嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014年・二条城の梅




 どうも、こんにちは。
 オフの多忙等で、なかなかネットに関わる時間を確保できず、画像や記事をアップするのが遅れがちですが。
 それでも。
 四季の美や変化を観て、それを読者の皆様と共有していこうという試みはできる限り続けていきたいと思います。

 前回記事に続いて、今年の梅の様子をお届けします。
 今回は、京都・二条城の梅の様子を。



 二条城の入り口付近。





 京都市営地下鉄の「二条城前」駅や、京都市営バスの「二条城前」停留所からが便利でしょう。



 門から中へ。
 梅園は入り口から少し入ってやや奥の方なので、しばらく歩きます。






 壮麗な「唐門(からもん)」前を通り過ぎて。






 桜園へ。
 この時(先月後半くらいだったかな?)はまだ、桜はまだ蕾の状態でした。






 さらに城内の門をくぐって。






 梅園へ。
 この時はまだ五分咲きくらいだったかな。
 それでも梅の花が咲き始め、それを観に来た観光客の姿も。






 紅梅、白梅ともに花を咲かせています。















 さらに梅園を歩きます。
















 梅の光景はここまで。
 ただ、せっかく二条城まで来ましたので、本丸跡まで上ってみます。















 本丸跡から眺めた光景です。









 ところで今頃はもう、梅から桜へと移っているのでしょうか。
 このように、それぞれの四季毎に違った美の光景が楽しめる。
 これもまた、私が「日本人に生まれてよかったなあ」と思えることのひとつです。



 今回はここまで。
 また次回。





*二条城へアクセスの周辺地図は、こちらをご覧ください。



*二条城のホームページ
http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/



*この記事はこちらからの転載です。



『京都妖怪探訪』もよろしく。




ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー



岩上安身責任編集 ? IWJ Independent Web Journal



2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。