嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

05/02のツイートまとめ
komichi2

おはようございます。しばらくぶりになりますが、本日も少しずつでもつぶやいていきたいと思います。気がつけば、つつじの季節になりました。 https://t.co/FprhgUWsHg
05-02 06:06

いかにもオタク系ネトウヨが喜びそうな記事。最近の「日本は外国人からこんなにスゲーと思われている」系の番組と同じ臭いがすると思ったら、配信元が産経新聞だった。 ⇒  「進撃の巨人」を排除…日本のアニメに怯える習近平政権 #ldnews https://t.co/LKg5WWzc0l
05-02 06:35

これは2007年の弊ブログ記事だが、最初は日本からの輸入や猿真似ばかりだった中国の漫画・アニメの世界でも、徐々に自前の作家が育ちつつある。漫画・アニメに限った話ではないが、いつまでも「日本がアジアで最先端」みたいな価値観では駄目だ。 https://t.co/1TVpRQ03sU
05-02 06:41

特集ワイド:続報真相 いびつな「大日本病」 - 毎日新聞 https://t.co/pXV20P7yp0 私は日本の歴史文化や二次元文化は誇るべきものであると思うが、最近の日本礼賛や「反日」叩きの風潮には、違和感や危うさと共に、痛々しさを感じずにはいられない。
05-02 06:49

「報道の自由度」というよりは、「報道機関の軟弱度ランキング」が扱うべきお話:小田嶋隆氏 | 晴耕雨読 https://t.co/CfCEBmxT9M まさにその通り。権力者からの強制よりも、大衆・マスコミ自身が自ら進んで萎縮して、社会全体の自由度を下げている点こそが一番の問題だ。
05-02 06:57

「いい子になって、いい学校に入り、いい就職して、出世する」のを至上とする価値観が、自ら進んで「長い物に巻かれたがる」という奴隷・負け犬根性を日本人に植え付けてしまったのかな、と思う。これは報道の世界だけの問題ではない。 https://t.co/CfCEBmxT9M
05-02 07:02

「非正規雇用が増え、労働市場の流動性が高まったたことで、転職リスクが減っているのかとおもいきや、少なくとも一流企業の社員は、キャリアをしくじることに強烈な恐怖感を抱いている。」新自由主義「改革」が日本人を萎縮させた点にも注目。https://t.co/CfCEBmxT9M
05-02 07:07

この手の嘘は「原発がなければ電力不足になって死人が出る」という原発推進派のデマと同種のものやと思う。危機や不安を煽るけど、事実さえ知れば、あるいは正しい知識・情報さえ確認できたらすぐにばれるというもの。人を小馬鹿にした嘘である。 https://t.co/QHrzEJBRQz
05-02 07:19

全国の原発が停まって一年数ヶ月以上の間、停電や電力不足が起こるどころか、当時も各地で花灯路やルミナリエ等の大規模ライトアップイベントが。あれで「原発なければ電力不足」は嘘だったと確信したが、今もその手のデマで、地震が起こっても川内原発稼働させるのを正当化する人が居るのには閉口。
05-02 07:24

「原発無ければ電力不足」だの、「憲法があるから災害対応できない」だの、「憲法があるから戦後モラルが崩壊して殺しなど少年犯罪が増えた」だの、とうの昔にばれた嘘、きちんと事実確認さえすればわかるような嘘を、自らの主張を通すために吐き続けるのは、どれだけ人を愚弄しているのかと思う。
05-02 07:35

「お上と強者が絶対的に正しくて、それに文句を言うのは悪」ということなんですな。最近、この手の「長い物には巻かれろ」精神の持ち主が。さらに、そのくせに「お上」の権威をカサに、弱者に威張ったり、批判者を小馬鹿にする手合いが増えている。 https://t.co/6x7eAF0dbF
05-02 07:46

[自立できない人間や町が原発に賛成する~小出裕章氏インタビュー] https://t.co/IHXX9FnZ2X 原発問題も、米軍基地の問題も、無駄な公共事業等の問題も、結局のところこれだな、と思う。
05-02 07:49

こういう発想の人がたくさん居て、安倍自民党政権を支えているのではないか。自公の理念や政策を支持してよりも、いわゆる左翼に対する反発から自民勝利を喜ぶ人。しかし、自分たちの言動の結果に対する想像力も責任倫理もゼロ。 https://t.co/vxq8AnRh1k
05-02 07:57

安倍自民党を積極的に支持してというより、いわゆる左翼、政権を批判する人たちへの反発心(それもどちらかと言えば直感的・情緒的な反発)から、自民党勝利を喜ぶ人が多い。しかも、非正規雇用者や身体障害者など、どうみても安倍自民党の政策で切り捨てられる社会的弱者の人たちにも多いのは何故か?
05-02 08:08

そう言えば高島章弁護士って、ネトウヨから「レイプ写真を送りつけられる」などセクハラ同然の嫌がらせを受け続けてきたSEALDsの女子学生に対して「民主主義だからそれも受け入れるべき」とご高説をたれた人物だったな。セクハラ裁判担当した時、女性被害者に対しても同じ事を言うのだろうか。
05-02 08:14

左翼や市民運動の批判をするのもいいんだけどね。その批判者自身に、「自分の政治的言動がどういう結果を招くか」「その結果、誰が得して、誰が損するか」などと考える想像力や、結果に対する責任倫理が欠けているが故に、単なる弱い者いじめへの荷担にしかなっていない。そんな残念な言説が多すぎる。
05-02 08:19

仁和寺御殿と水餓鬼伝説 @ 京都妖怪探訪(437) | 小路のヲタク草紙 - teacup.ブログ“AutoPage” https://t.co/kaErarKDd8 #kyoto #京都 #妖怪 #京都観光 #仁和寺 https://t.co/SjhF4R9DEx
05-02 08:25

ここで、しばし閑話。本日は仕事休みにつき、奈良まで足をのばしてみました。写真は奈良公園の鹿です。 #奈良 #鹿 https://t.co/4QtQlrIHRI
05-02 19:09

奈良公園に立つ注意標識。これも奈良ならではの光景でしょうか。 #奈良 #鹿 https://t.co/NYIXqgalYQ
05-02 19:09

本日は、奈良国立博物館にて開催中の特別展に。『鳥獣戯画』『源氏物語絵巻』等と共に、我が国で最も有名な国宝級絵巻のひとつ。それが全三巻公開されるというのですから、観に行かない訳には行きません。 #信貴山展 #奈良国立博物館 https://t.co/rUkL7WQUp8
05-02 19:10

奈良国立博物館の特別展では、『信貴山縁起絵巻』の他、『地獄草子』等、以前から見たかった国宝級絵巻をじかにみることが出来て感激です。来て良かった。 #奈良 #信貴山展 #奈良国立博物館 https://t.co/iDHgkPnhPG
05-02 19:10

奈良国立博物館の『信貴山展』のついでに、興福寺と興福寺国宝館にも行って来ました。あの阿修羅像とかも、観て来ました。おかげ様で、楽しく充実した休みになりました。 #奈良 #興福寺 https://t.co/cXbF8jjfzF
05-02 19:12

閑話はここまで。写真は奈良から帰る途中の近鉄駅に咲いていたつつじです。 https://t.co/GCpG2Gam4V
05-02 19:41

関連記事
スポンサーサイト











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.