嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014年・小野梅園の梅 @ 京都妖怪探訪(339)




 どうも、こんにちは。
 今回から『京都妖怪探訪』シリーズの中でも、季節ごとの新シリーズ、『霊場魔所の梅』を始めます。
 京都の様々な霊場魔所のうち、梅の名所をとりあげます。

 小野梅園とは、歌人として、絶世の美女として、そして異能者としても名高い小野小町にゆかりの深い古刹です。
 本シリーズ第98回から第102回までとりあげたことがあります。第100回では、2011年の梅花の様子をお届けしました。
 今回は今年(2014年)の小野梅園の梅の光景をお届けします。



 小野随身院の門から入ります。






 毎年、3月の終わり頃に「はねず踊り」が開催されます。
 この「はねず踊り」については、シリーズ第99回でもとりあげています。


 梅園へ。
 この時はまだ5分咲きくらいだったでしょうか。












 まだ蕾の紅梅も見られましたが。






 それでも既に咲き誇っている白梅も。









 薄紅色の花も。












 白い花と薄紅色の花とが同じ木、同じ枝についているという珍しい光景も。









 梅園以外の境内でも。









 私が訪れたのが、1週間あまり前でした。
 おそらく今頃は、見頃になっているのではないかな、と思います。
 ちょうど明日は「はねず踊り」もありますから、ちょうどいいでしょう。
 ただし今年は、私は行けませんが……。
 また来年を楽しみに。



 それでは今回はここまで。
 また次回。




*小野随心院へアクセスの周辺地図は、こちらをご覧ください。


*小野随心院のホームページ
http://www.zuishinin.or.jp/index.html




*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm



*この記事はこちらからの転載です。



ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー



岩上安身責任編集 ? IWJ Independent Web Journal



2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。