嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

01/26のツイートまとめ
komichi2

こんにちは。このとこほとんど「自己責任」論とやらに関するツイートばかりしております。他の話題もとりあげたい、京都の光景などを写真付きで紹介するツイートも書きたい、政治以外の話題を書いたブログ記事を更新したいとも思いましたが……残念ながら今は、なかなかそんな気持ちになれません。
01-26 16:27

今回と、10年ほど前のイラク人質事件の時に起こった「自己責任」騒動は、日本人の最も悪い、残念なところが露呈した社会現象であると考えております。普段の私はブログ記事等で、京都や日本の光景や歴史文化、伝承等に触れ、語ることを楽しみとしておりますが、最近はそういう気にもなれずにいます。
01-26 16:38

「自己責任論」で中世に退行する日本(古谷経衡) - Y!ニュース http://t.co/vN1axnJH2s 「自己責任」論とやらについての論考で、秀逸だと思ったひとつ。ただ今の日本は、「中世に退行」どころか、三千年の歴史上で最も愚劣な時代を突き進んでいるようにすら思えてくる。
01-26 16:44

「自己責任論」で中世に退行する日本(古谷経衡) - Y!ニュース http://t.co/vN1axnJH2s 「国外で危険に晒されている同胞を助ける必要はない」という結論に達するならば、これはもう「近代国家」の根底が崩壊することになる。 (本文より)
01-26 16:47

……自己責任論がまかり通るのなら、それはもう「鎖国という祖法を破って、海外に渡航する領民については、何をやっても幕府は捨て置く」という、江戸時代の日本の、中世の世界観と瓜二つである。(本文より) http://t.co/vN1axnJH2s
01-26 16:50

「自己責任論」で中世に退行する日本 http://t.co/vN1axnJH2s 「国家に貢献しないものは、庇護する必要はない―。この考え方を突き詰めれば、例えば生活保護の受給者そのものを蔑視したり、社会的弱者を嘲笑する、という昨今のネット上の風習に行き着く。 」(本文より)
01-26 16:52

「自己責任論」で中世に退行する日本 http://t.co/vN1axnJH2s 彼らは経済的にも社会的にも「強者」であるがゆえに、「自己責任論」を振りかざして憚りないが、自分がいつでも、不慮の事故や病気で「庇護される側」に回る可能性がある、という想像力を欠いている。(本文より)
01-26 16:58

当然のことだが、「強い日本」とか「美しい日本」は、彼ら言う「家族のような同胞」の連帯を基礎としているからだ。「自己責任論」はそれに反し、同胞を同胞とも思わない、醜悪な前近代の世界観が支配しているように思える。 (本文より) http://t.co/vN1axnJH2s
01-26 17:02

日本的「自己責任」とは詰まる所「自業自得」=「"村八分"への恐怖」である - Togetterまとめ http://t.co/SJubbY8rMK  こちらも、日本ならではの社会現象として「自己責任」騒動を分析・考察した秀逸な論考です!
01-26 17:10

「自己責任」論者の正体は「体制順応主義者」。つまり、本来の「自己責任」原則とは対極に居る「長い物に巻かれろ」的な奴隷・負け犬根性の持ち主達が、異質者を排除することによって、自らの惨めな立場や人生観を肯定しようとする行為だったわけか。⇒ http://t.co/fNH9ZF6Xi2
01-26 17:22

日本的「自己責任」とは詰まる所「自業自得」=「"村八分"への恐怖」である - Togetterまとめ http://t.co/fNH9ZF6Xi2 またこの論説は、最近マスコミ等で流行らしい「日本は実は素晴らしいぞ言説」に感じていた違和感やおかしさについても納得の説明をしている!
01-26 17:28

かつての日本人は貧乏だが、「貧困」ではなかった。 http://t.co/5FB3dZyIYG 本来の日本人とは、このように優しく、たくましく、心豊かな偉大な民族だったのだ。同胞さえ情け容赦なく踏みつけにする現代日本人と比べてみてどうなのか? 何故、こんな風になってしまったのか。
01-26 17:53

マスコミが流布している「日本は凄い」「外国に好かれている」的な言説よりも、こういう言説こそ今必要なものではないだろうか。 ⇒ かつての日本人は貧乏だが、「貧困」ではなかった。 http://t.co/5FB3dZyIYG
01-26 17:57

それにしてもNHKの報道は無惨な事になってるね。総理や政府に不利な事はもう全く触れないんだね:松井計氏 | 晴耕雨読 - teacup.ブログ“AutoPage” http://t.co/HQy1m63Gz5
01-26 18:04

<世界中が日本を尊敬している>とか<世界中に愛されてる日本>なんて日本スゴい的なTV番組ばっかり観て、そんな日本ヨイショ本ばかり読んでたら、そりゃあシビアな国際関係なんか見えなくなるよな。(本文より) http://t.co/HQy1m63Gz5
01-26 18:05

「自己責任論」が与える私たちの暮らしへの影響 ―社会保障・生活保護を中心に―(藤田孝典) - Y!ニュース http://t.co/Nj7x08vYOz
01-26 20:26

歴史的には、「自己責任論」の議論は終結していて、議論の余地はないように思う。社会保障制度において、危機に瀕した国民を政府は国家責任において保護をする。しかし、この確立した国民の権利を自分たちから放棄しようとするのが「自己責任論」 http://t.co/Nj7x08vYOz
01-26 20:29

「自己責任論」が与える私たちの暮らしへの影響 ―社会保障・生活保護を中心に―(藤田孝典) http://t.co/Nj7x08vYOz 多くの生活保護受給者は「生活保護になるとは思わなかった。生活保護があって本当によかった。」と口にする。次はあなたの番かもしれない。(本文より)
01-26 20:31

一昨年、自分のドジが原因ではあるが、事故でマジで死にかかったことがある。もし「自己責任」原則が適用されていたら、今頃私は、そのまま放置されて死んでいたか。あるいは一生治らないような障害を背負ったまま、仕事も失って生活ができなくなっていたことだろう。
01-26 20:34

一昨年、事故って車椅子や松葉杖を頼る生活を送っていた。バスで席を譲られたこともある。完全に自分のドジが原因だったのだが、ほんの少しの失敗やきっかけで、自分自身もいつ弱者の立場になるかわからないものだ、と痛感した。またそうした場合、「自己責任」原則では助からなかっただろうと思う。
01-26 20:45

人質が解放されるようなことが「あっては困る」と思う人が政府部内にいたと考える他ありません:内田樹氏 | 晴耕雨読 - teacup.ブログ“AutoPage” http://t.co/IACe9QHozq やはり戦争・警察国家化を進めるために確信犯的にやっているではないかと思う。
01-26 20:52

何か、ここしばらく政治的ツイートばかりになってしまいました。少し休みます。
01-26 21:30

関連記事
スポンサーサイト











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.