嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

2014年「千本ゑんま堂」の普賢象桜 @ 京都妖怪探訪(345)




 どうも、こんにちは。
 もう桜の時期は過ぎた……などと思われがちですが、まだ桜の美しい場所は残っているものです。
 桜の中でもソメイヨシノなどはもう盛りを過ぎてはいるのですが、八重桜など遅咲きの桜がまだ咲き誇っている場所もあるようです。
 今回の『霊場魔所の桜シリーズ』では、本シリーズでも何度か取り上げました、「千本ゑんま堂の普賢象桜の、今年の様子をお届けします。



 千本ゑんま堂へのアクセスは、以前にも紹介したことがありますので、今回は省略します。
 アクセスについての詳細は、こちらをご覧ください。


 この時期のソメイヨシノなどは既に見頃を過ぎていましたが、ゑんま堂の庭には、「普賢象桜」という八重桜が咲き誇っていました。















 ここで少しばかり、「普賢象桜」について説明を。
 千本ゑんま堂HPの「普賢象桜」のコーナーには、次のように書かれています(以下、引用)。
 

>往古の朱雀大路頭(すざくおおじがしら)船岡山の刑場の麓に植えられた当山発祥の桜です。一ひら二ひらではなく、花冠のままぼとりと落ちるこの桜の散り様が、さながら斬首される囚人の姿に似てるため、中世の所司代は、この花を獄舎の囚人に見せ、仏心を起こさせたとも伝わっています。応永 15年(1409)、後小松天皇の薦めで当山を参詣した将軍・足利義満は、境内に咲き誇ったこの桜に感服したそうです。
花の中心からみどりの葉が二本伸びていて普賢象菩薩の乗る象のきばのように見えると言うのです。


(引用ここまで)




 姿形だけでなく、その歴史も随分とユニークな桜です。
 しかし考えようによってはちょっと怖い感じもします。
 「花冠のまま落ちるこの桜の様子が斬首される囚人の姿を想起させる」という話ですが、これを見た囚人は「仏心」だけでなく、「恐怖心」や「無常観」をも起こさせたのではないかという気がしてくるのですが……。
 桜にはどことなく死のイメージがつきまとうようですが、この普賢象桜も、閻魔大王と地蔵菩薩を祀るこの場所にふさわしく、死や無常のイメージがどことなく感じられるようです。



 普賢象桜と紫式部の像。





 紫式部といえば、『源氏物語』の作者として有名ですが。
 そんな紫式部の像と供養塔が何故、このような場所にあるかといいますと。

 ひとつは、「紫式部が千本ゑんま堂を開基した小野篁に憧れていたから」という説。
 もうひとつは、「紫式部が地獄に落ちて苦しんでいたのを、小野篁が救った」というもの。
 何故、紫式部が地獄に落ちたかといいますと。
 『源氏物語』という当時としては、あまりにもエロい小説を書いてしまったので、地獄に落ちたとか。
 しかしそれならば……。
 官能小説家とか、エロ漫画家とか、エロゲー制作者とか、AV制作者とか、やおいやBLの同人作家などもみんな地獄行き。現代社会は地獄行きになりそうな人であふれかえっているような気がするのですが(苦笑)。
 さらに『今鏡』という歴史文学書の記述によれば、紫式部は「源氏物語という架空の愛欲小説を書いて人々を惑わした」ことが、仏教の「不妄語戒(嘘をついてはならない)」に反したので、大焦熱地獄に落とされたという話ですが。
 それならば、小説や演劇、漫画、アニメなどのフィクションを創っている人たちも皆、地獄行きということになるのではないか、という疑問が。
 最近、世界の地獄などについて少し勉強し始めているのですが、仏教の地獄行きの基準は結構厳しくて、現代人のほとんどは地獄行きになりそうです(苦笑)。



 話を境内の庭散策に戻します。

 普賢象桜以外の花も咲いていました。









 そして、境内庭に祀られている‘わらべちゃん’こと「童観音(わらべかんのん)」と普賢象桜です。





 実は、2年前(シリーズ第179回の時)にも、ここの普賢象桜を撮っていました。
 あの時と変わらず、春になると美しく咲き誇ってくれる普賢象桜も、私にとっての楽しみのひとつです。
 こういう四季毎の自然の美しさとたくましさを目にする時が、私は「日本人に生まれてよかったな」と思える瞬間のひとつです。






 それでは今回はここまで。
 また次回。





*白千本ゑんま堂へのアクセス・周辺地図は、こちらをご覧ください。



*千本ゑんま堂のHP
http://yenmado.blogspot.jp/





*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm




*この記事はこちらからの転載です。




ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー



岩上安身責任編集 ? IWJ Independent Web Journal



2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:桜の名所 - ジャンル:地域情報











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.