嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014年・将軍塚の紅葉 @ 京都妖怪探訪(389)




 どうも、こんにちは。
 今年の紅葉のピークは過ぎたかな? ……などいう気もするのですが、それでも紅葉記事を(笑)。
 本シリーズ『霊場魔所の紅葉シリーズ』のうち、将軍塚の紅葉の光景をお届けします。

 将軍塚は、シリーズ第233回第234回第235回第272回と4回とりあげてきましたが。
 この度、長期の工事を終えて、「青龍殿」という新たな建物が移築されて一変しました。
 それに伴い、「青蓮院門跡(しょうれいいんもんぜき)」の秘仏で国宝の「青不動明王」も特別公開されましたので、この度訪れました。



 京都・東山に立つ古刹、「青蓮院門跡(しょうれいいんもんぜき)」








 現在の将軍塚は、「青蓮院門跡(しょうれいいんもんぜき)」の飛び地境内、つまりこの寺院の一部となっています。
 「青龍殿建立」「青不動明王ご開帳」に伴い、ここから将軍塚までバスが出ていました。
 将軍塚に行くには、東山ドライブウェイを車で登るか、このバスに乗るしかないようです。
 確か、歩いて登る道もあったような気もするのですが、どうだったかよくわかりません。現在は閉じられていたか、地元の方もよく知らないほどマイナーな道だったとか(詳細をご存知の方は、こちらのコメント欄にでもご一報くださるとありがたいです)。


 しばらくバスに乗って、将軍塚へ。
 将軍塚の「大日堂」という建物の前です。
 








 「大日堂」で拝観券を買って中へ。









 まずは青龍殿に祀られている「青不動明王」に参拝。
 ただ撮影は禁止されていましたので、ここでその姿を皆様にお届けすることは出来ません。
 その代わりになるかはどうかはわかりませんが、ここでこういう御札をいただきました。






 参拝後は、青龍殿周辺の紅葉を観て回ります。















 将軍塚の大舞台、展望台へ。









 北展望台から観た京都の街の夜景。









 大舞台から将軍塚へ。
 その途中も紅葉に彩られていました。






 現在の将軍塚の姿です。








 以前からすれば、何というか、随分とさっぱりとした姿に……。
 ちなみに、以前の将軍塚の姿は以下の通り。






 うーん。
 上に多くの樹を生やした、いかにも「魔所」という怪しい感じの、前の姿の方が、私は好きだったのですがね……。
 ちなみに。
 そもそも将軍塚とか何か?
 何のために創られたのか?
 以前訪れた時に、妖怪伝道師の葛城玄幽氏が解説されました。
 その時の動画を以下に貼り付けておきますので、興味ある方はご覧ください。







 ここには青龍殿の大舞台の他、もうひとつ展望台があります。
 こちらは高さが十数メートルありますので、そこからも京都の夜景を眺めてみます。






 もちろん、境内の紅葉を眺めるのも。









 展望台の上から見た、現在の将軍塚です。






 ちなみに、以前の将軍塚を上から見た姿は以下の通り。






 やはり以前の、上から木々を生やした怪しい姿の方が、「魔所」らしくてよかったと思うのですが、いかがでしょか?


 帰りの道にも紅葉が。



























 それでは今回はここまで。
 また次回。





*将軍塚の周辺地図・アクセスはこちら



*将軍塚のHP
http://www.shorenin.com/shogun/




*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm




*この記事はこちらからの転載です。




ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー



岩上安身責任編集 ? IWJ Independent Web Journal



2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:紅葉 - ジャンル:写真











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。