嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
経ヶ岬・その1 @ 京都妖怪探訪(383)




 どうも、こんにちは。
 本シリーズの北京都編。
 いよいよ近畿最北の地、京都最北の妖怪伝説にまで辿り着きました。
 それが今回紹介します「経ヶ岬」です。

 この「経ヶ岬」という地名の由来ですが。
 一般には、この地に見られる地形に由来すると言われています。
 この岬の周辺は波の浸食作用によって、石に柱状に割れ目の入った柱状節理が見られる断崖絶壁となっています。その割れ目の入った断崖絶壁が、経巻を立てたように見えるので「経ヶ岬」と呼ばれるようになった。
 しかしこの地名の由来は、この地に伝わる悪竜の伝承から来ているという説もあるのです。
 昔、この辺りの海には悪竜が出没し、船を転覆させるなどの悪事をはたらき、それをある僧がお経や文殊菩薩真言の力で悪竜を封じたか、改心させたので、「経ヶ岬」と呼ばれるようになった。そんな伝承も遺されています。
 『京都妖怪探訪』シリーズで、そういう地も是非とも訪れたいと思いました。



 「丹海バス」で、「天橋立」「籠神社」のある宮津市、「浦嶋神社」のある伊根町を通過し、丹後半島の最北端「経ヶ岬」を目指します。









 途中で「蒲入」という、小さな漁港を通ります。












 見た感じ、静かな、穏やかな漁村という感じでした。
 「ここでゆっくりしていきたいな」という気もしました。
 が、一日で「籠神社」「傘松公園」「浦嶋神社」そして「経ヶ岬」といういくつものスポットをわずか一日で回るハードなスケジュールを組んでいましたので、「先を急がなければ」という気持ちの方が、この時は勝ってしまいました。
 何よりもバスの本数があまりなさそうなので、「ここでバスを降りてしまったら、後が大変そうだな」という判断もありました。

 しかしこの時、港には「漁港めし」の幟が。
 後で調べてしたら、「蒲入水産」という地元の会社が、期間限定で「漁港めし」という料理を出していたとのことでした。
 メニューを見ると「旬のお刺身」「漁師汁」「丹後コシヒカリのご飯」等のメニューが……。
 その時は急いでいたとはいえ、そんな美味そうなものを食べる機会を目の前にしながら、みすみす逃していたとは。しかも、今年の「漁師めし」営業は既に終了したとか。
 うーん。今更ながら、何とも残念です。
 何時になるかはわかりませんが、次にここを訪れる時には、是非とも食べてみたいものです。
 その為にも「蒲入水産」さんには、是非とも来年も「漁港めし」を続けていただきたいものです。

 ……と、話を戻します。


 「丹海バス」でさらに北へ。
 車窓の外には、丹後の海の光景が広がっています。












 「経ヶ岬」停留所に到着。





 ここにはバスか車の他、交通手段がないようです。





 バス停から岬に行くには、2通りの道がありました。ひとつは車でも行ける広い道。もうひとつは、浜辺を通る狭い道と。
 私は後者の道を選びました。海岸浜辺の光景もゆっくり見てみたかったのと、車の通らない道を歩く方が事故の危険も少ないだろうと考えたからです。
 しかし後から思えば、この判断のために苦労することになってしまうのですが(苦笑)。


 狭い道を浜辺へと降りていきます。












 伝承では、悪竜と戦った僧は岬の上に上って三日三晩もの間、文殊菩薩真言を唱え続けたとされています。
 そこで海岸から、岬へと登る道を行きました。















 そして岬へ続く道を歩き続けるのですが……。


 記事がそこそこの長さになりましたので、今回はここで一旦切ります。
 それではまた次回。





*経ヶ岬(「京丹後市観光協会」HPより)
http://www.kyotango.gr.jp/navi-blog/kyotango-tourist-attractions/nature/resort/tango-resort/%E7%B5%8C%E3%83%B6%E5%B2%AC/




*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm




*この記事はこちらからの転載です。




ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー



岩上安身責任編集 ? IWJ Independent Web Journal



2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都旅行 - ジャンル:旅行











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。