嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
07/09のツイートまとめ
komichi2

③「どこに投票してもどうせ大して変わらない」というのにはふたつの心理があると思う。ひとつは政治・社会や自分自身に対する諦めや無力感。もうひとつは「大人しくしてさえいれば生き延びられるし、そう酷い目に遭うことも無い」という根拠なき楽観主義と正常性バイアス。しかしこれこそが平和ボケ。
07-09 00:02

④「どこに投票してもどうせ大して変わらない」というのは間違いだ。例えば以下のような恐ろしいことを堂々と公言するような人たちにこのまま政権与えて、我々がこのまま安穏と生活し続けられるのか? 本当に「変わらない」ならどんなによかったか。https://t.co/XYpLXxdmkm
07-09 00:24

⑤国民主権や基本的人権、民主主義をも公然と否定する発言をしているのが、今の政権与党の幹部・閣僚級の政治家。この事実を重く受け止めるべきだろう。 ⇒ 自民党 改憲派政党 国民主権、基本的人権 は我々権力者にはジャマだ。憲法から削除だ https://t.co/XYpLXxdmkm
07-09 00:34

⑥「どこに投票してもどうせ大して変わらない」という有権者は、重度の共依存に陥ったDV被害者か、不良に嬲り殺しにされるホームレスのような状態に陥っ ているのではないか。諦めと「大人しくしていればいい」という根拠無き楽観論にすがり続けているうちに、遂には本当に殺されてしまうという。
07-09 00:44

必見、選挙前情報 テレビでは決して見ることはない自民党の中心人物たちの本音が集約されています。「彼らはいい人、頼りになる人達」なんて思ってなんとなく投票すると…その先には恐ろしい現実が私たちを待ち受けています。(by小畑幸三郎氏) https://t.co/Y68pdJtLN6
07-09 00:53

「政治的中立」という名の下、思想調査か密告のごとき「実態調査」をしようとした自民党議員。こんなことしてどうするんでしょうか。やばいと気づいて削除したようですがこちらに残されています。⇒ https://t.co/3AM1Rw5kvK https://t.co/IGFKr4rQGS
07-09 01:11

閑話。こちらも、京都・三条の瑞泉寺の境内に咲いていた紫陽花です。 https://t.co/azkMJ9sWur
07-09 01:22

【動画版】アベノミクスによろしく https://t.co/mOVjHXSlW3 これはわかりやすい! 「物価を上げる⇒景気が良くなる」という前提自体が大間違い。 「アベノミクスのエンジンを吹かす」ということは、「実質賃金ガンガン下げます」と言っているのと同じ。
07-09 04:39

この「街の声」を削れ! 放送現場を萎縮させる安倍政権の「行きすぎた口出し」 〈AERA〉|dot.ドット 朝日新聞出版 https://t.co/ky3P8wsriT 安倍政権のこれまでにない「執拗かつ巧妙」なマスコミへの干渉。やる方も酷いが、言いなりになるマスコミも悪い。
07-09 05:08

【スクープ!】「自公候補が負けたら長野県は補正予算でいい思いはできない」と安倍総理が発言!?自民党長野県議による極めて「悪質」な脅し発言が明らかに! https://t.co/cAmOauYsLP
07-09 09:58

閑話。初夏の京都・平安寺宮の神苑に咲いていた睡蓮です。 https://t.co/Sk4Oau9n4Z
07-09 10:10

この想像力の欠落こそが一番の問題だと思うのですが・・。こうした危機を前にしても認識できない想像力の欠落と、過剰な正常性バイアスを、わかりやすい言葉で平和ボケというのだと思います。 https://t.co/LojLYyzQt6
07-09 17:23

ならば残念ながら、この種の人たち、ここまで想像力の無い人々にはもう何を言っても無駄ではないかという気も・・・。極論すれば、自分か身内の生命か権益が失われたり、決定的に脅かされる事態にならないとわからないということに・・・。 https://t.co/LojLYyzQt6
07-09 17:24

やっぱ、これですかね……。自民党の改憲草案だけでなく、自民党の政治家も「国民主権も、基本的人権も明確に否定する」と明言しているのがわかっていても、サヨク、在日むかつく」といった類の情緒的反発を優先させてしまっているという……。 https://t.co/5rS8Cr0kw3
07-09 18:56

①イソップ物語「ツバメと鳥たち」https://t.co/LzzhRvXw65 何人かの方から、「自民党が国民主権も基本的人権も否定している」と言っても、多くの人は「サヨク、ザマーミロw」という認識しかないのではないか、という見解をいただいた。その時、この話を思い出した。
07-09 19:12

②イソップ物語「ツバメと鳥たち」https://t.co/LzzhRwf7uF 重大な危機に気づいて警告を発する人が居ても、大半の人はそれを自分自身にも降りかかってくる問題だと認識できずに、嘲笑や冷笑を浴びせるだけという話。原発問題など、今の日本や日本人のことを言ってるようだ。
07-09 19:17

③自民党 改憲派政党 国民主権、基本的人権 は我々権力者にはジャマだ。憲法から削除だ https://t.co/XYpLXxdmkm 例えばこういう問題。まさに「おまえの人権を無くしてやるぞ」「おまえは俺たちの奴隷だ」と言われているのだと気づいている人は、どれだけ居るのだろうか?
07-09 19:22

④【雇用・争点】残業代ゼロ法案は大きな争点であるのに争点化されていないのはナゼ?(佐々木亮) https://t.co/nueuqvPmai こういう問題でも、まさに「おまえを一生残業代なしでこき使ってやる」と言われていることに気づいている人どれだけ居るのか、不安になってきた。
07-09 19:28

鞍馬から貴船へ @ 京都妖怪探訪(445) | 小路のヲタク草紙 - teacup.ブログ“AutoPage” https://t.co/60pZMSo5Lj #kyoto #京都 #妖怪 #京都観光 #貴船 #鞍馬 #貴船神社 https://t.co/0QXGCfmPmn
07-09 19:37

閑話。初夏の京都・貴船の川床です。https://t.co/7otrUSauHq #kyoto #京都 #妖怪 #京都観光 #貴船 #川床 https://t.co/9574aLwdso
07-09 19:51

以上、ネオきのこムーヴメントさんの、いわゆるネトウヨ・冷笑に関する論考。長いし、私はこの人とは立場も考え方も違うのだが、この論考は非常に面白いと思ったので、全文RTさせてもらった。
07-09 22:21

関連記事
スポンサーサイト











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。