嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
06/09のツイートまとめ
komichi2

こんばんわ。今夜も少しでもつぶやいていきたいです。
06-09 20:00

育児や家事サポートする外国人労働者 受け入れ検討を提言へ 経済審問会議の民間議員 http://t.co/EaQq4M17pg ほら、やっぱり。最初は高度専門職から、家事手伝いへ。そう遠くない将来、単純労働者の移民まで家族と共に移住することが認められることになりそうだよ。
06-09 20:20

このままではいずれ、単純労働者を含めた移民の大量導入→外国人参政権となるのは目に見えている。どちらも「安価な労働力」と「世界市場の拡大・画一化」というグローバル資本の利益になるから。そして安倍晋三という人は、保守のフリしたグローバル大資本の利益代理人だってことも忘れちゃいけない。
06-09 20:24

安倍首相は保守ではなく、グローバリスト。というか、グローバル大資本の代弁者だった。以下は第一次安倍政権の頃に出されたアジアゲートウェイ構想だが、この時から既に安倍首相の正体は明白、わかる人はわかっていたのだ。 ⇒ http://t.co/N6eNqOexDX
06-09 20:29

私は外国人移民の排斥や差別を主張しているわけではない。だが、大資本が安価で大量な労働力の確保を目的とし、また日本人労働者の弱い立場を考慮しない移民導入は、社会の平和や多様性をもたらさないどころか、さらなる貧困の拡大や、差別や憎悪・対立などを激化させる結果にしかならないと思う。
06-09 20:32

悪いけど、まだ腹が立ってしょうがないな。「ナントカ委員会」というB層向けプロパガンダ番組で「移民反対」とウソついた安倍首相にも、そんなTV番組放映したマスコミにも、こんなのに自ら進んで騙された一般大衆にも!
06-09 20:56

ダメだ、少し政治的ツイートから離れて頭を冷やそうと思いましたが、まだ頭に血がのぼったままです……。
06-09 20:57

派遣法改悪、移民導入、残業代ゼロ法案など。働く日本人を「これでもか、これでもか」というくらいに踏みつけにしまくる現政権の姿勢を見ていると、我々一般人が豊かになれる可能性は考えにくいな。何となく支持、あるいは民主党や中韓などに対する反発から、安倍自民党を勝たせた代償は大きかったな。
06-09 21:19

①一部の軍事専門家や、軍事マニア・オタクなどの間で、「この日本で徴兵制が施行されることはない。何故なら、現代の戦争は高度な専門性が求められるので、寄せ集めの徴兵は無用だから」という議論があるようだ。しかし私は「このままでは徴兵制度かそれに近い制度が施行されるかも」と予測している。
06-09 21:24

②何故か。確かに軍事的合理性の点から、高度専門性の期待できない徴兵は無駄なだけかもしれない。だが、徴兵制度を復活させたい人々は、必ずしも近・現代の戦争で戦える兵士を求めているわけでも、高度な専門性を求めているわけでもないからだ。(続く)
06-09 21:27

③まず、日常生活でも時々見かけるような……というより、実は結構よく居る、「イマドキの若い者は礼儀知らずでたるんどるから、軍隊へ入れて鍛えなおせ!」などという類のオジさん、オバさんとか。子供や若者を力で威圧し、暴力的に矯正しさえすればいいというアナクロニズムは未だに根強く存在する。
06-09 21:31

④これは決して誇張や冗談でも無い。現に、新入社員を軍隊や自衛隊へ入隊させてしごくような企業は、少なくない。特に経営者が保守的だったり、マッチョ志向の会社とかは。松下政経塾辺りも、同じようなことをやっていたっけ。あのサムソンも、進入社員を軍隊に入れてしごいているというではないか。
06-09 21:37

⑤少し以前にもあった、中国の大学で行われていた、学生の軍事教練なんかもそうだ。そこで使用されている武器などは旧式のものだから、実戦では役に立たないという。つまり、実際の戦争で戦わせるために、学生の軍事教練をやっているのではないというのだ。(続)
06-09 21:41

⑥大学関係者の話では、実戦で兵士として戦わせるためでは無く、「愛国心や規律などを学生に植え付けるため」に、学生に軍事教練をやらせているのだという。
06-09 21:45

⑦子供や若者・新人は、軍隊のように、力で威圧して従わせ、暴力的に矯正して、礼儀や規律(年長者や上位者への服従)をたたき込んでやればよい。日本でも、中国でも、韓国でも、どこの国でも、オジさんやエラい人たちの考えることには大して違いはないようで、苦笑せざるをえなかった。
06-09 21:49

⑧だが、笑ってばかりはいられない。理由やいきさつはどうであれ、実際に徴兵されてしまうと。今の体育会系以上に、前近代的・非人間的な組織の中でしごきまくられ、辛い体験をしなければならない。さらに本当に戦争が起こったら、「殺すか、殺されるか」の死地に立たされることになるだろうから。
06-09 21:54

⑨さらに日本の場合は、未だ史上最悪級の原発事故現場から放射能が垂れ流され続けているという現状もある。徴兵か、それに近い制度が施行された場合、高度専門性が求められる現代戦の戦場で使えなくても、福島で放射能の後始末を強制的にやらされる、という可能性もありえると、私は思う。
06-09 22:01

⑩だから特に若年層は、安倍内閣が進めている「戦争できる国づくり」を、自分にも関係のある問題として、シビアに見た方がいいと思う。オールド左翼や護憲論者に対する反発もあるかもしれないが、もう少し想像力を働かせ、危機感をもって、戦争体験者の話にも耳を傾けた方がいいと思う。(了)
06-09 22:03

私はかつて、バリバリの体育会系の運動部に所属していたからな。葬送体験はないけど、「先輩の言うことには絶対服従」という、あの前近代的な年功序列のキツさとか、不条理さとかはよくわかっている。ましてやそんなものの発祥地である軍隊のキツさというは、想像するだけで恐ろしくなる。
06-09 22:05

確か、今は亡き右遠俊郎という作家が、「直接の戦争体験はなくても、体育会系組織の人間関係の厳しさを体験し、知っていれば、軍隊とか戦争とかいうものを想像し、知ることができる」みたいなことを言っていたのを、今でも思い出す。
06-09 22:08

東寺・天降石と尊勝陀羅尼の碑 @ 京都妖怪探訪(353) http://t.co/vV46DLzR9c #kyoto #京都 #京都観光 #Temple #寺 #Toji #東寺 #祭 #弘法 #密教
06-09 22:11

それでは、明日も朝が早いので、今夜はここまでとします。まだ、頭に血がのぼったままで、どうもいけません。次に上がってくるときは、もう少しくらいは冷静になっているといいのですが。それでは皆様、また!
06-09 22:14

関連記事
スポンサーサイト











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。