嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
05/13のツイートまとめ
komichi2

こんばんわ。今夜も少しずつでもつぶやいていきたいです。
05-13 20:54

改めて思うけど、この人は何のために知事・市長になったんだろう? 大阪府民・市民も何故、こんな人物をリーダーに選んだのだろう? ⇒ 『橋下市長が住民説明会で発言 「何人鼻血を出そうが、どんなに住民が反対してもガレキ燃やす」』 http://t.co/bj1t07q4px
05-13 20:57

①「アンチ左翼」の左翼(サヨク)化。前にも言ったけど、「アンチ左翼」というか、左翼を叩き、批判する側の人たちにの中にも、自分たちが批判している左翼(サヨク)・プロ市民と同じようになりつつある人、または同じような間違いを犯しているような人たちが増えているように思う。
05-13 21:07

②最近の『美味しんぼ』や『はだしのゲン』、その前の映画『靖国』叩きとか。抗議というか、大声でもっともらしい正論振りかざしてがなり立てさえすれば、自分の気にくわないものを潰せるという発想。愛国者を気取り、左翼叩きをしている人たちが、自らの批判対象と同じことをしているとは嗤える。
05-13 21:11

③(いわゆる「在特」や「ネトウヨ」などを含む)アンチ左翼は、左翼・プロ市民から派生して、左翼・プロ市民よりもサヨク的。あまり美しくないし、ありがたくもない、平成日本版「出藍の誉れ」か(苦笑)。
05-13 21:18

④誤解のないよう断って置くが、私は左翼を擁護したり持ち上げたりする気はないし、私自身も共産党など既存左翼の批判も随分してきた。だが、アンチ左翼側にも、理念もビジョンもなく、「批判のための批判」「本人の自己満足のための批判」が多い。それがかえって社会を悪くしているようにも思える。
05-13 21:30

⑤左翼にもいろいろ問題が、矛盾や欺瞞も多かったのは確かだが、それでも格差拡大など資本主義の悪い部分を何とか抑えてきた役割はあった。それさえも無くされようとしている今、アンチ左翼側の中に、そうした問題を真面目に考えている人がそれだけ居るのか。疑問に思えることが時々ある。
05-13 21:36

⑥はっきり言えば、自分なりに真面目に考えた結果というよりも、「サヨクが反対するから、あいつらが気にくわないから」という理由で、原発も改憲も賛成というようなのも少なくない。そんなものは彼ら自身が批判するサヨクと同じかそれ以下。特定の何かに対する感情的反発しかない、ただのガキだ。
05-13 21:40

⑦左翼を批判するな、とは言わない。だが、左翼批判に限ったことではないけど、社会・政治に対する発言をする時は、誰かを叩くだけというのはダメだ。理念かビジョンか、せめて、それで影響を受けるかもしれない誰かに対する想像力とか、社会への責任というものは、念頭に置いてほしいものだ。(了)
05-13 21:44

少し前に、「ファミリーマートが10件くらいの抗議でフォアグラ販売をやめた」というのも、随分とアホで情けない話だと思った。企業や組織、社会全体に事なかれ主義がはびこり、それが一部のアホなプロ市民もどきを増長させ、多数が誰かの顔色をうかがうという息苦しい社会になってしまったのか。
05-13 21:49

そういえば、『美味しんぼ』第1巻だったか。とれたてアンコウの肝を料理して「不健康な肝臓より、健康的な肝臓の方が美味しい」と言って、フォアグラを否定した山岡士郎は見事だと思った。ファミマに抗議した人たちも、仏の食文化フォアグラを否定するなら、それくらいやればよかったのに、と思う。
05-13 21:54

『美味しんぼ』に対する賛否は別にしても、放射能と鼻血との関連を疑ったのは、あの作品だけではないはずだが? だが、原発にしがみつく人たちの必死な反応を見ていると、この国では、論壇よりも、学説よりも、報道よりも、デモなどの運動よりも、漫画の方が影響力あるのかと、少し複雑な気持ちに。
05-13 21:59

『美味しんぼ』とか、『そばもん』とか観ていたら、もう新聞やテレビのニュースとかは、報道として、社会の木鐸としての役割を自ら放棄して、その代わりを一部の漫画がやっている。そんな気もしてきたな……。
05-13 22:08

しかし『美味しんぼ』がやったことは、本来ならばジャーナリズムと称する新聞やテレビなどがやるべきことじゃないだろうか? 『美味しんぼ』の問題を他人事に報道している場合じゃないだろが。この問題ひとつとっても、もうこの国の大マスコミはダメだと思えてくる。
05-13 22:19

プロとか専門家というのは、その技能や言説によって飯を食っている人でもある。つまり、普通よりも優れた専門的な知識や見識はあっても、カネや保身、組織防衛などの為に、カネと権力のある者におもねって、事実や自らの良心に反したことを言うこともありうる人たちでもある。原子力村の学者とか。
05-13 22:27

公明党(=創価学会)が、自民党に手を貸しさえしなければ、安倍自民党がここまで好き勝手にやりたい放題はできないはず。そのくせ、集団的自衛権などの問題でちょっと反対のポーズをとったりして、自分たちだけいい子ちゃんになろうとしている。その欺瞞・偽善者ぶりがあるから、なおさらムカつくな。
05-13 22:30

京都・嵐山の夕景 #kyoto #京都 #京都観光 #嵐山 http://t.co/WmTeoyOTNZ
05-13 22:34

京都・嵐山の夕景・その2。 #kyoto #京都 #京都観光 #嵐山 http://t.co/pA1lUWvDCT
05-13 22:35

京都・嵐山の夕景・その3。 #kyoto #京都 #京都観光 #嵐山 http://t.co/Yc5DN6haEk
05-13 22:38

関連記事
スポンサーサイト

小路@管理人
>つぶれさん

 レスが遅くなってすみませんが、コメントありがとうございます。

 何と言いますか、日本のマスコミ・出版業界も終わっているのではないかという気がしますね。
 ほんの少し前までは、NHKとかもまだ「公正中立」の体裁だけは保とうとしているところは見られたと思うのですが、最近はそれすらもかなぐり捨ててしまったような……。
 まあ、嘆いていたり、マスコミをディスってばかりでも、しょうがないので。
 それに代わるメディアや情報源を我々ひとりひとりが、ほんの少しずつでも支え、育てていかなければ。
 最近はそんなことも考えています。
2014/06/20(金) 15:38:14 | URL | [ 編集]
つぶれ
てきとう
ttp://blog.livedoor.jp/googleyoutube/archives/51852285.html

安倍ピョンは靖国参拝、消費税、集団的自衛権など、何かやらかす時に必ずマスコミと会食する。

こんな手で籠絡されるマスコミは情けない。
おまけに最近は利益が少ないせいで嫌韓という禁断の果実に手を染めてしまい、TV、週刊誌、書店に至るまで
(新聞はさすがにないと思いますが)嫌韓ニュースや嫌韓書籍で大フィーバー。
2014/06/12(木) 20:15:37 | URL | [ 編集]
小路
>つぶれさん

 コメントありがとうございます。
 こうした話題に関しては、今後もツイッターか、あるいはブログの長文記事(再開することあればですが)で、とりあげたいと思いますが。
 ここでは簡単に以下の2点だけ。


>政権交代前のマスコミはどこへ行ってしまったのでしょうか。

 私は政権交代前もその後も、日本の大マスコミは変わっていないと思います。
 彼らは一貫して、「売国支配層の手先、あるいはそのもの」でしかない、と私は見ています。
 思えばあの政権交代も、「民主党という未熟な政党に一旦わざと政権を渡して失敗させ、国民を裏切らせて、国民の希望と政治的関心を完膚なきまでに奪って、より権力基盤を強化する」という策略だったのかもしれません。
 せめて、我々を含む国民大衆がもっとしっかりしていれば、そして肝心の民主党のリーダーたちがもっとしっかりさえしていれば、あんなセコくてチンケな謀略などに負けなかったとは思うのですが。
 日本の国民大衆が馬鹿だとは思いませんが、「長い物には巻かれろ」的な負け犬根性が染みついているが故に、マスコミの洗脳・プロパガンダに簡単に流されてしまうのが問題だと思います。



>中国から移民を受け入れる予定の国が、攻め込むわけはないと思うのですが。

 100%断言できる者でもありませんが、私は「ありうる」と思います。
 何故なら、「対中戦争」も、「中国からの移民受け入れ」も、どちらも「グローバル大資本や、彼らとグルの売国支配層の利益」になるからです。
 戦争になっても、「移民→国民貧困化」となっても、最も犠牲になるのがカネも権力もない大多数の国民大衆であるから。
 それらを推進してきた売国支配層やグローバル大資本は、日中両国がどうなろうが、ほとんど犠牲を祓わずに、大きな利益を受けるからです。
2014/06/09(月) 11:42:54 | URL | [ 編集]
つぶれ
ネットに洗脳された人たちが思考停止して騒いでいるような気がします。
マスコミも広告料が得られず売らんかな主義になって韓国をやっきになって叩いています。
政権交代前のマスコミはどこへ行ってしまったのでしょうか。

ところでこれは本当なんでしょうか?
中国から移民を受け入れる予定の国が、攻め込むわけはないと思うのですが。
ネタかなぁ?

『【岩上安身のツイ録】官邸前抗議行動に加わった現役キャリア官僚の危機感「日本は戦争へ向かう。自分は日本から逃げる」

本日の安倍総理の記者会見、安保法制懇の報告書を受け、集団的自衛権行使容認を発表すると思われるが、この流れを深刻に懸念していた官僚もいる。
お名前は出せない。官庁名も伏せておく。現役のキャリアである。昨年末、秘密保護法が可決される直前の抗議行動に参加した。人生初のデモ体験だった。
国会前や官邸前、あるいは各省庁前でいくら反対の声をあげても、まったく政治家や官僚にはこたえない。
官僚たちは日本が民主主義国だと思ってもいない」とその人物は言った。

では、なぜ、有効ではないとわかっていても、抗議行動に参加したのか?
「いてもたってもいられなかったから」と。
結果として、このキャリアの危機感は的中した。秘密保護法可決からわずか半年で、安倍政権は解釈改憲に踏み込もうとしている。
同省内ではかなりハイクラスのポジションにあるが、それでも上の上がいる。意見具申しても聞き入れられる状況にない、という。
「うちの上層部はもう、戦争を覚悟しており、その方向へ進もうとしている」。

なぜ?という問いに即座に「一部の人は、儲かるから」。戦争は一部の人間にとってはビジネスなのだ。

ttp://iwj.co.jp/wj/open/archives/140101
2014/05/26(月) 23:29:36 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。