なくなります。
 つまり、まともに人間らしい生活をするのが困難になるのです。

 私はとても、悲しく、虚しく、そして情けない気持ちになりました。

 生活の……自分の人生の多くのことを犠牲にしてまで、必死に働いて報われないのは何故か?
 しかも、人を人間扱いせず、将来のヴィジョンも持たず、ただ目先の利益だけを追い求めているような、いい加減な経営者のために。
 そんな奴のために犠牲になっているような自分の人生って、一体何なのだろうか?


 そんな思いが、私の中でますます強くなっていきました。


 そしてついに(今度こそ)、私は「退職」と「転職」とを決意し、さらに実際に行動に移すことになりました。
 思えば、ここに踏み出すまで……長かった。

 次回は、退職・転職を決意し、行動に移してからのことと、その時に考えたことについて、話をします。
 今回もいい加減に長くなってしまいましたので、ここまでとします。



↑:応援してくださる方は、ランキングにご協力をお願いします。


「安倍も福田も世襲議員で、90代、91代衆院選なし総理? やりたい放題? なめんなよ自民党、解散しろ、そして自民党終了で「自Endだ」。バナー 「安倍も福田も世襲議員で、90代、91代衆院選なし総理? やりたい放題? なめんなよ自民党、解散しろ、そして自民党終了で「自Endだ」。バナー


2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト




テーマ:ワーキングプア(働く貧困層) - ジャンル:政治・経済

Kaziti
と、経営側は絶対に思っています。私が以前勤めていた会社の社長は臆面もなくこう言った者です。「死んでもいいから働け」。
労働者は依然として経営者に搾取されているのです。それに気がついていない労働者は「自覚のない奴隷」と同じです。資本側の代弁者である自民党の息の根を止めないと、死ぬのは我々だと言うことになります。

また、ネットの世界に戻って参りました。今後ともよろしくお願い申し上げます。
2008/09/15(月) 19:13:10 | URL | [ 編集]
r
ご無沙汰してます。。。
大変でしたね。
どうか健康には気をつけてください。
時間がないので、今度またおじゃまします。。。
2008/09/06(土) 16:23:50 | URL | [ 編集]
kaetzchen
komichi さんの言うように,いまや下層労働者に対する経営側の仕打ちは計り知れないほどひどいものです.要するに,想像力の欠如,ってやつですね.障害者をいじめて何が悪い,と放言したガキがいたそうですけど,まさにこれと同じ論理ですな.こういう若者を作った素地に,このような労働環境があるのかも知れません.

私はたまたま,親戚に中小企業の経営者がいたりするので,ゲンバの話がついぽろっと出てしまうことがあります.ワードとエクセルで文書作って帰る,なんて論外な奴もいますが(笑),実際にゲンバに出て製造部長や品質管理部長などやってる連中は体力が尽きるまで社員につきあっていたりします.

要するに,社員と共に生きる,共にモノを作る,という意気込みがあるかどうかでしょうね.ちなみに,彼は新潮や文春やダイヤモンドやフォーブスなどの「勝ち組」洗脳用の雑誌は一切読まないそうです.新聞は朝日と日経,雑誌はアエラや日経系ときめてるとか(笑)

# ちなみにフォーブスは見本を見せてもらったけど,アンチ社会主義で,従業員をなめてかかっている雑誌なので,会社経営者のみの会員販売なんだそうな.新潮や文春やPHPに放火してつぶした方がええんとちゃいまっか,と言うと彼もわらってました.
2008/08/23(土) 10:13:27 | URL | [ 編集]
Wise
小路さん、お身体に気をつけてゆっくり休んで下さい。
私はまだ未成年ですが、貴方の過酷な労働条件を読んで戦慄を覚え、私が代わってやりたいと思ってしまいました。
それでは。
お目汚し失礼しました。
2008/08/21(木) 11:56:52 | URL | [ 編集]
komichi@管理人
 墓参りや転職活動等、今週後半はなかなか動けませんでしたが、頑張ってレス返ししていきたいと思います。


>介護補助者さん

 どうぞ。
 今後とも遠慮なく書き込んでくださって結構ですよ。
 お言葉に甘えて、あの書き込みはそのまま残させていただきます。



>ハケン太郎さん

 どうも。
 ご連絡をありがとうございます。

 貴サイトも、時々ですが拝見してましたよ。
 こちらこそ、相互リンクをお願いします……っといっても、もうリンクしているのですがね(笑)。

 それでは、今後ともよろしく。



>【2008/08/15 21:30】 非公開コメントの方へ

 どうも。
 わざわざご助言とお気遣いを、本当にありがとうございます。

 正直なところ、転職活動やその他の用事にとらわれていて、なかなかそこまで行けない状態でした。
 しかしながら、確かにあのような過酷な労働に置かれている現状をあのままにしておくというのは、問題ですね。私の場合は、もう既に退職の手続きを済ませてしまいましたが、だからといって「それで終わり」というのもアレですね。何故なら、残った人たちには、さらに過酷な条件下での労働が待っているのかもしれませんし、おそらくあのままでは経営側の無茶は改まることはないでしょうから。

 今週後半は、転職活動や墓参り等などリアルの用事でとらわれており、なかなか動けませんでした。
 来週も忙しくなりそうですが、それでも空いた時間を、なんとか工夫して使っても、せめてできる限りのことをしたい。せめて一矢報いてやらねば、とも思います。
 
 なかなか動けない日々が続きますが、近日中には何らかの形であなたに連絡を差し上げたいと思います。

 なお、助言とお気遣いに対し、改めて感謝を申し上げます。


2008/08/16(土) 22:29:13 | URL | [ 編集]
ワイナリー
お久しぶりです。最近ブログが更新されないので気になっていたのですが、大変な状況だったのですね。


子路さんが書かれていた「二代目」の話、私も実感として分かる気がします。


私の会社は業務上365日休み無し、24時間営業の中小企業ですが、社長とその息子の二代目(および二代目の兄弟たち)とは「身分が違うんだな~」と思わされることがしょっちゅうです。


例えば社長や二代目たちは、確かに我々と違って現場仕事ではないので、「やる事が違う」と言えば違うんですが、昼勤のみの定時上がりで土日も祝日もすべて休み、それほど長くはないけれどもお盆と年末年始、GWも休むのですが、その反面現場仕事の我々は、夜勤がほとんどで最初から残業ありの勤務体系、お盆も年末年始もGWも休み無し(かえって忙しくなる!)、なおかつ365日誰かが現場に出なければいけない仕事なので休みの変更は珍しくないという感じです。


で、子路さんの話を読んで私も思ったんですが、ほんとに彼ら(経営者や二代目)って我々の事なんか知った事じゃないんですよね。


あらかじめ指定した休日を会社の都合で直前に変更されるとき、我々がどんな気持ちで受け入れているのか・・・またその事で現場の人間の間で感情のもつれがおこるかもしれないという事を、休みの調整を中間管理職に全て押しつけて「我関せず」の彼らには分かってないとしか思えません。


二代目たちがいくら給料をもらっているかは知りませんが、乗っている車のクラスからして我々とは比較にならないでしょう(笑)。金持ちになるための一番の近道は「金持ちの家に生まれる事」であって、一個人の努力が正確に収入に反映するかのごとき言説はいい加減にしてほしいですね。


久しぶりだったのでついつまらない事を書きなぐってしまいましたが、子路さんの「闘い」本当に素晴らしいと思います。くれぐれもお体の方はお気を付けください。
2008/08/16(土) 15:01:31 | URL | [ 編集]
ハケン太郎
『巨大派遣会社と戦うドンキホーテのブログ』の管理人です。
ぜひとも、相互リンクをお願いします。 m(_ _)m
2008/08/15(金) 06:35:39 | URL | [ 編集]
介護補助者
管理人様のように戦う勇気も転職するいまさら、覚悟も行動力も、まして貴方のような過酷な労働環境でも無いのに受け入れ受け止めて下さり感謝します、消却しないで結構です、遠慮しないで書き込みさせていただきます。
2008/08/14(木) 13:17:20 | URL | [ 編集]
komichi@管理人
>MURCUSさん

 どうも。
 コメントありがとうございます。

 この記事をできるだけ多くのブログにTBして、少しでも広めようとしております。

 ただ、一方で思うのです。
 やまもとぶーにゃんさんところの記事も読みましたが、私のような境遇にある人たちや、その二代目役員氏のような経営者は、うちだけではないようです。他にもたくさんいるようです。

 むしろ、何故このような経営者や自称勝ち組・エリートがのさばることになってしまったのか?
 その背景を追求しなければならないとも、私は思います。
2008/08/13(水) 21:35:42 | URL | [ 編集]
サイテーだね!その役員
自分は土日は休んで、 komichiさんは土日も働いてるのに…

この事実がもっと広めなければいけないネ!!
2008/08/12(火) 22:34:01 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
 よく映画監督が絵コンテと言うのを描きます。黒澤明監督のイラストはプロ級だったとか、。  今回、いつも精力的に自End!TBP「自民党政治」にTBしてくれる低気温のエクスタシーbyはなゆーさんの「〔衆院選〕民主党はこのようなテレビCMを作成すれば良いのでは」...
 最初のNEWS(52分)では伊勢崎賢治さんのペシャワール会についての話を聞けます。また角谷浩一さんの民主党離党騒ぎの話などが参考になります。  次の、PART2(90分)ではゲストは町山智浩さんと武田徹さん。  最後のPART3(48分)では町山智浩さんです。  対談はご
 生き抜く力さんの、「第46回 小沢総理、新しい政権の基本政策案を公表!!」の末尾に紹介されている画像です。 (クリックすると拡大します) 小沢代表メッセージ  民主党のHPでも画像。でも何で画像なんだろうね、。これだと、どんなに良いメッセージでも検索エン
 自民党のお祭り騒ぎパフォーマンス総裁選糾弾!ビラのたたき台原稿です。各自本文等に追加修正して利用できるようにパワーポイントのpptファイルでアップしました。(←リンククリックでパワーポイントのpptファイルが開きます。)  まさに、草の根からの手作り
(クリックで拡大し動きます)ポスターバナー第16作目。猿芝居の自民党総裁選、提灯持かい?恥を知れマスゴミ!バナー。動くバナー等機能利用&セキュリティ面からブラウザはIEでなくFirefoxを推奨。 自民党広報誌、読売新聞のマトリクスを丸ごと、雑談日記作成のマト...
 以下、今日の東京新聞「こちら特報部」です。 隣人は見た 太田農相事務所費問題 経済学者池田信夫氏に聞く「首相辞任に一役買った?」 「疑惑上塗り墓穴掘った」 高級住宅地外車も所有 金回りいいな…と 人件費凍結バイトに聞けば分かる 二重経費許す制度に不備
 正直、この映画見ないと損ですよ。周回遅れで米国のまねをしている日本の政治、自公政権がこれからつくり出す日本国の未来を暗示しているような映画です。  僕は、女房と二人で29日に行ってきました。夜の9時から約2時間の上映でしたが「もう終わるの」と、最後に感
 安倍晋三は、テロ特措法(油無料提供隷米ガソリンスタンド法)を通すために「総理としての職を賭す」とまで言い、最後は、テロ特措法(油無料提供隷米ガソリンスタンド法)を通すために「私が残ることが障害に」なるならばとか、民主党の小沢党首に「党首会談を断られ」...
資本系派遣会社の売り上げランキング(クリックで拡大します) 人材派遣業界では、おもにグループ内の派遣を業務の中心としてる会社を”資...
 昨年末から急激な経済減速感が漂い、新聞紙上は「サブプライム問題」とそれの影響を書きたてている。  ・「エビ不振の1年 安値でも需要鈍く」(日経新聞07年12月)・・「豊かさの指標」であったエビの輸入量が昨年大幅に減り、相場も低迷している。家庭用を中心に消費
2008/08/26(火) 10:06:06 | 関係性
 特に「秋葉事件は日本人殺りくの予告(下)」は一人でも多くの人に急いで読んで欲しいです。一部、最初の方だけ転載させていただきました。(上)(中)(下)、すべて読みごたえがありますのでリンク先でじっくり読んでください。  以下、同志ブログ神州の泉、HIROさ
 「11日NHKの中国製自転車空気入れ指切断事故の変なニュースは、前日の太田誠一の「消費者はやかましい」関連?情報操作かな。」でもご紹介していて、You Tubeを見ていただくと分かるのだが、「消費者がやかましい」の後にも「特に日本の場合はですね、(消費者が)...
‘通り魔殺人’に共感する日本の若者たち/高橋哲哉 前回に続いて今回も通り魔殺人事件と関連したことを書く。東京秋葉原の‘歩行者天国’に25歳の若者、加藤智大がトラックで進入し、4人をひき殺したうえに3人をナイフで刺し殺した事件だ。 この事件の特異性は、誰
2008/08/18(月) 18:07:26 | 薫のハムニダ日記
 逆に言うと、その時の国民全員が「敗戦」と思っていて、一人も「戦争が終わってホッとした」って言う人がいなかったら、全員洗脳カルト状態ってことでそれはそれで気持ち悪いよなぁ、。国民にとっては終わってホッとで「終戦記念日」でも良いんじゃないの。  なんでこ
脱税の手口としては、人材派遣業を中心に、本来課税仕入に該当しない人件費を課税仕入となる外注費に科目を仮装することなどによる消費税の...
 説明文、自民党政治の弊害を検証し、政権交代を促します。「ずーっと同じ政権」って、北朝鮮じゃないんですからネ。の「TBP自民党政治 」です。選挙が近そうです。一日も早く5桁の大台に乗せて「自民党政治に終止符を!」の思いを断固実現しましょう。  8000か
円満退社&転職のための各種お役立ち情報 手続きの解説、トラブルへの対処法など 
2008/08/15(金) 02:19:42 | 円満退職&転職マニュアル
北島はすごい! 内村も頑張った! 自分に負けないで 競技をできた人 残念ながら夢が破れた人! 北京の地に立てただけ 君はすごかったんだよ。 君たちは無駄な人生を歩んだわけではない。 胸を張って帰っておいで!? ソフトは勝った! 野球はまだやっているが
2008/08/15(金) 00:27:37 | kimera25
おはこんち。 いや、ちょこちょこ起きたけど 基本熟睡したwww まぁ唯一の問題は・・・ 1ヶ月に1回の、 おなかイタイ日だってことかも しんないけれども(Ο_◇_)Ο ゴンッ ハードな仕事が引き金になるってのも すごいわ(-_-;) 今日は10日ぶりくらい? 夜勤だよ。 **...
2008/08/14(木) 12:29:54 | 憧れの風
googleで「生きてゆく派遣」で検索をかけると、トップにHITするのはこのブログ。 そのコトには以前から気づいており 外のPCから自分のブログにアクセスしたいときなど、この方法を使っています。 しかし先日、 「生きてゆく」だけで検索してもトップにこのブログが表
2008/08/13(水) 17:56:14 | 生きてゆく派遣社員のBlog
今日から北京オリンピック開催で、ここまでには紆余曲折あったけど、何事もなく開催ににこぎつけてよかったと思う。福田首相も昨日北京に飛...
2008/08/13(水) 00:24:27 | カナダde日本語
ども、最近暑くて更新が滞ってしまいました、 やまもとぶーにゃんです。 さて今回から新シリーズ、 「馬鹿警備会社の件」 をお送りしようと思います。 以前、「生い立ち番外編」でこの会社や従業員について綴ってきましたが、 今回はもう少し掘り下げてこの馬鹿警備会社...

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.