嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

02/07のツイートまとめ
komichi2

今回の都知事選挙で、「ここで原発再稼働強行など安倍政権の暴走に歯止めをかけなければ。もう後は無い」「しかし宇都宮にはそれをできるだけの力は無い」という強い危機感でもって、細川氏を支持する気持ちもわからないではない。だがそれでも、「戦略特区」に疑念を抱くくらいの冷静さはほしかった。
02-07 00:00

原発は「反対」を叫んでさえ居れば、なくせるものではない。原発だけではなく、経済・社会構造の問題も考えなければならない、複雑・複合的な問題だ。ISD条項の付いたTPPや、国家戦略特区などの、大資本最優先の新自由主義に賛成しているようでは脱原発など難しいことはわかる人にはわかるよね?
02-07 00:09

もう一度「国家戦略特区」について簡単に説明。第二次安倍内閣が、外資企業誘致のために構想した「解雇ルール」、「労働時間法制」、「有期雇用制度」の3点を見直し対象とする「国家戦略特別区域」。これだけでもう、「国民の生活や権利にどのような影響を及ぼすか」が、だいたい想像つくと思う。
02-07 00:17

「今は脱原発と安倍政権打倒を最優先するから、戦略特区など他の問題は後回しにしてでも細川・小泉を勝たせなければ」という立場も、それはそれで理解できるし、すべきだと思う。しかし、彼らや彼らの政策を少しでも批判すると「左翼」「共産党」とレッテル貼りして排撃するのはいただけない。
02-07 15:56

今のIWJに党派性があることも否めないが、戦略特区についてとりあげたことについて、批判どころか「IWJを見限った」という人たちも出始めた。我々の権利や生活にも関わる重大事をとりあげるのはジャーナリズムとして当然だと思うが、それを批判どころかIWJを全否定というのもいただけない。
02-07 16:02

100歩譲って、最近のIWJの報道が偏向しているとしても、だ。それだけで、これまでIWJが果たしてきた役割までも全否定してしまってもいいのだろうか? これでIWJが潰れるようなことにでもなれば、市民メディアとその可能性がまた潰されてしまう。本当にそれでいいのか?
02-07 16:06

がんばるな日本共産党 http://t.co/qLpGWMytYv 一応断っておくが、この過去記事のように私は、日本共産党や既存左翼をボロクソにこき下ろしてきた。だが今回の都知事選に限っていえば、共産党・宇都宮氏を責められない。私としてはブラック特区賛成の候補者を支持できない。
02-07 16:13

何というのか……。自分と全く同じ考えで無ければ、自分にとってひとつでも気にくわないこと言えば、その人が今までやってきたことまで全否定して切り捨てとは。さながら宗教戦争か、文革時代の中国みたいだな。このままではいかん……。
02-07 16:22

かつて共産党の運動員だった私は、内部の異論や批判すら許さないような独善的で息苦しい体質がイヤになって離れていった。だが離れた後も、しかも共産党など左翼を批判する人々の中からも、かつて見たのと同じような独善と非寛容を見ることになるとは、まさか思わなかったなあ。
02-07 16:26

しかし今回の都知事選挙。どういう結果になったとしても、その後の方が、もっと大変だと、むしろそれからが本当の戦いだと覚悟して置いた方がいいと思う。理由はふたつ。ひとつは、投票した側の望んでいた政策がそのまま実現されるにはいくつものハードルがあるから。例えば「脱原発」とかもそうだ。
02-07 16:32

今回の都知事選、むしろその後の方が大変だと思う理由がもうひとつある。今回の脱原発派、反自民同士の間に、深刻な亀裂をもたらしてしまったことだ。これでは今後の活動にもマイナスに作用することだろう。この時点で我々は既に、真の敵である自公政権や既得権益層に敗北している。
02-07 16:39

細川・宇都宮両氏の支持者の皆さんに言いたい。メディアの出す世論調査とやらの結果に、あまり一喜一憂しない方がいいと思う。よく言われるようにああいうのは発表する側の意図でよく歪められる。両者が僅差と情報を流すことによって、双方の足の引っ張り合いを煽る策略かもしれないと私は思っている。
02-07 17:11

橋下徹も舛添要一も、まともな、ごく普通の一般社会や組織の中だったら、ただの変人か、鼻持ちならない嫌われ者としてまともに相手にされないような人物のはずだが。そんな人物が社会の要職に就けるのも、大マスコミの力がなければありえないことだ。つまり大マスコミこそが政治を悪くする元凶だ。
02-07 17:18

今回の都知事選候補者は16人。事実上、そのうちの4氏の争いとなっているようだが、はっきり言ってそれはマスコミ露出があるかどうかの違いでは? 泡沫候補者の中にも、もっと有能で誠実な人も居るかもしれないのに、マスコミに注目されないというだけで不利に。考えてみればこれも不条理なことだ。
02-07 17:33

マスコミに無視され小泉劇場にならない都知事選~何故マスコミ支配は磐石なのか? http://t.co/nncp80gn9O
02-07 18:01

マスコミに無視され小泉劇場にならない都知事選~金貸し二大勢力の呉越同舟か? http://t.co/7VrR6v2XGM
02-07 18:05

はっきり言えば、今の大マスコミなどなくても……いや、いっそなくなってしまった方が、日本の選挙も政治も良くなるのではないか、と思う。現在ではテレビや新聞だけでなく、候補者に対する情報をえる手段は、探せば他にいくつもある。またマスコミのバイアスや情報操作等ない分、正しい判断ができる。
02-07 18:09

報道機関、ジャーナリズムといえど人間のやることなのだから、何らかの党派性はあっても仕方ないと思う。「不偏不党」「公正中立」など幻想だと私は思う。ただそれでも、NHK籾井会長みたいに「政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない」はアカンだろう。中国か北朝鮮の中央放送か。
02-07 18:18

この人がここ最近やってきたことも、立派なネガキャンやと思うのやけど(苦笑)。⇒ https://t.co/siloGzBqSN
02-07 18:22

関連記事
スポンサーサイト











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.