嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

02/18のツイートまとめ
komichi2

こんばんわ。ここに上がってくるのも久しぶりです。このところオフが、特に仕事が忙しくなって、ネット活動(ブログもツイッターも)滞っておりました。久々にゆっくりできますので、少しだけでもつぶやいていきます。
02-18 22:44

安倍首相を支持しておられる国士・愛国者の皆様へ。保守でも、右翼でも、もちろん愛国者でもない安倍首相の正体が明らかになりました。 ⇒ 移民受け入れの是非、国民的議論を経て検討すべき=安倍首相 | ビジネスニュース | Reuters http://t.co/LZeKEIsOxf
02-18 22:48

今時の売国というのは、いわゆる「反日サヨク」と言われる人たちによって行われるのではなく、こういう人たちによって行われます。 ⇒ 移民受け入れの是非、国民的議論を経て検討すべき=安倍首相 | ビジネスニュース | Reuters http://t.co/LZeKEIsOxf
02-18 22:52

移民受け入れの是非、国民的議論を経て検討すべき=安倍首相 | ビジネスニュース | Reuters http://t.co/LZeKEIbLvf 「安価な労働力が大量に入ればいい」「広大で画一的な市場があればいい」というグローバル資本の論理。その代理人が安倍首相らの正体。
02-18 23:00

これは第一次安倍内閣の時に出された「アジアゲートウェイ構想。 http://t.co/CVvwfSmcEI どう見ても「保守」が考えることではない。「これを見て安倍晋三の正体がわかった」という元ネトウヨの方も居た。
02-18 23:13

①さて、以前もとりあげたことがあって「何を今更」と思われる方もおられるかもしれないが、先日大騒ぎになった湯川れい子さんの以下の発言について少し話をさせてもらいたい。 https://t.co/LAR5l9oLJh この発言には、日本の左派・リベラルが抱える問題が顕れていると思う。
02-18 23:23

②湯川発言のような「私はあなた方より苦労・努力してきた」的な発言にはまず、2つの問題がある。誰もが湯川さんのような機会を実力に恵まれて成果を出せるとは限らないという現実があること。もうひとつは、国民総貧困化の現代社会では、苦労・努力すれば必ず報われるものではないことである。
02-18 23:28

③というより、脱原発リベラルの人が、原発推進の市場原理主義者みたいなこんな発言(https://t.co/LAR5l9oLJh)してどうするの、と思うけど。この国では、いわゆる保守も、左派も、リベラルも、市場原理主義者も、若年の弱者・負け組層に対する認識は同じなんか?
02-18 23:34

④いわゆる「若者の右傾化」をお嘆きの、高齢層の方や、左派・リベラルの方々に申し上げたい。あなた方の若年層に対する無理解や上から目線こそが、例えばこんな認識(https://t.co/LAR5l9oLJh)こそが、彼らを田母神支持や、中韓ヘイトなどへと追いやっているのですよ、と。
02-18 23:37

⑤本来ならば救済の手をさしのべてくれるはずの左派・リベラルの先輩方からすら「私たちのように努力・苦労してないおまえたちが悪い」と言われた負け組の若者は、どう思うか。どんな気持ちになるのか。想像できるだろうか? 怒って、反発するだけなら、まだマシだと思う(続)。
02-18 23:45

⑥物心ついた頃から、受験競争や社会の大人たちによる「負けたら悪い」的な価値観をすり込まれ、それで負けた上に、大人たちからもそんな言葉を浴びせられた若者はどうなるか。その大人たちだけではなく、社会にも、そして自分自身にも絶望して、やり場のない憎悪やルサンチマンを抱え込むことになる。
02-18 23:52

⑦そうやってやり場のない絶望や憎悪・ルサンチマンを抱え込んだ若年負け組層の中には、自分たちの傷つきボロボロになった自尊感情を手っ取り早く埋め合わせようと、差別主義に走る者も出る。社会や大人たちへの憎悪を正当化してくれる在特会等のような存在にすがる者も。こうしてネトウヨ化していく。
02-18 23:58

関連記事
スポンサーサイト











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.