嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
市場原理主義、一億総負け組化が進むほど日本は外国に頭が上がらなくなる!?:その3
副題:市場原理主義を批判しない自称愛国者の中国叩きの虚しさ・無意味さよ(1)


 胡錦濤・中国国家主席の来日もあって、いわゆる「右派」「保守派」と呼ばれる人たちの中国叩きが活発化しているようです。
 チベット弾圧など中国政府の覇権主義的な姿勢や、毒餃子事件とその後の不誠実な対応などに見られるような「自己中」ともいえるような姿勢などは、確かに批判されるべきです。

 しかしながら……。
 特に「右派」「保守派」と見られた人たちの中国叩きを見ていると、一抹の虚しさというか、無力感・脱力感を私は禁じえないのです。
 
「そんな批判の仕方で、中国(というより、中国を牛耳っている北京の独裁者たち)や、それを支えている者たちに届くだろうか? 彼らに少しでも打撃を与えることができるのだろうか?
 いや、それどころか逆に、彼らを利するだけの結果しか残さないのではないか?」

 そんな疑念・疑問を抱いてしまうのです。


 特に、「右派」「保守派」などと見られている人たちの中に、「市場原理主義(=新自由主義)」やそれによって生み出される貧困に対する批判をなしに……それらを擁護・肯定したまま、中国叩きをしている人たちもいるようです。
 しかし……本人たちは気付いているかどうかはわかりませんが、そのような中国叩きは、北京の独裁者たちに対しては、全く無意味です。
 いや、それでは彼らの横暴に歯止めをかけることどころか、逆に彼らにさらなる力を与え、さらなる増長と横暴を許してしまうだけではないでしょうか。
 そして、彼らの日本に対する影響力・支配力をも強めてしまうだけではないか。

 そのように私は懸念を感じます。

 それは何故か?
 本シリーズの第1回第2回でも主張しましたように、「市場原理主義(=新自由主義)」と、それによる貧困(=「一億総負け組化」、いわゆる「格差社会化」)が進むほど、日本の経済構造が外部への依存度・従属度を強めてしまうからです。
 そして実際に、そのようになりつつあるようです。

 これには深刻な懸念を感じると共に、日本の経済的自立(自律)性を重視する立場からも、「市場原理主義(=新自由主義)」と、それによる貧困(=「一億総負け組化」、いわゆる「格差社会化」)に対する批判は必要不可欠であると考えます。
 今回から何回かにわたって、そのことを主張していきます。

 今回はまず、現在の中国(の体制)に対する私の立場や考え方、及び問題意識について大まかなところから述べようと思います。

(komichi)



↑:応援してくださる方は、ランキングにご協力をお願いします。

ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー

2ちゃんねる から子供たちを守ろう!

 胡錦濤・中国国家主席が来日し、さらに今年夏に北京五輪を控えていることもあって、いわゆる「右派」「保守派」と呼ばれる人たちの中国叩きが活発化しているようです。

 非常に深刻な中国国内の環境破壊と、懸念されるその悪影響。
 過激な愛国主義と、それによる異常ともいえる排外主義運動。
 チベットにおける武力弾圧事件と、その背景にある中央政府による理不尽なチベット支配。
 天洋食品の毒餃子事件と、その後の中国側による(まるで日本側に責任を転嫁するかのような)不誠実な対応。
 毒餃子事件だけではない、農薬漬け食物など、中国製製品の品質や安全性に疑問を持たざるをえないような事件の続発。
 などなど……。
 特に近年、中国及び中国政府に対して、疑問や反発を持たざるをえなくなるような出来事が頻発しています。
 そのため、いわゆる「右派」「保守派」の人たちだけではなく、「非右派」「非保守派」の人たちの中にも、中国及び中国政府に対して、批判的な言説を唱える人たちが出てくるようになりました。

 それもやむをえないことでしょう……というか、当然のことでしょう。
 この私……昔は「親中派」「中国マンセー」な時期もあったこの私でさえも、特にここ最近の中国・中国政府のあまりに自己チューかつ覇権主義的なやり方に対しては、疑問や懸念を抱かざるをえません。
 中国・中国に対しては、あまりに強烈な排外主義までは主張する気にはなれません。
 しかし、無批判に迎合したり、あちらの要求や言い分を100%そのまま受け入れるのは、いろいろな意味で危険である。少なくとも、今よりはもっと距離をとった方がいいのではないか。そのように考えるに至りました。

 ですから、今行われている中国批判のほとんどは、当然のこと、あるいはやむをえないことではないか、と考えています。あまりに極端な反中、排外主義の立場をとるつもりもないのですが。


 しかしながら……。

 これら一連の中国批判を見ていると、時々ふと、一種のむなさしさにとらわれてしまうことがあるのです。 
 特に「右派」「保守派」と見られた人たちの中国叩きを見ていると、一抹の虚しさというか、無力感・脱力感を、私は禁じえないのです。
「そんな批判の仕方で、中国(というより、中国を牛耳っている北京の独裁者たち)や、それを支えている者たちに届くだろうか? 彼らに少しでも打撃を与えることができるのだろうか?
 いや、それどころか逆に、彼らを利するだけの結果しか残さないのではないか?」


 そんな疑念・疑問を抱いてしまうのです。


 ここで皆さんには、あの1989年の天安門事件とその後の中国がたどった道について思い返していただきたいと思います。
 当時中国政府は、民主化運動に参加した多数の市民や学生を、武力で殺傷して、さらに徹底的な人権抑圧や思想弾圧などを行い、国際世論の激しい批判を浴びました。
 そして一時は国際的にほとんど孤立しているような状態になりました。
 当時、ゴルバチョフ政権によるペレストロイカやグラスノスチで「自由化・民主化が進んでいる」というイメージがあった旧ソ連とも比べて見られ、「中国はもう駄目だろう」という見方が大勢を占めていました。
 にも関わらず、その後(その実態や内部に関する多くの矛盾や問題などはともかく、少なくとも表面上は)驚異的な経済成長を遂げ、「世界の工場」とか、「世界の成長センター」とかまで言われるように、世界経済の中で大きなポジションを占めるまでになりました。
 また、日本政府が中国政府に対して甘い態度をとり続けていたのを皮切りに、いつの間にか国際的な孤立状態を脱していました。
 さらに、軍事費も年々増大させ、日本を含む東アジア全体に大きな脅威を感じさせるまでになりました。
 結局のところ、当初大勢を占めていた「(1989年の天安も事件と、その直後の国際的孤立によって)中国は終わった。もう駄目だ」という予想に反して、いつの間にか政治的にも、経済的にも、軍事的にも国際社会で、大きなポジションを占めていた。
 しかしその一方、最近のチベット武力弾圧事件に見られるように、人の権利や生命を平気で踏みにじる全体主義的な体質は、天安門事件の時と全く変わっていませんでした。しかもそのような政府が、あの時よりも強大な経済力や軍事力を手にしている。


 天安門事件当時のあれほど激しかった中国批判は、結局何だったのか?
 結局あの時の中国叩き・批判は、中国国内の政治や人権の状況に、ほとんど改善をもたらすことができなかったのではないか?
 今も中国を支配している北京の独裁者たちに、ほとんどダメージを与えられていないのではないか?
 それどころか、彼らの支配する体制が、さらに強大な力を得るのを許してしまったのではないか?
 中国が経済成長を遂げて悪いことばかりではないのかもしれませんが、このようなむなしさや脱力感に囚われてしまうことが、私には時々あるのです。

 
 現在に話を戻しましょう。
 チベット武力弾圧事件で、国際的な批判を浴びているはずの中国政府。
 毒餃子事件などでも、日本側からかなり批判的な目で見られているはずの中国政府。
 その中国政府が、妙に強気な態度に出ていいます。
 チベット問題や毒餃子事件に対する中国政府の言い分を聞いていても、自分たちの非を認めるような姿勢はほとんど感じられません。それどころか、居直りや逆ギレ、さらには責任を相手側に転嫁するかのような発言すら見られます。
 本来なら厳しい批判に晒され、どちらかといえば頭を下げるべき立場にあるはずの中国が何故、あれだけ大きな態度をとれるのでしょうか?
 私にはそれが気になるのです。

 ただの「居直り」とか「強がり」ではないか、という見方もあります。実際、そのとおりかもしれません。
 しかし私には、どうもそれだけではないような気がするのです。

 おそらく中国政府には、ある種の「自信」があるからではないか?
 そう私は見ています。
 1989年の天安門事件の直後、激しい批判に晒され、「同志」であるはずの社会主義諸国は次々に崩壊し、一時は国際的な孤立状態に陥った。
 にもかかわらず、それを(少なくとも表面上は)乗り切って、政治・経済・軍事において、国際社会で大きな地位を獲得するまでに至った。
 おそらくは今回も、中国政府には次のように考えているのではないでしょうか?
 「今回のチベット弾圧の後、一時的には世界中から激しい批判に晒されることになるかもしれない。しかし長い目で見れば、中国の経済成長や中国共産党の支配体制にはほとんどダメージを受けず、今後も続けることができるだろう。
 批判もそのうちに鎮静化するだろう。
 とりあえずは、北京五輪と上海万博さえなんとか乗り切って、“勝利宣言”を出してしまえば、こっちのものだ」
 このようにたかをくくっているからこそ、中国政府はあそこまで強気になれるのかもしれません。

 一応断っておきますが、一部の「右派」「保守派」の人たちのように、徹底した中国排除の立場をとるつもりは、私にはありません。
 また、中国の経済成長が悪いことばかりをもたらしているわけではないことも、存じています。
 しかしながら、現在の中国の政治・社会体制が、このままほとんど改善もされずに、強い経済力や軍事力だけを持ちながら続いていくというのは、やはり問題だと云わざるをえないのです。
 まず、中国国内の思想弾圧や、チベット抑圧などに見られるように、中国人民(特に立場の弱い少数民族)に対するひどい人権状況が続く。そういうことを意味します。
 特に近年顕著になっている、政治・経済・軍事など様々な面にわたる対外的な覇権主義も続く。もちろん日本国も、その脅威に晒され続けるであろうことも、そしていつかそれに呑み込まれていくかもしれないということも、意味します。
 さらに、日本にまで悪影響を及ぼすまでになってしまった深刻な環境破壊や、毒餃子事件などにみられるように、品質や安全性に問題のあるシロモノを輸出してその責任をとらない構造など、中国の経済や社会が抱える問題のために、日本人の生命や安全なども脅かされることになるかもしれない。そういうことも意味するのです。
 以上のことからやはり、中国政府に何らかの改善を促すという意味でも、日本として、日本人として何かできることをした方がいいのではないか、と考えるわけです。現実には、それにも限界はあるかもしれませんが。


 さて次に、「何故、中国に対する批判や抗議などが、今までほとんど無意味なままだったのか?」、「何故、中国の現体制に改善を促すことも、決定的なダメージを与えることもできなかったのか?」といった問題を、私なりに考えていきたいと思います。
 結論から言えば、「批判の仕方が、当の中国(中国政府)に対して、何の脅威やダメージを与えるものではなかったから。それどころかむしろ、中国(中国政府)側を利するものでしかなかったからである」と、私は考えているのです。
 そしてさらに……誤解や批判、反発などを恐れずにいわせてもらえば、中国(を支配する北京の独裁者たち)をのさばらせ、増長を許してしまった責任は、いわゆる「左派」「リベラル」などといった、一見「社会主義・中国」に近そうな人たちによりもむしろ、政権与党の政治家や財界人など、日本の体制側エリートの立場にある人たちにある。
 それと、「右派」「保守派」と見られた人たちの一部にも、中国の全体主義体制の存続と増長に関して、責任の一端がある人たちがいる。特に、「市場原理主義(=新自由主義)」を批判・否定せずして中国叩きだけをしていた人たちは(その自覚のあるなしに関わらず)、日本に対する中国の経済的脅威、及び日本の中国への経済的な依存度・従属度をより大きくしてしまっただけなのではないか。
 そのように考えるのです。

 それはどういうことか?
 以下3つの点に絞って、それを説明していきたいと思います。


問題点・その1:
 中国政府には、日本を仮想敵国に仕立て上げることによって、国内の矛盾や問題から人民の不満をそらし、支配の維持・強化に利用してきたとことろがある。つまりそれは、中途半端な中国叩きや批判は、中国を支配している独裁者たちを利する結果にしかならないということなのです。



問題点・その2:
 中国の言う「社会主義」というのは、既に建前でしかなく、実際の中国は既に社会主義を捨てています。
 にもかかわらず、「中国 = アカ・社会主義・共産主義」などという古いステレオタイプに基づいた誤った認識に基づいて、「中国 → アカだからけしからん、日本にとって脅威である」などという全く無意味な批判を繰り返している。

 日本国内の一部の左派がトバチリでダメージを受けることはあるかもしれませんが(苦笑)、そのような批判の仕方では、北京の独裁者たちにとっては、全く痛くもかゆくもありません。


問題点・その3:
 「市場原理主義(=新自由主義)」を否定・批判しなかったため、どんなに中国叩きや批判をしてもほとんど無意味になってしまった。
 本シリーズの第1回第2回でも主張しましたように、「市場原理主義(=新自由主義)」と、それによる貧困(=「一億総負け組化」、いわゆる「格差社会化」)が進むほど、日本の経済構造が外部への依存度・従属度を強めてしまうからです。
 それ故に、実際には中国側にたいした脅威やダメージを与えることなく、その独裁体制を維持・強化させるだけの結果に終わってしまったのではないか。


 以上3つの点の中でも、特に問題なのが「問題点・その3」であると、私は考えます。


 長くなったので、今回はこの辺で切りたいと思います。
 次回の記事から、3つの問題点(特に「問題点・その3」)について、より詳しく論じていきます。



↑:賛同・共感してくださる方は、ランキングにご協力をお願いします。現在の中国政府の独裁体制や覇権主義は問題だ、と思う方も。それを支えている日本側の問題も何とかしなければ、と思う方もランキングにご協力をお願いします。

ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー

2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

右も左もいりません(吉田松陰は極悪)
特に桜井とかいうオバン、中国を異形とかいっていますね。しかし、この国(日本)は果たして正当ですか!?花壇の花を折るバカリーマン、相次ぐ少女殺人事件、白鳥を殺すのが面白かったという茨城のバカガキ、そして琵琶湖のバラバラ殺人事件etc・・・枚挙にいとまないほどです(苦笑)、しかし、日本がこうなってしまったのは、桜井さんあなたのようなゴロツキウヨク評論家が小泉を何の批判もせずにのさばらせてしまったことですよ!!批判するならこのような殺人を犯す奴や花や鳥大切にしない連中こそ対象ではないでしょうか?それともこいつ等が異形じゃないとおっしゃるのですか?若し桜井さん本人及び関係者が見立ていたらどうぞ何なりと反論を!!喧嘩上等!!
2008/05/19(月) 02:05:48 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
 最初のこの映像を見れば、今回のG8サミットが福田&自民党政権にとっていわば恥部であることが感じ取れます。(笑) 車の窓ガラスを叩き割る警察http://tv.g8medianetwork.org/?q=ja/node/301 7月5日に行われた、[チャレンジ・ザG8・市民ピースウォーク]デモの逮捕
 2006/06/28のエントリー、「小泉と日本国民、SMの世界(笑)⇒「増税してくれというまで削れ」首相、諮問会議で発言【朝日】」です。 (クリックすると拡大します) その時のエントリーで使った、朝日記事のキャプチャ画像。  早速下記「2005・9・11詐欺まがい郵政選...
 「ひまわり博士のウンチク」さんの「2008/06/14 9条改憲を許さない6.14フェスタ」で紹介されているユーモアあれる詩が素晴らしいので転載させていただきます。フォークシンガー三上寛さんや「頭脳警察」のPANTAさんの元気そうな写真も紹介されています。  また、「9条...
フリーター漂流 ~モノ作りの現場で~(2005年2月5日(土)午後9時~9時52分)http://www.nhk.or.jp/special/libraly/05/l0002/l0205.html  今、モノ作り大国・日本は100万人のフリーターに支えられている。厳しい国際競争にさらされる日本の製造メーカー。人件費が安く
 低気温のエクスタシーbyはなゆーさんの――2008年06月14日 〔詳報〕EU理事会の合意「派遣労働者も正社員と同じ待遇にする」 ――の記事で知ったのですが、外信もEU News も2008/06/10発なので秋葉事件との関連・タイミングから言っても注目記事です。ところが日本
 喜八ログの『「右」も「左」もない、オレは「下」や』について、  主張系のブログなので、最初からイデオロギーとしての右左と分かります。「右」も「左」もでなければ、真ん中かいなと思うと――オレは「下」や――でガクッと来てこれはこれで笑えますし、なかなかの
 現在最新のエントリー「「敵を欺くにはまず味方を欺く」手法に警戒すべし」をぜひ読んで欲しい。  以下、注目した箇所を抜粋し転載。(ぜひ全文を上記リンク先で読んでください。)「敵を欺くにはまず味方を欺く」手法に警戒すべし(略)すべては、総選挙での政権交代
どうにも この感覚がわからない! 本来なら20日にUPする予定だったが 詳細追加記事が出ると待っていたが・・・! 残念ながら単発で終わってしまった!関心のことはこれ!******************http://www.asahi.com/politics/update/0520/TKY200805190285.html総務省よ...
2008/05/22(木) 19:21:33 | kimera25
受益者負担という名で 後期高齢者医療と言う名で改悪した 姥捨て山政策! この記事は嘘?*****************http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080519-OYT1T00278.htm後期高齢者医療、健保の負担増940億円…共済も162億円  75歳以上への後期高齢者医
2008/05/20(火) 05:17:16 | kimera25
TV特番で義援金225億円 内外の支援1300億円に(朝日新聞) - goo ニュースについて.  ここに国旗を掲げたのは半旗のつもりです.  goo の記事にはないが,中央テレビの特別番組の「愛的奉献」は中国共産党中央宣伝部や文化省などがスポンサーとなり,国内
2008/05/19(月) 20:57:35 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
「本気で自殺考えたことある」2割 政府が初の全国調査(朝日新聞) - goo ニュースについて.  私自身,自殺を考えたことがあり,また友だちを数人自殺で亡くしている私にとっては他人事でないニュースだ.一番最初の経験は小学4年の時である.当時,私は大けがのため
2008/05/18(日) 19:31:14 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 前回のエントリーで「『ロハス』ということ」を書き、次から次へと下層を無視した『ロハス』に怒りがこみ上げていた。  そんな折に、スロービジネスに関わる仲間のメーリングリストに「起業しないスロービジネス」(Wさん)という魅力的提案意見が流れてきた。その内...
2008/05/16(金) 15:26:02 | 関係性
 「小泉復活?御冗談でしょ、自Endポスターバナー作戦の第12作目を作りました。」のエントリーにscottiさんと言う方から下記のようなコメントをもらいました。私は、後期高齢者医療制度をコイズミが強行採決した事実が広く国民に知れ渡れば、完全にコイズミ復活は阻止
 木村拓哉主演のフジテレビ系「CHANGE」(月曜後9・0)が5月12日から始まったそうだ。主役の朝倉啓太役はおばさんにもセックスアピールで絶大な人気を誇る木村拓哉。(笑)  以下、【あらすじ】http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2008/08-077.html  内
後期高齢者医療制度反対一色に このkimera25はなっているが この制度とセットになっている 重度障害者の問題に 心を痛めている。 ようやく この問題に関しての数字が 明らかになってきた。 この問題は 重度障害者がこの姥捨て山政策に 加入しないと補助が受け...
2008/05/16(金) 05:28:13 | kimera25
19世紀以前は宗教が主な原因で騒動が起こったが、二〇世紀は人種〈肌の色に基づく区分)問題で騒動が起こり、それが解決しない内に21世紀に入ってしまい、現在は宗教と人種の両方が問題(民族問題)で、騒動が起きている。 1960年代に起こったアメリカ黒人の公
2008/05/15(木) 17:43:57 | 逝きし世の面影
 自Endポスターバナー作戦の新作で、第12作目になります。 ↓click⇒enlarge&move 必読参考記事 「正体見たり小泉、そのユダヤ原理主義教徒ぶり考」 関連投稿「小泉はイスラエルに何しに行ったのか?主要マスコミはなぜこれを報道しないのか?」 ↓雑談ブログです。お
台湾から中国に初の「人道直行便」 成都へ支援物資(朝日新聞) - goo ニュースについて.  寝ようと思ったら,こんなニュースが入ってきた.台北から成都へ中台間で初めての「人道的直行便」を台湾人ボランティア27人と共に飛ばすそうだ.  台湾も琉球列島に続く火
2008/05/14(水) 20:31:20 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
アメリカ大統領予備選、民主党はオバマかクリントンか。 どちらに決っても、方や史上初めてのの黒人大統領、方や史上初めての女性大統領を目指すとされている。 此処で日本人的な疑問が湧いてくる。 ヒラリー・クリントンが「女性」で間違いないだろうが、オバマの「黒人
2008/05/14(水) 13:17:32 | 逝きし世の面影
国が決めることだから! 国が決めたことだから! すべてが泣き寝入り! そうはいかない! 住民は意思表示をすべきだと思う! ******************http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiiimay08058/原子力空母配備を問う住民投票求める有効署名4万8661
2008/05/14(水) 06:21:55 | kimera25
1980年の光州事件を題材に扱った韓国映画、『光州5.18』(原題『??? ?? / 華麗なる休暇』。なんでこんなタイトルなのかというと、当時の韓国軍内での作戦名だったから。)が5月から日本でも公開されています。韓国では去年の7月に公開され、重いテーマであるにも関わらず
2008/05/13(火) 16:26:05 | 薫のハムニダ日記
おはこんち~~~。 ねむて(Ο_◇_)Ο ゴンッ 夜勤なんだけどね、今日。 ヽ(  ̄○)ゞ。o○ファ~~♪ 疲労がうまくおちねぇわ(ーー;) あぁ、書類まだできてない(ーー;) 燃やしたろか←ヤメレ ***************** 伊吹氏、ガソリン減税の検討示唆 税制争点に
2008/05/12(月) 12:30:02 | 憧れの風
偶然見た昨日10日のTBS「報道特集NEXT」。  後期高齢者医療制度が施行されてから次々に明らかになる問題にまた新たに一つ加わった、入院91日...
2008/05/12(月) 00:06:57 | とむ丸の夢
中国の胡錦濤国家主席が来日しているが、日本国内のムードはどこかよそよそしい。中国要人の訪日というと、なんといっても1978年のトウ小平(?...
2008/05/11(日) 18:22:25 | きまぐれな日々
今日は雨降りで、朝から少々肌寒い。肌寒いどころか、じっとしていると3月の寒さがぶり返したよう。  もうストーブは片づけてしまったし...
2008/05/11(日) 09:31:29 | とむ丸の夢

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。