嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
02/25のツイートまとめ
komichi2

都知事選2014のマスコミ報道、なんか怪しくない?という噂を検証してみた結果・・ - NAVER まとめ http://t.co/diSJ7xW5TX もちろん、負けた側の敗因分析も必要だろうが、こういうことも忘れてはいかんと思うな。わかる人は、おかしいと気づいていたようだ。
02-25 15:59

例えば先の都知事選で大マスコミが行った「舛添有利」という世論調査なども、明らかにバンドワゴン効果を狙ったものだろう。「世論調査」はしばしば「世論操作」とほぼ同義語。 ⇒ バンドワゴン効果(Wikipediaより) http://t.co/V6mZU41pv0
02-25 16:04

「投票行動におけるバンドワゴン効果とは、事前にマスメディアの選挙予測報道などで優勢とされた候補者に有権者が投票しがちになる現象を指す。」 バンドワゴン効果(Wikipediaより)http://t.co/V6mZU41pv0
02-25 16:08

「また、自分の投票が死票となることを防ぐための戦略投票として、当選の見込みが薄いように予測された候補を捨て、当選の可能性があるとされる候補に乗り換える行動が取られる。」バンドワゴン効果(Wikipediaより)http://t.co/V6mZU41pv0
02-25 16:11

先の都知事選では、まさに「政治学で言うバンドワゴン効果」が最大限に発揮された感じだな。おそらくそれをわかった上で濫用した大マスコミにも真底腹が立つが、今時そんなミエミエの手法に踊らされるだけ、あるいは全く無力な我々有権者も相当情けないと思う。
02-25 16:18

お騒がせNHK籾井会長がいよいよ独裁体制へ - 大西 宏のマーケティング・エッセンス http://t.co/wQcAoxIkTO やはりボスと部下・側近は似た者同士となるか? カルトとの怪しい関係といい、自分の能力や人望の無さを強権を振りかざすことによって補おうとする点といい。
02-25 16:25

やはりあれは、巧妙な罠だったのではないかと思う。細川・小泉というビッグネーム2人が脱原発を掲げて登場。だがその裏で、弱肉強食の市場原理主義そのものである「戦略特区構想」の是非は脇に追いやられた。反小泉以来続いてきた国民貧困化への戦いは、都知事選ではほとんど断ち切られていたのだ。
02-25 16:34

安倍政権がやたらと愛国心や中韓への脅威を煽り、武器輸出制限を緩和させようとしている理由がおそらくこれ。 http://t.co/qPam13Jsiu やはり彼らは保守でも、愛国者でもない。ひと皮向けば大資本の利権代弁者でしかない。
02-25 17:11

河野洋平元自民党総裁「小選挙区は失敗だった」「党執行部 権限が肥大化」政権交代実現したが:佐藤 圭氏 | 晴耕雨読 - teacup.ブログ“AutoPage” http://t.co/JSlL9SqxaX
02-25 17:15

河野洋平元自民党総裁「小選挙区は失敗だった」「党執行部 権限が肥大化」政権交代実現したが:佐藤 圭氏 | 晴耕雨読 - teacup.ブログ“AutoPage” http://t.co/JSlL9SqxaX 当初から、一部の強者のみが権力を独占する同制度の危険性は指摘されていた。
02-25 17:20

河野洋平元自民党総裁「小選挙区は失敗だった」「党執行部 権限が肥大化」政権交代実現したが:佐藤 圭氏 | 晴耕雨読 - teacup.ブログ“AutoPage” http://t.co/JSlL9SqxaX 今日の安倍内閣のような、一度権力を持った者の暴走を止められない欠陥制度。
02-25 17:22

河野洋平元自民党総裁「小選挙区は失敗だった」「党執行部 権限が肥大化」政権交代実現したが:佐藤 圭氏 | 晴耕雨読 - teacup.ブログ“AutoPage” http://t.co/JSlL9SqxaX 当初から同制度の問題・危険性は指摘されていたが、「政治改革」と称し強行。
02-25 17:26

河野洋平元自民党総裁「小選挙区は失敗だった」「党執行部 権限が肥大化」政権交代実現したが:佐藤 圭氏 | 晴耕雨読 - teacup.ブログ“AutoPage” http://t.co/JSlL9SqxaX やはりあれは、当時から国民支持を失いつつあった自民党の延命装置だったな。
02-25 17:28

せめてほんの少しまで前なら、政治や社会の自浄機能が少しでもあったなら、経済政策でも失敗し、問題発言を連発し、さらに非常事態でも私事を優先させるという大チョンボを犯した、安倍政権のようなどうしょもない政権など、とうに倒れて居るのだ。明らかに日本の政治・社会に自浄能力が低下している。
02-25 17:40

①政治や社会の自浄機能が失われ、安倍政権のようなどうしょうもない政権が居座り続ける主な元凶が4つあると思う。「小選挙区制度」「大マスコミ」「腐敗司法」、そして、我々有権者の内に染みついてしまった「負け犬根性」である。
02-25 17:47

②まず小選挙区制。「政治改革」と称して大マスコミもグルになって作られたこの制度は、当時から国民の支持を失いつつあった自民党政権の延命制度だったのだ。90年代にも全国民の6分の1の支持しかないはずの自民党が圧倒的多数を占めるというおかしな減少が起きたのもあの制度があってこそだろう。
02-25 17:50

③小選挙区制のもうひとつの本質。それは、「強者・金持ちに有利な、彼らのための制度」だということ。金や権力・大組織のバックアップを持たない側には不利なようになっている。同制度があるアングロサクソン系の諸国で、社会全体の格差が拡大しているという現実を見ても、それは明らかだと思う。
02-25 17:55

④「大マスコミ」。この弊害は、いつも私のツイートを読んでくださる方々ならば、説明せずともおわかりだろう。先の都知事選挙でも、バンドワゴン効果を悪用した世論調査(=世論操作)など、悪質な偏向報道・情報操作によって有権者の関心をそらし、既得権層側の勝利へと導いた。
02-25 18:01

⑤検察特捜部などに代表される「腐敗司法」。公正中立な「法の番人」を装った、「体制の番犬」で、彼ら自身も旧既得権益層側の、というかそのもの。彼らが「法の下の平等」原則を曲げ、権力側に不都合な人たちのみを叩き、権力側の無法を野放し。かくして日本は理不尽や無責任がはびこることとなった。
02-25 18:05

⑥さらに驚いたのが、反権力と思われた左翼・リベラルの側や、公正と思われた司法関係者の中にも、司法やマスコミの無法を見て見ぬふりをする人たちや、それどころか積極的に加担する人たちまで現れた。これは彼ら自身も体制の補完勢力、あるいは体制の一部となってしまったことを証明するものだろう。
02-25 18:10

⑦ちなみに今回の都知事選挙で私は、「国家戦略特区」反対などの立場から、宇都宮支持に回った。だがその一方で、陸山会事件などで司法の無法を見て見ぬふりした宇都宮氏や法曹人の姿勢や、それに加担すらしてしまった共産党など左翼勢力の姿勢は、今でもいかんと思う。
02-25 18:14

⑧そして、我々日本人の打ちにある「長い物には巻かれろ」的な負け犬根性。IQや知識、学歴などの問題よりも、こういう脆弱な精神が身に染みついてしまっているからこそ、自民党の嘘・公約違反や、マスコミなどの情報操作・世路入道に何度も騙され続けるのではないか、と思う。
02-25 18:21

⑨もうひとつ、日本の政治・社会の自浄能力を失わせている元凶が「創価学会=公明党」だと思う。自民党政権の成立と暴走に必要不可欠な役割を果たしておきながら、時々ちょっと反対したり、慎重姿勢のポーズをとったりして、「自民の歯止めをしている」と自分たちだけいい子ぶって、なおさらムカつく。
02-25 18:27

関連記事
スポンサーサイト











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。