嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
元祇園梛神社の節分 @ 京都妖怪探訪(333)




 どうも、こんにちは。
 シリーズ前回から半月以上経ってしまいました。最近オフが、特に仕事の方が多忙になりまして。
 それでも、ぼちぼち再開したいと思います。
 

 今回は2月に入りましたので、京都の節分の様子を、しかも霊場の節分の様子をお届けしたいと思います。
 今回は、「元祇園梛(なぎ)神社」の節分を。
 「元祇園梛神社」。
 現在では、京都・四条通り沿いの小さな神社に過ぎませんが、実は非常に由緒と歴史のある神社なのです。



 まずはアクセスから。
 京都市営バス「壬生寺道」停留所






 四条坊城の交差点の南西角に立つ神社が「祇園梛神社」です。






 ここにはかつて、祇園祭りで有名な八坂神社の主祭神・牛頭天王(=スザノオ神)が、現在の八坂神社へ行く前に祀られていた場所です。
 平安時代初期、平安京に疫病が流行っていた頃のこと。
 貞観11年(869年)、疫病退散のために播磨国広峰から牛頭天王(=スザノオ神)を東山(現在の八坂神社)に勧請されることになりましたが、その途中でここで牛頭天王を乗せた神輿が降ろされ、休まされたそうです。
 当時この辺りは梛(なぎ)の木の森だったそうです。
 
 なお、入り口の石柱には「隼(はやぶさ)神社」とも刻まれています。
 式内社として「隼神社」もあります。



 普段は静かな境内ですが、節分ではこの通り。

  




 境内の狛犬。








 なかなかいい面構えです。



 本殿へ参拝します。






 向かって左が「梛神社」です。





 主祭神は、牛頭天王。
 他に、イザナミ神、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ。稲荷神社の神様)、誉田別尊(ほむたわけのみこと。応神天皇)が祀られています。

 後に祇園社(現在の八坂神社)が創建されて牛頭天王が移って行く時には、この地域の住民たちが、花を飾った風流傘を立て、鉾を振り、音楽を奏しながら神輿を見送ったそうで、それが祇園会(現在の祇園祭)の起源にもなっているそうです。



 向かって右にあるのが「隼神社」。





 タケミカヅチ神と経津主神(ふつぬしのかみ)が祀られています。
 朝廷で定められた官幣大社だった、つまりそれだけ格式の高い神社だったようです。
 元々は別の場所にあったそうですが、現在では梛神社の「式内社」として遺されています。



 梛神社を出た後は、狭い坊城通りを南へ下って、壬生寺へと向かいます。






 それでは、今回はここまで。
 この続き、次回は壬生寺の節分の様子をお届けします。




*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm



*本記事はこちらからの転載です。



ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー



岩上安身責任編集 ? IWJ Independent Web Journal



2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。