嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

12/15のツイートまとめ
komichi2

どうも、こんばんわ。京都・嵯峨の清涼寺付近で観た紅葉です。本日も少しずつでもつぶやいていきたいと思います。 https://t.co/YiEQrFI7ph
12-15 17:27

「クールジャパン」というのなら、まずこういう問題を解決するか、少しでも改善する努力をすべきと思う。 https://t.co/uAZlqJhuRC
12-15 17:35

【ブログ記事】 2016年「京都嵐山花灯路」へ行ってきました・その1 | 小路のヲタク草紙 - teacup.ブログ“AutoPage” https://t.co/4ROmsEK2C0 #kyoto #京都 #京都観光 #嵐山… https://t.co/smYsjL0XwM
12-15 17:35

日本人の・・・否、一部の自称保守・愛国者・普通の日本人たちの差別や暴力、弱い者いじめを止めるという発想はないのか? https://t.co/XtXgyMWL14
12-15 17:44

だから彼らは右翼でも愛国者でもないですよ。強い者に隷従して強者の側に立ち、弱い者を小馬鹿にしているだけの人々ですよ。もし日本が中国に侵略支配とかされたら、今度は「日本は中国の力でまもられている」とか言い出して、中国の手先となって同… https://t.co/SEDjIq7WXt
12-15 17:52

彼らのような人々には愛国心どころか、信念も良心も無いんでしょう。ただ「長い物には巻かれろ」的な強者従属の奴隷根性と、その裏返しである「弱者・少数者には威張る」という弱い者いじめの精神のみ。きっと日本が米国でなく中国に侵略支配された… https://t.co/beR5wtHs9T
12-15 17:53

【ブログ記事】 伊藤若冲の足跡を辿る・その2 | 小路のヲタク草紙 - teacup.ブログ“AutoPage” https://t.co/WEHTwuKcaL #kyoto #京都 #京都観光 #錦市場 #若冲 #伊藤若冲 https://t.co/k5DbhIi78b
12-15 17:54

領土問題ゼロ回答へ 安倍首相“プーチン恫喝”に大ショック https://t.co/h9lqruIWiO #日刊ゲンダイDIGITAL 日本の政治家もマスコミも、何十年も前から同じ失敗を繰り返している。口では勇ましく頼もしいが、肝心なところで功を焦り足下見られて、金だけ取られる。
12-15 18:37

領土問題ゼロ回答へ 安倍首相“プーチン恫喝”に大ショック https://t.co/h9lqruIWiO #日刊ゲンダイDIGITAL ゴルバチョフ時代にも同じようなことがあったなあ。当時は子供だったが、この頃から楽観ムードを煽ったあげくに外したマスコミへの不信感が芽生え始めた。
12-15 18:37

関連記事
スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.