嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

02/28のツイートまとめ
komichi2

力不足や身内の裏切りで実現できなかったものの、沖縄の基地問題を何とかしようとしていた鳩山政権を、エセの反鳩山沖縄世論をでっちあげてまで潰した。しかし、明確に沖縄の民意に挑戦し、軍事独裁国家ばりの暴力を住民に振るう安倍政権の横暴は見て見ぬふり。これもこの国のマスコミのご都合主義か。
02-28 00:04

本当なら官僚で8人目。おトモダチはカネまみれです:金子勝氏 | 晴耕雨読 - teacup.ブログ“AutoPage” http://t.co/hwFB3gWLXD もし日本社会(司法、マスコミ、そして国民世論)にまともな自浄能力があったら、安倍政権は何回倒れているかわからない。
02-28 00:16

【お勧め記事】今の日本社会で起こっている現象とその原因をズバリ言い当ててる。 ⇒ 首相が国民の関心を政治に向けたくない時には、こんな構成になる模様ですーNHK :山崎 雅弘氏 | 晴耕雨読 - teacup.ブログ“AutoPage” http://t.co/SMkfAIbeJv
02-28 00:20

不正献金の下村文科相、日本の子どもに愛国心強制しながら息子は小学校から英国へ - ネタりか http://t.co/FqU3z2re4M この国で「保守」「愛国者」を自称し、上から目線で道徳や教育を説く人たちの実態とか正体なんて、だいたいこんなもんだ。
02-28 00:24

「女に参政権与えたのが失敗」差別発言連発!衆院選候補者“女性の敵”ランキング http://t.co/Pl6E2xOSje むしろ、こんな差別者たちに政治権力与えたのが大失敗だろう。棄権で結果的に彼らを大勝させた有権者も少しは考えてみた方がいいと思う。
02-28 00:35

昔、「31歳フリーター、希望は戦争」という負け組出身の論客が居たが、いわゆる先進国からISに行くような人って、ああいうタイプが多いのではないか? 自分たちを受け入れてくれない社会の映像をなんでもいいかぶち壊したいというヤケクソ気分からああいう道に。 #nhk_fukayomi
02-28 09:02

「今の日本は平和ボケだから戦争を」とか「若者はたるんどるから徴兵制を」などという発想も、ISに参加する若者と同じだと思うよ。現状への不満に対して「その現状を何でもいいからぶち壊せばいい」という半ばヤケクソの危険で安易な発想する人は、昔から日本に居た。 #nhk_fukayomi
02-28 09:06

IS問題で、若者の参加が問題視されているが、日本では中高年も危ないと思う。「戦後日本はダメだから」と戦前を美化したりする発想は、自分が不満な現状を否定したいが為に、民主主義否定した過去に幻想を抱くその種の発想は、ISのそれと酷似どころか根本的に同じ。 #nhk_fukayomi
02-28 09:11

しかし「武力に頼ってはテロをなくすことはできない」というのが、9・11以後の教訓ではなかったのか? 差別や貧困への取り組みといった根本的な対策よりも、安易な武力行使に走っている現状を見ると、世界は、人間は歴史どころか経験にも学ばないものかと思えてくる。 #nhk_fukayomi
02-28 09:19

否! (テロや貧困をなくすには)「民主主義、資本主義を根付かせればいい」という発想も、実は危険だと思う。民主主義や資本主義、つまり「近代」こそが、さらにそれが正しいという発想こそが、貧困や経済格差、その先の帝国主義を生んでしまったのだから。 #nhk_fukayomi
02-28 09:23

【お勧め記事】 : 20年前「オウムに入る奴の気持ちは分からない」といっていた友人の今。 信者だけでなく、日本人は皆、マインドコントロール? http://t.co/m6tNYJ2Dvz オウムやISに何故、若者が引き寄せられたのか? この問題は日本人にも他人事では無い。
02-28 09:35

①以前から考え、主張しつつづけてきたことではあるが。子供のいじめや若者の犯罪・反社会的行為を見ていると、その多くは、大人社会の歪みを反映したものである。つまり、悪事を働く子供や若者の多くは、実は我々バカな大人たちのやっていることをコピーしているに過ぎないのだ。以下、例をあげる。
02-28 09:48

②例えば、川崎の中学生惨殺事件で犯人として逮捕された少年グループを見よ。あの種の不良集団によくある「先輩には絶対服従」とか「集団を抜けるのは許さない」とか。つまり、いわゆる体育会系組織と同じ。ああいう前近代的な年功序列の人間関係が支配する組織、今でも日本には多いのでは無いか。
02-28 09:52

③大津のいじめ自殺事件。学校も、警察も、何故周りの大人たちは、事なかれ主義に陥って、加害少年の悪事を止めようとせず、さらに事件を隠蔽し続けようとしたのか。その原因のひとつに、加害少年の親がPTA会長まで務めた金持ちの有力者だったことがあげられる。大人社会の序列が子供の世界にも。
02-28 09:56

④大津のいじめ自殺事件。もし、加害者側の親が金持ちの有力者ではなく、例えば低所得の派遣社員だったとしたらどうだったか? 学校も、警察も、事件を隠蔽とか、見て見ぬフリとか、あそこまでバカなことはしなかったのではないか。あれは、大人社会の序列が、子供の人間関係をも歪めていた例だろう。
02-28 10:00

⑤平成5年の山形の中学生マット殺人事件。閉鎖的なムラ社会に他地域から引っ越してきた被害少年をいじめぬいた末に起こった事件だった。違いや差異を認め合うよりも、「皆と違うから」という理由で村八分にするというのは、子供社会だけではなく、日本の大人社会にも現在もよくみられる現象だ。
02-28 10:11

⑥昭和63~64年東京足立区の女子高生監禁コンクリ詰め殺人事件。加害少年たちが何故、あそこまでむごたらしい行為をできたのか? 当時、事件の裁判に関わった弁護士の話を新聞で読んだのだが、加害少年の一人が、暴力を当然とするような家庭環境にあり、それが影響していたということだった(続)
02-28 10:20

⑦あの女子高生コンクリ詰め殺人で、裁判に関わった弁護士さんの話。加害少年の一人の家庭では、父親が泥酔して帰ってきては家族に暴力を振るうということが、日常的に繰り返されていたという。その中で加害少年も「暴力で他者を支配する」ということを覚え、習慣化していったと考えられるのだという。
02-28 10:24

⑧川崎の中学生惨殺事件や、足立の女子高生惨殺事件の加害少年たちだけではなく、「暴力や虐待行為によって他者を支配する」という手法は、程度の差こそあれ、日本のいわゆる体育家系組織で今も見られる。子供のいじめだけでなく、DV、パワハラ、モラハラ、セクハラなど大人社会の問題もこれと同じ。
02-28 10:30

⑨以上、過去の事例で見てきたが。結局、いじめや凶悪犯罪など、子供や若者社会の問題は、日本の大人社会の歪みを反映しているのだ。悪事をする子供や若者は、我々バカな大人のさらなる劣化コピーにすぎないのだ。大人社会の矛盾に目を向けず、いじめや犯罪を子供の問題としても解決するはずがない。
02-28 10:34

⑩少年犯罪をなくす、減らすには「少年法をなくせばいい」という発想もいかがなものか。多少の抑止力にはなるかもしれないが、根本的解決は無理だ。何故なら、子供や若者のいじめや犯罪のほとんどは大人社会の歪みを反映したものだから、そんな子供社会だけの問題とした発想で解決するとは思えない。
02-28 10:41

⑪少年法廃止が、子供のいじめや凶悪犯罪には無効と思う理由・2。悪事を働く子供や若者は、大人社会の矛盾や欺瞞を見抜き、大人たちの弱い点を巧妙に突いてくる。少年法廃止という大人社会からの締め付けを強化しても、彼らはさらにシタタカにその網の目をかいくぐり、より巧妙に悪事をするだろう。
02-28 10:47

⑫漫画・ドラマ『GTO』などで描かれていたように、弱い者いじめしたり、担任教師を陥れたりなどの悪事を働く子供は、大人社会の欺瞞を見抜き、その弱い点を巧妙につきながら悪事を行うものだ。大人からの力による締め付けをすればいいというのは、そんな子供たちを舐めた、ものを知らない発想だ。
02-28 10:56

⑬もし今のまま、少年法を廃止し、少年犯罪への罰則を強化したとしても。表面上、多少は少年犯罪の件数は減るかも知れない。だがその一方で、よりシタタカにその網の目(ザル)を逃れた子供たちによるいじめや犯罪はより外から見えにくくなり、さらに巧妙化・陰湿化していく危険性さえ考えられる。
02-28 11:06

⑭よりわかりく言えば。少年法を廃止し、少年犯罪への罰則を強化しても、親や学校、警察や行政などの大人社会が今のままの「長い物に巻かれろ」的な事なかれ主義のままではどうなのか。問題が起こっても、まず隠蔽とか見て見ぬフリするだけ。それをいいことに子供たちはより巧妙に悪事を続けるだけ。
02-28 11:12

⑮少年法を廃止し、少年犯罪への罰則を強化しても。いわゆる体育会系のような「先輩と上位者は絶対」などという前近代的な、手段としての暴力すら容認するような人間関係を放置したままでは、子供たちの暴力や弱い者いじめを正当化し続けるだけ。問題が起こっても、皆で誤魔化すのは大人も子供も同じ。
02-28 11:23

⑯結局、子供のいじめや犯罪、虐待行為をなくすのは、「テロ撲滅への道」と同じようなものだと思う。武力行使や罰則強化など、力による締め付けはよく言っても一時的な措置にしかならない。それを生み出す我々が住む社会の矛楯や欺瞞にも目を向けた、根本的な取り組みを根気よく続けるしかない(了)。
02-28 11:27

関連記事
スポンサーサイト











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.