嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

浄福寺・護法大権現 @ 京都妖怪探訪(356)



 どうも、こんにちは。
 今回は天狗伝説の遺されている京都市内の古刹と、天狗が祀られている境内社を紹介します。
 
 長い歴史の中で、京都はいくつもの大火や戦乱などに巻き込まれて、そうした多くの災厄の中からも、いくつもの伝説・伝承が生まれています。
 今回訪れました京都市上京区内にある浄福寺と、その境内に立つ護法大権現にもそうした伝説が遺されています。

 天明8年(1788年)、天明の大火。
 その時、鞍馬山から舞い降りてきた天狗が、浄福寺境内のクロガネモチの大木の上に降臨し、巨大なうちわをあおいで火を消し、東門の手前で大火を食い止めた。
 そんな伝説が遺る門と大木が、現在も浄福寺に遺されていると聞きましたので、今回訪れてみました。


 まずは、いつもの通りアクセスからいきましょう。
 京都市上京区にある、今出川浄福寺の交差点。





 最寄りの交通機関は、京都市営バス「今出川浄福寺」停留所です。
 そこ交差点から、その名も浄福寺通りを南へと歩きます。






 少し歩きますと、通りの西側に見えてきます。
 浄福寺の東門と、大きなクロガネモチの木が見えてきます。





 この東門は朱塗りであることから「赤門」とも呼ばれ、この寺を「赤門寺」と呼ぶ人も居るそうです。
 「鞍馬の天狗はこの赤門の上に立って大火を防いだ」という説もあるそうです。



 現在は知恩院に属する浄土宗の寺院ですが、元々は延暦年間(782~802年)頃に創建された天台宗の寺院だそうです。





 創建の詳細については、現在では不明だそうです。
 皇室などとの関係も深かったのですが、長い歴史の中で度々焼失の憂き目に遭っています。
 江戸時代に入った元和元年(1615年)に現在の地へと移されていますが、その後も何度か焼失の難に遭ったそうです。



 東門から中に入ります。






 境内の参道から入ってすぐ右の場所にある「護法大権現」。








 ここは、天明の大火の時に寺を救った天狗を祀っているそうです。
 ちなみに「権現」というのは、仏教の仏様が日本の神様の姿をとって現れた存在です。
 「本地垂迹(ほんじすいじゃく)」という、日本の神仏習合思想によるものです。


 権現堂にかけられている絵馬の数々。
 天狗の伝説や、天狗への信仰の様子が描かれているものも見られます。












 奥の方には「弁天堂」なども見られます。






 そして、権現堂の奥に立つクロガネモチの大木です。





 鞍馬から来た天狗は、この大木の上に立って大火を防いだと伝えられています。
 つまり天明大火の頃には立っていたということですから、樹齢は何百年にもなるはずです。
 私の拙い写真ではうまく表現しきれていませんが、いかにも何かが宿っていそうなそんな感じすらしてくる木です。

 それにしても鞍馬天狗さん。
 この寺だけでも何度も焼失したりしているのですから、天明大火の時だけに限らず助けに来てくれたらよかったのに、などとも思ったりしたわけですが……。
 神様も、ヒーローも、必ずしもこちらの都合や要望に合わせて助けに来てくれるとは限らない、ということでしょうね(苦笑)。


 明治に「廃仏毀釈」「神仏分離」が行われた影響もあって、現在では仏教と神道や民間信仰などは別物のように考えられているようですが、日本の長い歴史では、こうした「神仏習合」によって、両者は融合・共存してきたのです。
 これも、そうした日本古来の歴史と伝統を感じさせるもののひとつです。
 仏教の中には、天狗を「仏敵」ととらえる宗派もあるのですが、そんな「仏敵」や「妖怪」の類すらも「権現」として祀られているのは面白いですね。
 日本という国、日本人という民族は本来、杓子定規的な善悪二元論にとらわれたりしない、大らかさをもっていたのではないか。
 こういうものを見る度に、ふとそんな考えが浮かんできます。





 それでは今回はここまで。
 また次回。





*浄福寺の周辺地図は、こちらをご覧ください。





*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm




*この記事はこちらからの転載です。




ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー



岩上安身責任編集 ? IWJ Independent Web Journal



2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:妖怪&日本の民俗 - ジャンル:











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.